Biography

名前:エイベル・マッコネン・テスファイ (Abel Makkonen Tesfaye)
生年月日:1990年2月16日
出身地:カナダ、トロント

2010年にデモ音源をYouTubeにアップしキャリアをスタート。2011年に無料配信ミックステープ『ハウス・オブ・バルーンズ』を発表すると、音楽メディア「Pitchfolk」で年間ベストアルバムに選出され、注目すべき若手アーティストの1人となった。2012年にメジャーデビュー。1stアルバム『トリロジー』は、全⽶チャート(The Billboard 200)初登場4位を記録、2ndアルバム『キス・ランド』(2013) では初登場2 位を記録した。2014 年にはアリアナ・グランデのシングル「ラヴ・ミー・ハーダー」に参加し一躍有名となった。シングル「Can’t Feel My Face」(2015) は⾃⾝初の全⽶No.1シングル(3週連続) に輝き、続く「ザ・ヒルズ」も6週連続1位をキープし完全にブレイクを果たした。2016 年に3rdアルバム『スターボーイ』を発表。2018 年にはEP『マイ・ディアー・メランコリー、』をサプライズ・リリースし、全⽶1 位を獲得。同年12 ⽉には待望の初来⽇公演を果たし、米津玄師と共演した。2020年3月に4thアルバム『アフター・アワーズ』を発売し、4週連続全米1位を記録する大ヒットとなった。また2021年2月7日にアメリカ・フロリダ州のタンパで開催された、第55回NFLスーパボウル、ハーフタイムショーでの圧巻のパフォーマンスは話題となった。
2021年3月13日付の米ビルボード“Hot 100”では、大ヒットシングル「ブラインディング・ライツ」が通算52週TOP10にランクインし、1958年8月4日に始まった同チャートの歴史の中で、1年間トップ10にランクインした初めての曲となり、ビルボードチャート史上初の快挙を成し遂げた。更にアルバム『アフター・アワーズ』から、3曲のシングルが3年連続米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で1位を獲得し、この快挙を成し遂げた史上2人目のアーティストとなる。
2021年のブリット・アワードにてインターナショナル男性ソロアーティス部門を受賞、ビルボード・ミュージック・アワードでは最多16部門にノミネートし、10部門を受賞した。

【米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”】
「ハートレス」 : HOT100 1位 / 2019年12月14日
「ブラインディング・ライツ」 : HOT100 1位 / 2020年4月4日
「セイヴ・ユア・ティアーズ」 feat. アリアナ・グランデ : HOT100 1位 / 2021年5月8日

【2021 ビルボード・ミュージック・アワード】
受賞部門リスト
<トップ・アーティスト賞>
<トップ男性アーティスト賞>
<トップ Hot 100 アーティスト賞>
<トップ・ラジオ・ソング・アーティスト賞>
<トップ・R&Bアーティスト賞>
<トップ・R&B男性アーティスト賞>
<トップ・R&Bアルバム賞>
『アフター・アワーズ』
<トップ Hot 100 ソング賞>
「ブラインディング・ライツ」
<トップ・ラジオ・ソング賞>
「ブラインディング・ライツ」
<トップ・R&Bソング賞>
「ブラインディング・ライツ」