BIOGRAPHY

名前:セレーナ・ゴメス
生年月日:1992年7月22日
出身地:アメリカ、テキサス州
HP:https://www.selenagomez.com/news

7歳の時に子役として活動を開始し、米ディズニー・チャンネルのドラマ『ウェイバリー通りのウィザードたち(2007)』出演を機に大ブレイク。その後、女優活動にとどまらず、2008年にハリウッド・レコーズと契約し歌手活動をスタート。
2013年7月、初のソロ・アルバム『スターズ・ダンス』で全米アルバム・チャート1位を獲得。アルバムからのシングル「カム&ゲット・イット」も全米6位を獲得するなど、アーティストとしてもその名を轟かせた。
2015年には、レディー・ガガやエミネムらが所属する米インタースコープ・レコードに電撃移籍。セカンド・アルバム『リバイバル』を発表し、またもや全米アルバム・チャート1位に輝いた。2016年以降は、チャーリー・プースやカイゴ、DJスネークなど、名だたる有名アーティストとコラボ曲を発表。さらに2017年の「フェティッシュ」や「バッド・ライアー」はセクシーで中毒的な楽曲で、これまでとは違った側面を見せた。同年、ネットフリックスの人気ドラマ『13の理由』の製作総指揮を務め、マルチな活躍ぶりにますます注目を集めた。
しかし、その後、体調不良によりしばらく療養生活に入った。活動から遠ざかっていたセレーナだが、2019年10月にシングル「ルーズ・ユー・トゥー・ラブ・ミー」をリリース。自身初となる全米シングル・チャート1位を獲得し、世界的な大ヒットとなった。来年には待望のニュー・アルバムの発表も予想され、世間の期待が高まっている。
その他にも「COACH」や「PUMA」、有名ブランドの広告塔を務め、ユニセフ親善大使としての活動やボランティア活動にも注力している。