ウォルト・ディズニー・レコーズの日本国内における独占ライセンス契約を締結

2018.06.25

ユニバーサルミュージック合同会社(本社:東京都港区、 社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉尚 / 以下、 ユニバーサル ミュージック)は、ディズニー・ミュージック・グループと、2018年10月1日以降に発売されるWalt Disney Records(ウォルト・ディスニー・レコーズ、以下ディズニー・レコーズ)の音楽ソフト作品等について、日本における独占ライセンス契約を締結したことをお知らせいたします。

 

ディズニー・レコーズは、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下の各スタジオによる映画作品のサウンドトラックやテーマパークのショーやアトラクションの音楽、また日本独自企画のコンピレーション作品などを製作しています。8月1日(金)公開の映画『インクレディブル・ファミリー』や、9月14日(金)公開の映画『プーと大人になった僕』のオリジナル・サウンドトラックなどを順次発売してまいります。

 

 

社長兼最高経営責任者(CEO)藤倉尚 コメント

このたびディズニーの世界を彩る音楽作品を、海外同様に日本でもユニバーサル ミュージックからお届けできることになり、大変嬉しく思います。弊社所属アーティストの協力も得ながら、世界中で愛されるディズニーの作品の魅力を、一人でも多くの皆様に届けていきたいと思います。

 

ディズニー・ミュージック・グループについて

ディズニー・ミュージック・グループ(DMG)は、ハリウッド・レコード、ウォルト・ディズニー・レコード、ディズニー・ミュージック・パブリッシング、ブエナ・ビスタ・レコード、そしてディズニー・コンサートを主管するザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーの一部門です。契約アーティストにはグラミー賞ノミネート経験もあるデミ・ロヴァート、ジョーダン・フィッシャー、ソフィア・カーソン、ジージー・ワード、In Real Life、オーシャン・パーク・スタンドオフ、ブレイキング・ベンジャミン、ビー・ミラー、サブリナ・カーペンター、ジョイウェーヴ、オリヴィア・ホルト、morgxn 、Tini Stoessel 、ショーン・フック、ホルヘ・ブランコ、ニュー・ホープ・クラブ、BOBI、D Capella、the Driver Era、リアリティ番組『アメリカン・アイドル』の優勝者たちなどがおり、幅広いジャンルをカバーしています。 DMGはまた、ファミリー向けの音楽、映画やテレビ番組のサウンドトラックもリリースしており、その中には、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、『美女と野獣』、『ディセンダント2』、『モアナと伝説の海』、アカデミー賞®(長編アニメーション賞、主題歌賞)を受賞した『リメンバー・ミー』、同賞およびグラミー賞も受賞した『アナと雪の女王』のサウンドトラックなどがあります。最近のサウンドトラックでは大ヒットを記録したマーベル映画『ブラック・パンサー』や『A Wrinkle In Time(邦題未定)』の映画音楽などもあります。2018年これからのリリースとして期待のブロードウェイ・ミュージカル作品『アナと雪の女王』のキャスト・アルバム、また『Mary Poppins Returns(邦題未定)』や『The Nutcracker and the Four Realms(邦題未定)』のサウンドトラックも予定されています。最近では、アカデミー賞を受賞したジョン・ウィリアムズによる「スター・ウォーズ」シリーズのカタログ作品も、そのラインアップに加えました。