新レーベル 『PACHINKO RECORDS』 を設立

2011.03.10

ユニバーサル ミュージック合同会社 新レーベル設立のお知らせ
2011年 3月 10日付で新レーベル 『PACHINKO RECORDS』 を設立
~ 海外サブカルチャー・シーンを賑わす個性的な音楽をいち早く日本に紹介 ~

平成23年3月10日
ユニバーサル ミュージック合同会社

 

ユニバーサル ミュージック合同会社 (本社: 東京都港区、CEO兼社長 小池一彦 / 以下、ユニバーサル ミュージック) では、2011年 3月 10日付にて同社洋楽レーベル 「ユニバーサル・インターナショナル」 (マネージング・ディレクター 加藤公隆) 内に新レーベル 『PACHINKO RECORDS』 (読み方: パチンコ・レコーズ) を設立することを発表致します。  また、同レーベルの運営を手掛けるレーベル・マネージャーとして、日/英音楽業界で豊富な経験を誇る アダム・グレーアム (Adam Graham) が 3月 1日付で入社致しましたので、併せてお知らせ致します。

『PACHINKO RECORDS』 は、海外サブカルチャー・シーンにおいて高感度な音楽ファンの注目を集める先進的かつクールな音楽を、いち早く日本のユーザーに紹介する目的で設立するものです。  英・独立系音楽レーベル Cooperative Music ※注  との業務提携の下、音楽ジャンルや言語、国籍を問わず、新たなトレンドセッターとなり得る個性的なアーティストや作品を販売する一方、『PACHINKO RECORDS』 の運営方針と合致する世界各地のアーティストも独自に発掘・契約。  ソーシャルメディアなどを有効に活用し、音楽に対するこだわりの強いユーザーに向け情報提供していくと共に、反響次第ではユニバーサル ミュージック内の他の邦/洋楽レーベルへの転籍も行い、より大規模に売り出していく予定です。

『PACHINKO RECORDS』 を擁するユニバーサル インターナショナルの加藤公隆マネージング・ディレクターは、「メジャー・レコード会社として広く支持されるスーパースターやヒット作を生み出すことを追求すると同時に、『PACHINKO RECORDS』 という新しいプラットフォームを通じ、熱心な音楽ファンの “先進的” で “かっこいい” 音楽を求める強い要求に応え、彼らと共に次代音楽トレンドを創り出していきたいです」 と意欲を語っています。

「PACHINKO RECORDS」 フェイスブック     www.facebook.com/pachinkorecords
  「PACHINKO RECORDS」 ツイッター        www.twitter.com/pachinkorecords

注: Cooperative Musicは、世界12ヶ国でビジネスを展開しており、V2/CO-OP、Wichita Recordings、Bella Union、Moshi Moshi、 Transgressive、Heavenly、Mexican Summer/Kemado 等の音楽制作レーベルからの作品をライセンス販売しています。