チャック・ベリー

RELEASE

チャック・ベリー追悼 紙ジャケット/SHM-CDコレクション

2017.07.26 release 5タイトル
2017.06.07 release 16タイトル

 

MORE

SHORT BIO

1979年の『Rock It』以来となるニュー・アルバム『チャック・ベリー/チャック 〜ロックンロールよ、永遠に。』には、10曲の新曲を収録。うち8曲がベリーの作詞・作曲によるものだ。ベリー自身がプロデュースを手掛けた本作は、セントルイス周辺の様々なスタジオでレコーディングが行われ、彼のバッキング・グループを長年務めてきたメンバーが参加。そこに含まれているのは、彼の2人の子供達、チャールズ・ベリーJr.(ギター)とイングリッド・ベリー(ハーモニカ、ヴォーカル)に加え、ジミー・マーサラ(40年間、ベリーのベースを担当)、ロバート・ロー(ピアノ)、そしてキース・ロビンソン(ドラムス)で、有名なブルーベリー・ヒル・クラブのレギュラー出演者としてベリーが行ってきた200公演以上のライヴで、20年近くに渡り彼を支えてきた面々だ。また本作には、ゲイリー・クラークJr.や、トム・モレロ、ナサニエル・ラトリフ、そしてチャックの孫チャールズ・ベリー3世もゲスト参加している。ライナーノーツを執筆したのは、高く評価されている作家で歴史家のダグラス・ブリンクリーだ。
チャックは3月18日、90歳で惜しくも他界しました。