BIOGRAPHY

1992年6月29日生まれ、山形県出身。
ひいおばあちゃんや、母が民謡が好きだった影響で小学2年生から本格的に民謡を習い始め、小学4年生から三味線も習い始める。
小中学校時代に民謡日本一に2度輝き、18歳で上京。

2012年、中孝介やCrystal Kay、JUJU、東方神起など著名アーティストを手掛ける音楽プロデューサーsolayaと出会い、動画サイト上で名曲を民謡調や山形弁にアレンジして歌唱。「残酷な天使のテーゼ」「創聖のアクエリオン」などの楽曲に三味線を取り入れ、民謡調、また山形弁にアレンジして歌唱、投稿して間もなく再生回数はじわじわ上がり、話題に。

2013年1月1日、テレビ朝日「あの名曲を方言で熱唱!新春 全日本なまりうたトーナメント」出演。
その後も日本テレビ「ZIP!」TBS「はなまるマーケット」「情報7daysニュースキャスター」テレビ朝日「モーニングバード!」YBC山形放送「ピヨ卵ワイド430」など、デビュー前からTV・CM・ラジオ・新聞など様々なメディアで紹介・特集が組まれ、民謡日本一の歌唱力、山形弁+よく笑う明るいキャラクターで大反響を呼んだ。

2013年4月5日、誰もがもつふるさとへの愛情、想いをしたためた泣き歌、自身の作詞・作曲による「東京」でデビュー。
週間 USEN HIT インディーズランキングでは初登場2位、翌週には1位を記録!
またamazon mp3 歌謡曲ベストセラーランキング 1位、オリコンランキングなど続々とチャートインした。

CM出演10本以上、You Tube再生回数合計2,000万回突破。
2015年には日本レコード大賞企画賞、CDショップ大賞東北ブロック賞を受賞するなど快挙を成し遂げている。
2017年6~7月 NHKみんなのうた「そのままの笑顔でいて」放送。
2018年は全国8箇所をまわる全国ツアーを成功させる。
2019年は前年を遥かに上回る、全国11箇所、北海道から鹿児島まで、大規模なツアーを敢行。
香西かおり、中孝介などのアーティストとのコラボレーションも実現させている。

いわゆる「イマドキの女の子」ながら、幼い頃から培ってきた民謡、山形弁を通して日本の歌・文化を伝えていける希有な存在。

【受賞歴】
民謡民舞少年少女全国大会4・5・6年の部 準優勝
民謡民舞少年少女全国大会4・5・6年の部 優勝
民謡民舞少年少女全国大会 中学生の部 優勝
2015年日本レコード大賞企画賞
2015年CDショップ大賞東北ブロック賞