BIOGRAPHY

山弦 YAMAGEN


プロデューサー、アレンジャー、としても活躍する小倉博和と佐橋佳幸によるギターデュオ。その一風変わったグループ名は、ふたりが 「 “山” のような “弦” 楽器を演奏する」 ことに由来する。アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター、ガット弦ギターといった各種のギターはもちろんのこと、バンジョーやマンドリンの他、アイリッシュ・ブズーキやオートハープなど、様々な弦楽器を演奏する。

1991年 桑田佳祐氏のAcoustic Revolution Live at NISSIN POWER STATIONに二人が参加したことがきっかけで山弦を結成。
1998年 山弦として初めてのアルバム「JOY RIDE」を発表。
2001年 大貫妙子との「大貫妙子・山弦 大貫山弦妙子 tabo 2001 tour」を行う。
2006年 10月31日、東京・渋谷C.C.Lemonホール(渋谷公会堂)で15周年記念ライヴを行う。
2011年 4年半ぶりに「山弦 ~TOUR 2011~」としてライヴ・ツアーを行う。
2020年 大阪のFM局 FM COCOLO が5月1日~3日に放送した特別番組 FM COCOLO AIR MUSIC FESTIVAL “From Our Living Room” で、3日の19時台に山弦として出演。

 
小倉博和
生年月日:1960年1月28日 出身地:香川県
1987年、 バンド“アイリーン・フォーリーン”に参加。
以後、スタジオ・ミュージシャン、作・編曲家・プロデューサーとして活躍中。
1991年、桑田佳祐氏、小林武史氏らと“スーパーチンパンジー”に参加。
このバンドのもう一人のギタリストであった佐橋佳幸と、ギターデュオ“山弦”を結成。
1994年 桑田佳祐氏ソロアルバム「孤独の太陽」を全編によりサポート。
シングル「月」は日本レコード大賞・優秀賞を受賞「孤独の太陽」はアルバム大賞を受賞し
高く評価される。
2005年より小林武史氏、櫻井和寿氏を中心として結成されたBank Bandに参加。
2006年NHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌「Progress」制作をきっかけに
武部聡志氏、スガ シカオ氏、屋敷豪太氏、根岸孝旨氏とkōkuaを結成。
2014年 ソロアルバム「GOLDEN TIME」
2016年「Summer Guitars」
2019年「Sketch Song」「Sketch Song2」をリリース。
2014年よりFM COCOLOの番組「FRIDAY,Sound of Strings」でラジオDJも務める。
 
佐橋佳幸
生年月日:1961年9月7日 出身地:東京都
中学生の頃よりバンド活動を開始。都立松原高校在学中、清水信之、EPOらとバンドを結成。
1983年、バンド“UGUISS”でアルバムデビュー。
UGUISS解散後、セッションギタリストとして数々のレコーディング、コンサートに参加。渡辺美里のプロジェクトをきっかけに、作編曲・プロデュースワークと幅を拡げ、ギタリストとして参加した小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」、編曲を手掛けた藤井フミヤの「TRUE LOVE」、福山雅治の「Hello」等が立て続けにミリオンセラーを記録し、クリエイティビティが高く評価される。
1991年、桑田佳祐氏、小林武史氏らと“スーパーチンパンジー”に参加。
このバンドのもう一人のギタリストであった小倉博和と、ギターデュオ“山弦”を結成。
1994年 初ソロ・アルバム「Trust Me」をリリース。
1994年 「Trust Me」のエグゼクティブプロデューサーでもある山下達郎氏のバンドに参加。
2003年 エピックソニーレコードの周年イベント「LIVE EPIC 25」の音楽監督。
2014年 「佐橋佳幸(祝)芸能生活30周年記念公演 東京城南音楽祭」を開催。
2015年 「佐橋佳幸の仕事(1983-2015)〜Time Passes On~」をリリース。
2017年 盟友Dr.kyOn氏とのユニット”ダージリン”を母体とした「GEAEGレコード」を発足。
近年ではInterFMの番組「さはしひろし(仮)」に出演中。