ロジャー・ダルトリー、ピート・タウンゼントも参加した26年ぶりのソロ・ニュー・アルバムが6月発売!

2018.03.16 TOPICS

ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズと共にイギリスの3大ロック・バンドであるザ・フーのフロントマンにして“ロック・ヴォーカリストの中のロック・ヴォーカリスト”であるロジャー・ダルトリーが、26年ぶりとなるソロ新作を6月1日にリリースする。

ロジャーのオリジナル曲とカヴァー曲(スティーヴィー・ワンダー「悪夢」、スティヴン・スティルス「ハウ・ファー」、ニック・ケイヴ&・バッド・シーズ「我が腕の中へ」他)とで構成される本作は、デイヴ・エリンガがプロデュース(2014年にリリースされ全英アルバム・チャートTOP 5入りした、ロジャーとウィルコ・ジョンソンによるアルバム『ゴーイング・バック・ホーム』も彼が手がけた)、そしてザ・フーのギタリストであるピート・タウンゼント(G)が7曲に参加している。そしてミック・タルボット(スタイル・カウンシル)がキーボードで参加している。

アルバム・タイトルにもなっている「アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー」は、ガーネット・ミムズが1964年にレコーディングした楽曲名。1964年は、ロジャー・ダルトリー、タピート・ウンゼント、ジョン・エントウィッスル、キース・ムーンが、自分たちの名称をザ・ハイ・ナンバーズから、ザ・フーに変えた年だった。

ロジャーはこのアルバムについて、“これは他ならぬ原点への回帰だ。ピートが僕たちの曲を書き始める前の時代、10代の僕たちがバンドを組んで、教会のホールでわずかな観客を前にソウル・ミュージックをやっていた時代への”と語る。ロジャーの原点と、その後の人生経験や感情が込められた、ソウルフルで、誰にも真似できないパワフルな声を、本作で聴くことができる。

ロジャー・ダルトリーは、若年の癌患者を支援するティーンエイジ・キャンサー・トラストに関する活動によってコマンダーの大英帝国勲章(CBE)を授与されているが、今年も3月22日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでティーンエイジ・キャンサー・トラストの公演を行う。

<商品情報>

『アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー』 2018年6月1日発売
SHM-CD: UICP-1181 / ¥2,600+税 / 日本盤ボーナス・トラック1曲収録

▼CD予約はこちら
https://store.universal-music.co.jp/product/uicp1181/


※iTunesで予約するとその場で最新シングル「As Long As I Have You」がダウンロードできます。

収録曲:
1. As Long As I Have You
2. How Far
3. Where Is A Man To Go?
4. Get On Out Of The Rain
5. I’ve Got Your Love
6. Into My Arms
7. You Haven’t Done Nothing
8. Out Of Sight, Out Of Mind
9. Certified Rose
10. The Love You Save
11. Always Heading Home

>>ロジャー・ダルトリー アーティストサイト

 

<プレスリリース訳>
ロジャー・ダルトリー『アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー』(AS LONG AS I HAVE YOU)

ニュー・スタジオ・アルバム 6月1日発売
LP/CD/ダウンロード/ストリーム

ピート・タウンゼントをフィーチャーした新作
プロデュース: デイヴ・エリンガ

シングル「アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー」 配信中

“これは他ならぬ原点への回帰だ。
ピートが僕たちの曲を書き始める前の時代、10代の僕たちがバンドを組んで、
教会のホールでわずかな観客を前にソウル・ミュージックをやっていた時代への”
―― ロジャー・ダルトリー 2018年

“これはロジャーのヴォーカリストとしての力が頂点に達していることを示すものだ”
―― ピート・タウンゼント 2018年

3月15日 ロンドン

伝説のバンド、ザ・フーのフロントマンにして“ロック・ヴォーカリストの中のロック・ヴォーカリスト”であるロジャー・ダルトリーが、新しいスタジオ・アルバム『アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー』を携え6月1日に戻ってくる。ポリドール・レコードは、この発表ができることを喜ばしく思っている。

ダルトリーはこれまで1億を超えるレコードを売り上げ、アルバムはアメリカで9枚、イギリスで10枚がTOP 10入りし、シングルはイギリスで14曲がTOP 10入りしている。50年を超えるキャリアの中で、2,000を優に超えるステージをこなしてきた。これまで立った舞台を挙げれば、ウッドストック、モンタレー・ポップ、グラストンベリー(2回)、ハイド・パーク(4回)、ワイト島(3回)、デザート・トリップ、シェイ・スタジアム、スーパーボウルのハーフタイムショー、ライヴ・エイドなどがあるが、これでもほんの一部にすぎない。

ロジャーは世界中で何千万ポンドにものぼるチャリティの資金を集め、若年の癌患者を支援するティーンエイジ・キャンサー・トラストに関する活動によって、コマンダーの大英帝国勲章(CBE)を授与された。さらにロックの殿堂およびUK音楽の殿堂に名を連ね、ブリット・アワードとグラミー賞の両方において功労賞を受賞した。

『アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー』のプロデュースは、デイヴ・エリンガが担当した。彼は、マニック・ストリート・プリーチャーズとの活動や、2014年のロジャーとウィルコ・ジョンソンによるアルバム『ゴーイング・バック・ホーム』での仕事ぶりが名高い。『アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー』収録曲のうち7曲にはピート・タウンゼントの比類なきギターが加わり、さらにキーボードのミック・タルボット(デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ、スタイル・カウンシル)とリード・ギターのショーン・ジェノッキー(スウェード、シェイム、ザ・プロクレイマーズの作品に参加)がゲスト参加している。

『アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー』の制作は、TOP 5 入りとゴールド・ディスク(10万枚)を達成した『ゴーイング・バック・ホーム』のリリース後、間を空けずに開始され、ザ・フーによる空前の50周年記念ツアー『The Who Hits 50』の合間にも続けられた。

アルバムの収録曲はさまざまで、自ら書き上げた「Certified Rose」のような曲や、ソウルフルなバラード「Always Heading Home」に加え、長年ダルトリーに影響を与えてきた数々の楽曲、例えばニック・ケイヴの「Into My Arms」、スティーヴィー・ワンダーの「You Haven’t Done Nothing」、スティヴン・スティルスの「How Far」が収められている。そして、アルバム・タイトルとなっている楽曲は、もともとガーネット・ミムズが1964年にレコーディングしたものだ。1964年は、ダルトリー、タウンゼント、エントウィッスル、ムーンが自分たちの名称をザ・ハイ・ナンバーズから、ザ・フーに変えた年だった。

ロジャー・ダルトリーは『アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー』について語る。“これは他ならぬ原点への回帰だ。ピート(・タウンゼント)が僕たちの曲を書き始める前の時代、10代の僕たちがバンドを組んで、教会のホールでわずかな観客を前にソウル・ミュージックをやっていた時代への。ソウル・バンド、それがかつての僕たちだった。そして今、僕は、それを歌うために必要なあらゆる経験を積んだ上で、ソウルを歌うことができる。人生によって、魂(ソウル)が加わる。いつだって心を込めて歌ってきたが、19歳といえばまだ人生経験がなく、感情を揺さぶる試練やトラウマは味わっていない。そういうのは、今の僕の年齢になるまでに経験することだ。人生で受けた傷を心に抱えているからこそ、歌うとき、声にその感情が伝わる。失われた愛の痛みを感じられる。感じること、そして歌うこと、それがソウルだ。長い間、僕はこういう曲の持つ素朴さに回帰したいと思っていた。自分の声を皆に届けたかった。皆が一度も聴いたことのない声を。それには今がちょうどいいタイミングだという気がしたんだ。これが現在の自分の立ち位置だ。当時を振り返って、これまでの年月を見渡しながらも、今ここでソウルフルな瞬間を生きている」

ロジャーは、ティーンエイジ・キャンサー・トラスト支援のため、3月22日にロイヤル・アルバート・ホールでヘッドライン公演を行う。