BIOGRAPHY

岡本知高 / TOMOTAKA OKAMOTO


生年月日:1976年12月3日/出身地:高知県宿毛市

ソプラニスタ(男性ソプラノ歌手)。
岡本の場合は変声後も強靭なソプラノ音域が自然に維持され続けている世界的にも大変希有な「天性の男性ソプラノ歌手」である。本人は“コントラバスにヴァイオリンの弦が張られている”などと自身の体型になぞらえて愉快な表現で説明している。

国立音楽大学を卒業後、フランスのプーランク音楽院を首席で修了。その実力は各方面から高い信頼を得ており、様々なアーティストや国内オーケストラとの共演のみに留まらず、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団等、海外オーケストラからの呼び声も高い。そのレパートリーは幅広く、宗教曲、オペラ、クラシカル・クロスオーバー、ミュージカル、映画音楽、日本の唱歌、ポップスと多岐にわたり、フジテレビ フィギュアスケート中継のオープニングソング「ボレロ」ではまさにその真骨頂を聴くことが出来る。

また、ライフワークとして取り組んでいる全国各地の学校訪問コンサートは年間数十公演に及び、子供達とのふれあい活動を通して音楽の楽しさや喜びを伝えている。温かく心の奥底に響いてくるその唯一無二の奇跡の歌声は、自身のソロコンサートやオペラ、ミュージカル出演等で会場を沸かせ、多くの人々に感動を与えている。株式会社ホリプロ所属。