BIOGRAPHY

ルーク・スピラー(Luke Spiller、ヴォーカル)
アダム・スラック(Adam Slack、ギター)
ジェド・エリオット(Jed Elliott、ベース)
ゲシン・デイヴィス(Gethin Davies、ドラム)

2012年イギリスのダービーで結成。グラマラスでクラシック・ロックなスタイルとキャッチーなロックンロール・チューンが現代のシーンに衝撃を与え、世界中のロック・ファンを魅了している。デビュー・アルバムは『エヴリバディ・ウォンツ』(米2016、日2017)。ザ・ローリング・ストーンズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、モトリー・クルー、ザ・フー、フー・ファイターズなどがサポート・アクトに抜擢。すべてのオーディエンスを巻き込む、ロックンロールの情熱にあふれる華やかで楽しいライヴは、世界中で大絶賛されている。各国メディアがクイーンのフレディ・マーキュリーの再来と書く、ルーク・スピラーの力強く伸びやかな声と立ち姿にも注目が集まる。シンガロング必至のキャッチーな曲は、セカンド・アルバム『ヤング&デンジャラス』(2018)(英Classic Rock Magazine誌「2018年ベスト・アルバム50」2位)でさらに磨きがかかり、まさにロックの醍醐味を味わえる作品となっている。これまでにサマーソニック2016、2017に出演。2017年2月の来日公演は東京・大阪公演共に完売。2019年には再度サマーソニックへの出演を果たし、2020年4月待望の再来日公演。