BIOGRAPHY

シャバカ・アンド・ジ・アンセスターズ / SHABAKA AND THE ANCESTORS

シャバカ・ハッチングスは1984年、ロンドン生まれ。6歳の時にカリブ海に浮かぶ西インド諸島の国、バルバドスに移り住むが、その後、イギリスに戻り、以来、ロンドンのジャズ・シーンの中心を担っているサックス奏者。1960年代のジョー・ハリオットやエバン・パーカー以来の創造性を持つと言われ、その独特でパワフルなプレイからしばしば「カリスマ」もしくは「サックスのキング」と評される。

現在、コメット・イズ・カミング、サンズ・オブ・ケメット、そして、シャバカ・アンド・ジ・アンセスターズの3つを主要プロジェクトとしており、プロジェクトを跨いでJazzFMやMOBOのジャズ・アクト・オブ・ジ・イヤーなど数々の賞を受賞している。

シャバカ・アンド・ジ・アンセスターズはシャバカが自分の名前を冠したユニットとして2016年に、彼が敬愛していたアフリカにルーツを持つアーティストたちと結成。セッション・ドキュメントとしてリリースしたファースト・アルバムで『Wisdom of Elders』でインディーズ・デビューし、2020年の『ウィー・アー・セント・ヒア・バイ・ヒストリー』でインパルスよりメジャー・デビューを果たす。力強いスピリチュアル・ジャズを奏で、現在のジャズ・シーンに衝撃を与え続けている。