BIOGRAPHY

1940年生まれ、22歳の時にギターを始めた遅咲きのギタリスト=ラルフ・タウナー。ウィーンに留学しクラシカル・ギターを学び、60年代後半にニューヨークへ活動の拠点を移すと、ジャズ・ピアノの演奏アプローチをギターで表現する独自のスタイルを開拓しました。

ECMのプロデューサー=マンフレート・アイヒャーに見初められ72年からECMのレコーディングに参加を始め、自身がリーダーを務めるバンド“オレゴン”での作品や、ゲイリー・バートンとの『マッチ・ブック』、同じくECMの古参ギタリストジョン・アバークロンビーとの『サーガッソーの海』など、様々なフォーマットで名作を残してきましたが、『ANA』をはじめとするソロ作品がとくに人気が高く、10年ぶりのソロ作品『マイ・フーリッシュ・ハート 』でも真骨頂ともいうべき12弦ギターによる演奏を聞かせてくれます。