ドイツ・グラモフォン創立120周年 Special Gala Concert Presented by 小澤征爾 & サイトウ・キネン・オーケストラ開催

2018.10.25

 

ユニバーサル ミュージック合同会社 (本社:東京都港区、 社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉尚 / 以下、 ユニバーサル ミュージック) は、 ドイツ・グラモフォンのレーベル創立120周年を記念した特別コンサート「ドイツ・グラモフォン創立120周年 Special Gala Concert Presented by 小澤征爾 & サイトウ・キネン・オーケストラ」を12月5日(水)に開催いたします。

 

 

ドイツ・グラモフォンは円盤式蓄音機(現在のレコードの原型)を発明し、特許を取得したドイツ出身のアメリカ人エミール・ベルリナーが1898年に創立した世界最古のクラシック・レーベルです。
創立120周年を迎える今年、世界各国で記念コンサートを開催している同レーベルが、日本でもガラ・コンサートをサントリーホールで開催いたします。

コンサートには、1970年代から数多くの名盤をドイツ・グラモフォンに残してきた指揮者・小澤征爾、14歳でデビューを果たして以来、同レーベルのみならずクラシック界を代表するヴァイオリニストとして活躍するアンネ=ゾフィー・ムター、オーケストラは日本の代表的な音楽学校である桐朋学園の創設者のひとりであり、偉大な教育者であった故齋藤秀雄教授の没後10年にあたる1984年に、彼の弟子である小澤征爾の発案により結成されたサイトウ・キネン・オーケストラ、そしてそのサイトウ・キネン・オーケストラを過去3度に渡りゲストコンダクターとして指揮し、国内外で高い人気を誇るベネズエラ出身の指揮者ディエゴ・マテウスが出演予定です。

ガラ・コンサートにふさわしく、舞台の花の装飾は、国内外で活躍するフラワー・アーティストであり、東京・南青山にオートクチュールの花屋『JARDINS des FLUERS』(ジャルダン・デ・フルール)を運営する東信が手がけます。

 
ドイツ・グラモフォン創立120周年Special Gala Concert  presented by 小澤征爾 & サイトウ・キネン・オーケストラ
(英:Deutsche Grammophon 120 Special Gala Concert presented by Seiji Ozawa and Saito Kinen Orchestra)

日時:2018年12月5日(水)19:00開演
会場:サントリーホール 大ホール(〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1)
主催:ドイツ・グラモフォン
共催:ユニバーサル ミュージック合同会社 / 公益財団法人 サイトウ・キネン財団
企画制作/アーティスト・マネージメント:株式会社ヴェローザ・ジャパン
協賛:GVIDO MUSIC株式会社(寺田倉庫グループ)
協力:朝日新聞社

チケット価格
VIP席:50,000円⇒前日ゲネプロ参加 / サイン入り記念品付与
S席:30,000円 / A席:25,000円 / B席:20,000円 / P席:15,000円
学割(A席50席限定):10,000円

出演
・小澤征爾(指揮)
・アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
・サイトウ・キネン・オーケストラ
・ディエゴ・マテウス(指揮)

曲目
①チャイコフスキー:歌劇《エフゲニー・オネーギン》 作品24 ポロネーズ
②チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 作品64
【指揮:ディエゴ・マテウス / サイトウ・キネン・オーケストラ】
③ J.S バッハ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ホ長調 BWV1042
④ ベートーヴェン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス 第1番 ト長調 作品40
【指揮:ディエゴ・マテウス / サイトウ・キネン・オーケストラ    ヴァイオリン独奏:アンネ=ゾフィー・ムター】
⑤サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 作品28
【指揮:小澤征爾 / サイトウ・キネン・オーケストラ      ヴァイオリン独奏:アンネ=ゾフィー・ムター】
舞台装飾 : 東信 (JARDINS des FLUERS)

ユニバーサルミュージック ドイツ・グラモフォン120周年サイト
https://www.universal-music.co.jp/classics/dg120/

ドイツ・グラモフォン公式サイト(英語) 
https://www.deutschegrammophon.com/