CD

マッダレーナ・アンド・ザ・プリンス [直輸入盤]

マッダレーナ・デル・ゴッボ Maddalena Del Gobbo

フォーマットCD
組み枚数1
レーベルDeutsche Grammophon
発売元ユニバーサル ミュージック合同会社
発売国チェコ共和国
録音年2018年9月17-20日
録音場所アイゼンシュタット、エステルハージ宮殿ハイドンザール
パーソネルロベルト・バウアーシュタッター(ヴィオラ [1-6, 12-24])、David Pennetzdorfer(チェロ[1-6, 12-24])、Ewald Donhoffer(チェンバロ[7-11])
演奏者マッダレーナ・デル・ゴッボ(バリトン[1-6, 12-24]、ヴィオラ・ダ・ガンバ[7-11])

商品紹介

エステルハージ侯の愛した楽器の曲をゆかりの地で録音したユニークなアルバム!

バロック音楽界期待の星、マッダレーナ・デル・ゴッボによるドイツ・グラモフォンからの3枚目のアルバムが、再び私たちを魅了します。
過去にあまり録音される機会のなかったバリトン(Baryton)という楽器。この楽器をこよなく愛したニコラウス・エステルハージ侯によって委嘱された楽曲が、エステルハージ宮殿で録音されるというユニークなアルバムです。
ハイドンはニコラウス・エステルハージ侯に仕え、エステルハージ家の楽長を務めました。ニコラウス侯の求めに応じてバリトンのための作品を数多く作曲しています。
当盤でマッダレーナと美しいアンサンブルを聴かせてくれるのはウィーン・フィルの奏者達です。
マッダレーナはイタリアで生まれ、ピアノとチェロを学びましたが、ある日ヴィオラ・ダ・ガンバの音に魅了され、バロック音楽に人生を捧げることを決心しました。現在若手チェリストを育成する財団「Scandinavian Cello School」の後援者でもあり、このアルバムの収益の一部はこの財団に寄付されます。

曲目

[C D]

ハイドン:バリトン三重奏曲 第113番 ニ長調 Hob.XI:113

1

1. Adagio

2

2. Allegro di molto

3

3. Menuet: Allegretto

リドル:バリトン、ヴィオラとチェロのためのディヴェルティメント 第3番 ト長調

4

1. Moderato

5

2. Andante

6

3. Presto

ハマー:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ 第1番 イ長調

7

1. Adagio

8

2. Allegro (tempo giusto)

9

3. Menuetto

10

4. Rondo (scherzando)

11

5. Hongarese

ハイドン:バリトン、ヴィオラとチェロのためのディヴェルティメント 第27番 Hob.XI:27

12

1. Adagio cantabile

13

2. Allegro di molto

14

3. Menuet (Allegretto) - Trio - Menuet

トマジーニ:バリトン、ヴィオラとチェロのための三重奏曲 ハ長調

15

1. Allegro spiritoso

16

2. Menuetto - Trio - Menuetto

17

3. Rondo (Allegretto)

ハイドン:バリトン三重奏曲 第97番 ニ長調 Hob.XI:97 “Fatto per la felicissima nascita di S:Ai:S Prencipe Estorhazi”

18

1. Adagio cantabile

19

2. Allegro di molto

20

3. Menuet

21

4. Polonaise

22

5. Adagio

23

6. Menuet

24

7. Fuga: Presto

発売日
2019-07-26
価 格
オープン・プライス
品 番
481-8034

BUY NOW

DOWNLOAD

STREAMING

BUY NOW

DOWNLOAD
STREAMING

BUY NOW

在庫情報は購入先にてご確認ください。

  • http://www.riaj.or.jp/
  • http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?vs=2437167&vp=884334991&va=2669415&vc_url=http%3A%2F%2Frecochoku.jp%2F%3Faffiliate%3D4299010636
  • http://www.universal-music.co.jp/faq/legal/
  • http://www.stopillegaldownload.jp/
  • http://promic.tv/
  • http://www.riaj.or.jp/lmark/