BIOGRAPHY

写真左から
ジョージ・スミス (George Smith) (G. Vo) 20歳
ブレイク・リチャードソン (Blake Richardson) (G, Vo) 20歳
リース・ビビィ (Reece Bibby) (B, G, Ds, Vo) 21歳

イギリス北部出身の3人組。アンセミックでアコースティック・ギターが主導するポップ・ミュージックを作ることを使命としている。2015年夏に出会い、ジョージの家のリビングルームでオアシスの曲などをジャムっていたが、次第に3人で曲を書くようになった。2016年ザ・ヴァンプスのツアーに参加し、ザ・ヴァンプスのステージのゲストとして10,000人以上の観客の前で初ライヴを行った。
主に影響を受けたアーティストは、ザ・ビートルズ、オアシス、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンなど。3人とも音楽的な家庭に育った。リースはベース、ギター、ドラムを演奏し、ジョージはギター他8種類の楽器をマスターしていて、ブレイクはギター、ピアノ、ウクレレを弾く。
2017年5月、デビューEP「Welcome To The Club」リリース。明るく爽やかなポップにエレクトロニックやR&Bの要素を持ち込んだ、楽しさとエネルギーにあふれる4曲が収録されていて、シンガロングできるメロディと豊かな質感のギター・パートを得意とするところを見せた。メンバー全員がヴォーカルとギターを担当(リースはベースも)。
2017年10月、ザ・ヴァンプス来日公演のSpecial Guestとして初来日。その後1曲ずつリリースを重ね、2018年10月にはセカンドEP「Welcome To The Club Pt. 2」がリリース。2019年には「Permission」、「Love Again」の2曲がリリースされている。