『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』 日本人参戦アーティストのコメント到着!! 海外アーティストの追加参戦決定!

2018.11.07 TOPICS

『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』の日本人参戦アーティストのコメントが到着した。

日本人参戦アーティストのコメント(収録曲順)

 

KREVA

「渡米したMYVの侍っぷりには磨きがかかっていて燃えました。大ちゃんとひっさびさに一緒にレコーディングして、改めてその歌の上手さとさらなる成長っぷりに度肝を抜かれました。ラップ侍も頑張りました!とにかく聴いてみてください。」

http://www.kreva.biz/

 

三浦大知

「前作に引き続き今回も御誘いいただき本当に嬉しかったです。

しかも今回はMIYAVIさんとKREVAさんと3人でという事でその中に混ぜて頂きとても幸せでした。

皆さんの心の奥、内側を熱く燃やす最高の一曲になっていると思います。」

http://avex.jp/daichi/

AK-69

「高ぶるセッションをありがとう!押忍!!」

https://www.ak-69.jp/

 

シシド・カフカ

「世界で唯一無二の存在として奏で続ける

MIYAVIさんのサウンドを体感出来て幸せです

 

カラフルで自由自在

 

ギターの音色を聴いて

誰か判るミュージシャンは

そういないと思っています

 

ご一緒出来て

とても光栄でした」

http://www.shishido-kavka.com/

 

加藤ミリヤ

「形にとらわれない、

私たちなりの正義で愛を叫んでいます。

愛し合う二人が愛を貫く強さを表現したかった。

MIYAVIくんのギターが恋を愉しむ青年が歌うように鳴っている。

胸が締め付けられるけれど、愛や恋の幸福感で満たされます。」

http://www.miliyah.com/

 

同時にジャケット写真と収録内容も決定し、海外アーティストの追加参戦も決定した。収録内容にサミュエル・エル・ジャクソンの名前が入っているのも気になるところ。改めて、海外からの参戦アーティストのプロフィールは以下の通り。各参戦アーティストとの収録曲がどのようになるか、想像は膨らみ、徐々に『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』の内容が明らかになり、期待も膨らむばかり。

 

サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)

本名Samuel Leroy Jackson、アメリカ・ワシントンDC出身 1948年12月21日生まれアトランタのモアハウス・カレッジ卒業後、ニューヨークで下積み時代を送る。91年、スパイク・リー監督作「ジャングル・フィーバー」でカンヌ国際映画祭助演男優賞を獲得し、クエンティン・タランティーノ監督作「パルプ・フィクション」(94)でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、人気俳優に。その後も「ダイ・ハード3」「スター・ウォーズ」新3部作、「アイアンマン」シリーズなどアクション大作から「ジャッキー・ブラウン」「交渉人」「コーチ・カーター」と幅広いジャンルの作品に出演。「Mr. インクレディブル」「アフロサムライ」「ATOM」では声優を務めている。

samuelljackson.com

 

ダックワース(DUCKWRTH)

本名Jared Lee, 1988年5月13日生まれ、カルフォルニア出身のラッパー・シンガーソングライター。2016年に初のアルバム、I’m Uuglyを発表し評価を高める。アンダーソン・パークの北米ツアーの前座をその後勤め、サブリナ・クラウディオが参加した”I’M DEAD”はSpotifyを中心にヒットを記録。Republic Recordsとメジャー契約を結び、2017年後期にはAn XTRA UUGLY Mixtapeを発表。

http://www.duckwrth.com/

 

ボック・ネロ(Bok Nero)

フィラデルフィア出身のラッパー。スティーブ・アオキ(Steve Aoki)が代表を務めるレーベル、Dim Makに所属し、現在はロサンゼルを拠点に活動する。ヒップ・ホップのみにとどまらず、EDM, Pop,そしてロックと多様なジャンルの音の上にラップを刻む。

https://soundcloud.com/boknero

 

ヌーズ (NVDES)

本名ジョッシュ・オーシャン(Josh Ocean)のエレクトロ・ポッププロジェクト。カルフォルニアを拠点に活動し、2016年に 初EP、Life with Lobsters を発表。2017年にはシングルを三曲発表し、それらの中の”D.Y.T.(Do Your Thing)”がiPhoneのCMに起用され、注目を集める。

https://www.nvdesmusic.com/

 

ショーン・ボウ(Seann Bowe)

アメリカ出身のシンガーソングライター・プロデューサー。Weezer, Wiz Khalifa, VAMPSなどの名だたるバンド・グループに楽曲を提供。 2016年よりLenard SkolnikとともにMIYAVIプロジェクトに深く関わり、メロディーや楽曲構成に参加。幅広い音域、ボーカルスタイルに定評がある。

https://fanlink.to/SeannBowe

 

ベティ―・フー(Betty Who)

本名 Jessica Anne Newham オーストラリア出身 1991年10月5日生まれのシンガーソングライター。2016年発売のシングル、”I Love You Always Forever” で一躍注目を浴び、現在はSpotifyで月間300万以上の再生回数を誇る。2017年3月に セカンド・アルバム The Valleyをリリース。

http://www.bettywhomusic.com/

 

アール・エー・シー(RAC)

本名André Allen Anjos。ポルトガルに生まれ、現在はアメリカのポートランドを拠点に活動するプロデューサー、RAC(アール・エー・シー)こと大学時代から、“Remix Artist Collective”を由来とするRAC名義での活動をスタートし、U2、レディー・ガガ、キングス・オブ・レオン、ラナ・デル・レイ、エリー・ゴールディング、など錚々たるアーティストのリミックスを手がけ、現在までにその総数は200曲を超える。2016年にはオデッザ「Say My Name」のリミックスでグラミー賞にノミネート、そして2017年度のグラミー賞では、ボブ・モージズ「Tearing Me Up」のリミックスで最優秀リミックス・レコーディング賞を受賞。

https://rac.fm/

 

ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)

本名ジョン・スティーヴン・サダス(John Stephen Sudduth)1984年12月17日生まれ ルイジアナ州出身のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。2013年に発売され世界中でヒットしたリアーナのシングル「ステイ」で注目を集める。その後RCAレコードよりデビューアルバムTimeを2015年1月リリース。今年11月にセカンドアルバム Fameを発表。

http://www.mikkyekko.com/

 

ガラント(Gallant)

本名 Christopher Gallant 。メリーランド州出身のR&Bシンガー・ソングライター。2014年に発表した「ZEBRA EP」がSpotifyのViral Chartにエントリー。2015年にMind Of A Geniusと契約を交わし、ロサンゼルスへ拠点を移す。その後共同プロデューサーのStintらとデビューアルバム『OLOGY』を制作し、2017年グラミー賞に最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバムのカテゴリでデビューアルバムにノミネートされる。

https://www.gallant.space/

 

ユナ(Yuna)

1986年11月14日生まれ マレーシア出身のシンガー・ソングライター。 SNSを通じて高い若者を中心に人気を集める。2011年にアメリカのFader Labelと契約後、2016年にUsherとのコラボ楽曲 “Crush”を発表、US Billboard Adult R&B Chartで3位を獲得。

http://yunamusic.com/

 

 

アーティスト・モデル・俳優・UNHCR大使と様々なジャンルにより、世界中で活躍のMIYAVI。熱きサムライ・ギタリストの魂は、参戦アーティストともに、日本中、そして、世界中に、その音を響き渡らせ、ジャンルや国境などの壁を壊していくに違いない。今後の動向に要注目です。

 

【リリース情報】

『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』 発売日:2018年12月5日(水)

対戦型コラボレーション・アルバム「SAMURAI SESSIONS」の第三弾!!

昨年末、好評を博した第二弾から一年、ついに続編のリリース!

国内外の豪華アーティスト参加!ヴィジュアルは蜷川実花が撮影!

 

参戦アーティスト(アイウエオ順)

アール・エー・シー(RAC)、AK-69、加藤ミリヤ、ガラント(Gallant)、KREVA、サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)シシド・カフカ、ショーン・ボウ(Seann Bowe)、ダックワース(DUCKWRTH)、ヌーズ (NVDES)、hide(X JAPAN/hide with Spread Beaver/zilch)、ベティ―・フー(Betty Who)、ボック・ネロ(Bok Nero)、三浦大知、ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)、ユナ(Yuna)、雅 –MIYAVI-

 

収録楽曲※初回盤、通常盤同様内容

  1. Worlds Collide (Intro) / MIYAVI vs Samuel L. Jackson
  2. Rain Dance / MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知
  3. U.G.L.Y. / MIYAVI vs DUCKWRTH
  4. In Crowd (Remix) / MIYAVI vs Bok Nero
  5. Runway / MIYAVI vs AK-69
  6. I’m So / MIYAVI vs NVDES vs Seann Bowe
  7. Easy / MIYAVI vs Betty Who vs RAC
  8. Knock Me Out / MIYAVI vs Mikky Ekko
  9. Gentleman (Remix) / MIYAVI vs Gallant
  10. Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide
  11. Get Into My Heart (Radio Edit) / MIYAVI vs SHISHIDO KAVKA
  12. Our Love / MIYAVI vs 加藤ミリヤ
  13. Me and the Moonlight / MIYAVI vs Yuna
  14. Fragile / MIYAVI vs 雅 -MIYAVI-

 

 

◆◆初回限定盤(CD+DVD)\5,000(税別) TYCT-69137

【CD】全14曲収録

【DVD収録内容】

MIYAVI “DAY 2” World Tour Live at Zepp Tokyo

 

◆◆通常盤(CD)\3,000(税別) TYCT-60126

【CD】全14曲収録