ブルーノート映画『ブルーノート・レコード』 ブルーノート映画『ブルーノート・レコード』

9/2 劇場情報を更新しました!詳しくはこちら

 

ABOUT THE MOVIE

マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで、
80年にわたりジャズをリードしつづける革新的レーベル「ブルーノート・レコード」。
その真実に迫る傑作ドキュメンタリー。

第二次世界大戦前夜、ナチス統治下のドイツからアメリカに移住した二人の青年、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフ。
大のジャズ・ファンであった彼らは、1939年にニューヨークで小さなレコード会社「ブルーノート・レコード」を立ち上げた。

レコーディングにあたって、アーティストに完全な自由を渡し、かつ新曲を書くよう励ます──
理想を求め、妥協することのないライオンとウルフの信念は、
ジャズのみならず、アート全般やヒップホップ等の音楽に消えることのない足跡を残してきた。

映画はスタジオの風景から始まる。
ロバート・グラスパーを中心に若手アーティスト達で結成されたスーパー・グループ、ブルーノート・オールスターズ。
現在のブルーノートを代表する彼らのレコーディング・セッションに、
2人のレジェンド、ハービー・ハンコックとウェイン・ショーターが現れる──

のちに監督自身が「魔法のような時間だった」と振り返るスペシャル・セッションの映像やレアなアーカイヴ映像、
そして歴代のブルーノートのアーティストたちや、レーベルと密接に関わった人々との対話を通じて、
80年にわたり世界中の音楽ファンを魅了しつづけるジャズ・レーベルの真実に迫る、傑作ドキュメンタリー。

第17回 トライベッカ映画祭 正式出品
第25回 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭 正式出品
第24回 パームスプリング国際映画祭 正式出品
第26回 ハンブルグ・フィルムフェスト 国際映画祭 正式出品
第21回 上海国際映画祭 正式出品
第63回 コーク映画祭(アイルランド) 正式出品
第59回 フィレンツェ映画祭 正式出品
第36回 バンクーバー国際映画祭 正式出品 etc.

出演

ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ルー・ドナルドソン、ノラ・ジョーンズ、ロバート・グラスパー、アンブローズ・アキンムシーレ、ケンドリック・スコット、ドン・ウォズ、アリ・シャヒード・ムハマド(ア・トライブ・コールド・クエスト)、テラス・マーティン、ケンドリック・ラマー(声の出演) etc.

監督:ソフィー・フーバー
字幕翻訳:行方 均
配給:EASTWORLD ENTERTAINMENT
協力:スターキャット
2018年 スイス/米/英合作 85分

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』ティザー映像②

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』ティザー映像

劇中で流れるブルーノートの名曲

ウン・ポコ・ロコ (バド・パウエル)
ブルー・トレイン (ジョン・コルトレーン)
サムシン・エルス (キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス)
モーニン、チュニジアの夜 (アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ)
ザ・サイドワインダー (リー・モーガン)
ソング・フォー・マイ・ファーザー (ホレス・シルヴァー)
サコタッシュ、カンタロープ・アイランド (ハービー・ハンコック)
フィー・フイ・フォ・ファム (ウェイン・ショーター)
モード・フォー・ジョー (ジョー・ヘンダーソン)
カンタループ (Us3)
ドント・ノー・ホワイ (ノラ・ジョーンズ)
マスカレロ (ブルーノート・オールスターズ) etc.

 

監督ソフィー・フーバーより

とりわけ私の心を動かしたのは、
ブルーノート・レコードが創立から一貫して
人間性と誠実さを失っていないことでした。
ソフィー・フーバー

ブルーノートの物語はほぼ80年間におよび、これまでにおよそ1,000枚の作品が発表されてきました。それぞれのレコードの背後にひとりの人間がいて、その時代の表現があります。この映画を通じて、その音楽の――人間の表現の――深さが、そしてその音楽がいかに影響力があり必要なものであったかが、伝わってくれると嬉しいです。

人種差別が危険なほど露骨な時代における、アフリカン・アメリカンのアーティストたちと、彼らを録音したドイツ系ユダヤ移民(アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフ)の必然的な結びつきの物語を描くのはことさら重要でした。彼らが共に築き、残した財産は、世代やジャンルを横断して人々を鼓舞しつづけています。

ブル―ノートのストーリーでとりわけ私の心を動かしたのは、創立から一貫して人間性と誠実さの中核を一度として失っていないことでした。これは、自らの情熱に従い、あらゆる障害を排して、愛する音楽のために永続的な舞台を築いた人々の物語です。その音楽は、ドイツ系ユダヤ人の二人の創立者にとっても、アフリカン・アメリカンのミュージシャンたちにとっても、感情を浄化し自由を象徴するものだったのです。創立者たちのヴィジョンは今日も明白です。ブルーノート社長ドン・ウォズと才能豊かな若い世代のミュージシャンたちが止まることなくその音楽を前に進め、それぞれの足跡を残しています。

コメント

 

作中の「ブルーノート・オールスターズ」とハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターのセッション映像は、過去、現在が繋がりまた未来へのバトンともなる重要なシークェンス。必見だ。
青野賢一 (ビームス創造研究所クリエイティブディレクター、文筆家)

自由で革新的、クールで情熱的、大胆かつ繊細で、時にボーカリストの入り込む余地すらない。私にとっては近くて遠い、永遠の憧れ、ブルーノート。
akiko (ジャズ・シンガー)

ジャズへの理解が深まる。いや、ジャズの感じ方が変わる。そして、もっとジャズが好きになるドキュメンタリー。
これは第三者による推測や解説ではない。ブルーノートの秘密からヒップホップとジャズの関係までを探る、当事者達の証言集。
ジャズとは何か?それをあなたは知るだろう。
沖野修也 (Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet)

たとえば、ジャズとヒップホップは根っこで繋がっていてお互いをリスペクトしているなんて目からウロコ。
世代を超えて音楽でハグし合うミュージシャン達は永遠に尊く愛くるしいのです。
亀田誠治 (音楽プロデューサー/ベーシスト)

ブルーノートがなぜ魅力的なのか、どうやって時代と関わってきたのか、ジャズに限らず大切なものは何か、いろいろ再認識することができた。
どうやら家に眠るヴァイナルたちが、また稼働することになりそうだ。
GAMO (東京スカパラダイスオーケストラ)

近年、ジャズのドキュメンタリーは佳作が多いが、本作は気負わず、かつハイクオリティで、歴史に対するリスペクトや、ジャズを演奏する喜びと敬虔さがカジュアルに伝わってきて、ジャズのみならず、全音楽ファン、映画ファンに堂々とお勧めできる傑作である。
ルー・ドナルドソンが、しゃがれ声で言う。「バードみたいに吹けるか?と言われたんで、イエスと答えた。出来る訳ないのにな。ブルーノートから出したかったんだ。あはははははは」これだけで筆者は落涙。
菊地成孔 (ジャズ・ミュージシャン/文筆家)

ブルーノートレーベルの偉大な歴史と共に、アメリカの音楽や音楽家達がどのように変化し進化し続けてきたのか知ることができる貴重な映画。
音楽家として、人として生きる上で”何”が大事なのか、全ての答えがここにありました。
桑原あい (ジャズ・ピアニスト)

「ブルーノート」には、ジャズ「ど真ん中」のイメージが。しかし、ドイツ育ちのユダヤ人ふたり「門外漢」ゆえの純粋な愛こそが源泉だと改めて。ジャズ史を知らない人こそ楽しめる!
西寺郷太 (NONA REEVES)

伝統と革新のモザイク、名門ブルーノートの“正史”。ゲーム・チェンジャーであり続けるその原点、ライオン&ウルフの音楽愛に心打たれる。自由と誠実、そしてアートワークの大切さ。
橋本 徹 (SUBURBIA)

”ブルーノートは過去で現在で未来だ。伝統を守り続けるんだ。
下に伝えなければ、ハービーやウェインたちが手渡してくれたようにしなければ、変わって欲しくないものが変わることもある”
ブルーノート・レコードの歴史を知るとともに、音楽で時代と世代を繋ぎ合わせていく重要性を改めて感じさせてくれるドキュメンタリー。
リアルタイムに聴き込んだ世代から今の若者まで多くの人に見て欲しい。
松浦俊夫 (DJ/選曲家/プロデューサー)

ジャズという音楽の素晴らしさと、自分のジャズ愛をひたすら再確認した映画でした。
より多くの人たちがジャズがどんなものか知り、興味を持つ大きなきっかけになると思います。
Mappy (ファッショニスタ/ジャズ・ピアニスト)

音楽はエンターテインメントである前に、演奏する者を幸せで満たすジュース。
MUSIC FIRSTの精神を尊ぶブルーノートだからこそ、これだけイキイキとプレイヤーたちが演奏できるのだろうと、私は確信した。
Rei (シンガー・ソングライター/ギタリスト)

※五十音順・敬称略

出演者たちの証言

ノラ・ジョーンズ
ヴォーカリスト/ピアニスト/2000年以来ブルーノートに在籍

このレーベルにいるのが大好きな理由は、いつでも自由を感じていられること。
私自身の音楽を創り、望むことをやっているので、
ジャズというジャンルの制限に縛られているとは感じない。

ハービー・ハンコック
ピアニスト/1962年から1969年までブルーノートに在籍

アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフとルディ・ヴァン・ゲルダー。
彼らは私たちが求めてやまないゴールをサポートしてくれた。
拘束することなしに、私たちの生み出す音楽をありのままに認めてくれたんだ。

ウェイン・ショーター
サックス奏者/1964年よりブルーノート・レコードに在籍

60年代当時、レコーディング・スタジオで考えたものだ。
私たちがやっている音楽は聴き継がれるのか、
20年後にどんな影響力を持つのか?
世界の役に立つのだろうか、何らかの価値を生むのだろうか?
値付けできないような価値をね。

ケンドリック・スコット
ドラマー/2015年以来ブルーノートに在籍

(ジョン・コルトレーンの)『ブルー・トレイン』は実に重要な作品だ。
ジャズの表情を永遠に変えたのだから。
なぜ私が音楽をやりたいのか、その理由をわからせてくれたんだ。

アンブローズ・アキンムシーレ
トランペット奏者/2011年以来ブルーノートに在籍

ブルーノートは、私にとって革新者のレーベルであり、
ゲームを変更するレーベルだ。
50年代と60年代、ジャズは都会のスラムの物語を語ったものだ。
その後の一時期、それは終わった。
そして80年代のヒップホップがまったく突然に現れ、
またスラムの物語を語り始めたんだ。

ロバート・グラスパー
ピアニスト/2003年よりブルーノートに在籍

多くの偉大なるアートは混乱した状況から生まれる。
そこから、そこに属する自分から解放されるために
何かをやる必要に迫られるんだ。
どこかへ向かってね。 そこがジャズの生まれるところだ。
ヒップホップもそこから生まれた。
そして私たちは今日もこれを続けなければいけない。

アリ・シャヒード・ムハマド
ア・トライブ・コールド・クエスト

ブルーノート・レコードは俺たちの進むべき指標だった。
俺たちが見出していたものは、ジャズ・レコードにはオープンなブレイク・セクションがあり、
たくさんのソロ・セクションがあるということだ。
皆が自分の見せ場を持っており、これこそジャズを知ることの美点だと思った。

テラス・マーティン
ミュージシャン/ヒップホップ・プロデューサー

ブルーノートは過去であり現在であり未来だ。
常に何か違ったことをやり、
常に次世代に彼らの人生を変えるかもしれない何かに気づかせてくる。

ドン・ウォズ
プロデューサー/ブルーノート・レコード社長

本気でブルーノートの歴史を系統立ててみたらわかるが、
彼らが契約したアーティストたちが10年ごとに音楽の世界を転換させている。
何か困難なことに出会うと、
私は(ウェイン・ショーターの)『スピーク・ノー・イーヴル』を聴く。
瞑想と同じ効果があるんだ。
そして私の気分は必ずよくなり、必ずリフレッシュし、必ず自分が何者か思い出す。
それは、見事に驚くべき救いの力なんだ。

ブルーノート・レコード

ブルーノートは世界最長のジャズ専門レーベルで、ドイツ系移民のアルフレッド・ライオンによって1939年にニューヨークにて誕生。最初はブギウギ・ピアノの2枚のEPによってそのスタートを切った。
40年にはシドニー・ベシェの「サマータイム」がヒットを記録。50年代にはフォトグラファーでもあるフランシス・ウルフ、レコーディング・エンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダー、デザイナーのリード・マイルズによる分業制が確立、ジャズ・サウンド、アートワーク・デザインすべてが揃った素晴らしい作品を次々に送り出し、ジャズ界のみならず、ミュージック・ビジネス・シーン全体に与えた影響も計り知れない。
ブルーノートは、後のジャズ・シーンを担うジャズメンを数多く輩出、アート・ブレイキー、ホレス・シルヴァーらを筆頭に、クリフォード・ブラウン、ハンク・モブレー、ジミー・スミス、リー・モーガン、ルー・ドナルドソン、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、トニー・ウィリアムス、オーネット・コールマン、ドナルド・バード、フレディ・ハバードら、ブルーノートほど初リーダー・アルバムの多いレーベルは他に存在しないし、モダン・ジャズメンのほとんどがブルーノート出身と言っても過言ではない。
さらに80年代中盤に復活したこの名門レーベルは、90年代にはUs3による「カンタループ」の世界的ヒットを生み、2000年代以降もノラ・ジョーンズやロバート・グラスパーなどの世界的ヒットも生み、現在も音楽シーンに影響を与え続けている。

劇場情報

東京
Bunkamura ル・シネマ 03-3477-9264 9月6日から公開

北海道
シアターキノ 011-231-9355 順次公開

神奈川
シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 10月12日から公開
川崎市アートセンター 044-955-0107 10月5日から公開 [New!]

千葉
キネマ旬報シアター 04-7141-7238 9月7日から公開

栃木
宇都宮ヒカリ座 028-633-4445 10月12日から公開

静岡
静岡シネ・ギャラリー 054-250-0283 10月12日から公開
CINEMAe_ra 053-489-5539 10月19日から公開

長野
長野ロキシー 026-232-3016 10月5日から公開

富山
ほとり座 076-422-0821 順次公開

石川
シネモンド 076-220-5007 10月5日から公開

愛知
センチュリーシネマ 052-264-8580 9/14(土)から公開

三重
進富座 0596-28-2875 10月19日から公開

京都
京都みなみ会館 075-661-3993 順次公開

大阪
シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 9月27日から公開

福井
福井メトロ劇場 0776-22-1772 10月19日から公開

愛媛
シネマルナティック 089-933-9240 9月13日から公開

徳島
ufotable CINEMA 088-678-9113 10月25日から公開 [New!]

福岡
KBCシネマ 092-751-4268 10月5日から公開

佐賀
シアター・シエマ 0952-27-5116 順次公開 [New!]

大分
シネマ5 097-536-4512 順次公開

熊本
Denkikan 096-352-2121 10月18日から公開 [New!]

宮崎
宮崎キネマ館 0985-28-1162 9月21日から公開

鹿児島
ガーデンズシネマ 099-222-8746 10月5日から公開

沖縄
桜坂劇場 098-860-9555 9月28日から公開

他、全国順次公開

▼Tシャツ:3,500円(税抜)

▼ロング・スリーヴTシャツ:4,500円(税抜)

▼スウェット・シャツ:5,000円(税抜)

▼パーカー:6,000円(税抜)

▼トート:2,500円(税抜)

▼マグ:2,000円(税抜)