BIOGRAPHY

マット・タック (Matt Tuck) – Vocals, Guitar
マイケル ’パッジ’ パジェット (Michael “Padge” Paget) – Guitar
ジェイミー・マティアス (Jamie Mathias) – Bass
ジェイソン・ボウルド (Jason Bowld) – Drums

英国ウェールズ出身。これまでに5枚のアルバムをリリース、音楽史上最大の英国メタル・アクトの1つ。1998年に結成、メジャー・レーベルとアルバム5枚の契約を確保し、デビュー・アルバム『ザ・ポイズン』(2005)、2ndアルバム『スクリーム・エイム・ファイア』(2008)で当時のヘヴィ・ミュージックに大きく欠けていたものを注入し、世界へその存在を知らしめた。続く3rdアルバム『フィーヴァー』(2010)(英米TOP 5入り)、4thアルバム『テンパー・テンパー』(2013)、5thアルバム『ヴェノム』(2015)(英米TOP 10入り)は全世界で数百万枚を売り上げてKERRANG!アワードのベスト・ブリティッシュ・バンドに3年連続で輝くなど、現代を代表するメタル・バンドという立ち位置を揺るぎないものにした。KERRANG!アワードにおいては、ベスト・シングル、ベスト・ライヴ・バンド、ベスト・ブリティッシュ・ニューカマーも受賞するなど、メディアそしてファンからの信頼は厚い。また、彼らに影響を与えたヒーロー達であるアイアン・メイデンやメタリカ、そしてガンズ・アンド・ローゼズなどが進んでBFMVをツアーに同行させ、共演している。
2016年11月に新しいパートナーとなったスパインファーム・レコードからシングル「ドント・ニード・ユー」リリース。2018年6月移籍第一弾アルバムとなる『グラヴィティ』をリリースする。

<バイオグラフィ2018>
気がつけば5作のアルバムを携え、音楽史上最大の英国メタル・アクトの1つとして確立されて久しいブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインだが、彼らは自らの未来の書き換えにも飽かず取り組んできた。つまりはインテリジェント・ノイズを生み出す新たな方法を探ること、そしてその道の達人であるが故に背負わざるを得ない遺産に縛られないこと。そもそもは1998年にジェフ・キルド・ジョンとして結成。メジャー・レーベルとアルバム5枚の契約を確保し、2005年のデビュー作『ザ・ポイズン』、2008年の次作『スクリーム・エイム・ファイア』で当時のヘヴィ・ミュージックに大きく欠けていたものを注入し、続くフル・アルバム『フィーヴァー』、『テンパー・テンパー』、『ヴェノム』は全世界で数百万枚を売り上げて、ケラング!アワードのベスト・ブリティッシュ・バンドに3年連続で輝くなど、現代の巨匠という立ち位置を揺るぎないものにした。同アワードにおいては、ベスト・シングル、ベスト・ライヴ・バンド、ベスト・ブリティッシュ・ニューカマーも受賞している。彼らにそれだけの信頼を寄せているのはマスコミやファンだけではない。彼らに最初のインスピレーションを与えたヒーロー達、即ちアイアン・メイデンやメタリカといったバンドが進んでBFMVをツアーに同行させ、共演しているのだ。

新作『グラヴィティ』で帰還するウェールズの4人組は、かつてないほどその創造力の翼を広げ、映画音楽のようなエレクトロニカと氷のように冷たく滑らかなシンセサイザーを、彼らのトレードマークである業火のごときハード・ロックに絶妙なバランスで取り込んでいる。そう、色々な意味でこの11曲は、バンドが最高に的の絞れた、かつ研ぎ澄まされた状態にある証なのだ。膨大なノイズの渦を用いて、過剰に複雑化するどころか、むしろ明確に打ち出されるメッセージ。冒頭の「リープ・オブ・フェイス」は、これまでのBFMV最大のヒット曲のどれと並べても引けを取らないくらい鬼のようにキャッチーでヘヴィだが、一方で削ぎ落とされたアコースティックの「ブリーズ・アンダーウォーター」は未だ聴いたことがない彼らの一面を捉えている。結成時からのシンガーでギタリストのマット・タック、その同輩ギタリストのマイケル‘パッジ’パジェット、べーシストのジェイミー・マティアス、そこにツアー・ドラマーのジェイソン・ボウルドが加わって、バンドは様々な意味合いで生まれ変わった。

“この12ヶ月、コンテンポラリーって言葉について散々考えてきたんだが”リリースに向けて、マットが明かしている。“これはコンテンポラリーなレコードだと俺は感じている。オールドスクールな、影響が丸見えってやつではない。そういうのはもうやったから、前へ進もうぜ、このバンドをもっと面白くしようぜ、ってことでね。誰を疎外するつもりもないが、同じのばっかり書くのはもうイヤなんだ。メタル・ヘッズなら楽しんでくれるだろう。俺なんかは、ソフトなエレクトロニックのパートがあるからこそヘヴィなところが破壊力を増したと思うくらいだよ。大事なのは聴き手の心を掴んで旅に連れ出し、少しばかり頭を混乱させることなんで…”

「レッティング・ユー・ゴー」、「ザ・ヴェリー・ラスト・タイム」、「アンダー・アゲイン」、そして「コーマ」あたりの新曲は、頭を混乱させること間違い無し。彼らが人気の立役者となったメタルコア・シーンからの飛躍である。彼らのここまでのキャリアで恐らく最も大胆な変化にして、究極の反逆行為だ。それでいて何故か「コーマ」には、このバンドの名の下に繰り出された中でも有数のヘヴィなリフが含まれてもいる…。

“あれはズシリと重たいダークなトラックだ”と頷くマット。“間違いなく他より陰気でヘヴィな曲の1つだよ。あの曲ではエレクトロニクス系のものやループを使って、いつにも増して限界に挑んだ。歌詞については、残念ながら過去2年間の俺の現状そのものだ…まあ、今はもう脱け出しているけれど”

2015年に『ヴェノム』を出してからの3年間は、BFMVの司令官にとって楽なものではなかった。しかし、自暴自棄のトンネルに深くはまり込んでいく代わりに、彼は自身の人生経験をかつてないほどアートに変換した。彼の人生で最も内省的で啓発的な過程に数えられるだろう。そして本人が認める通り、それは個人として、そして創造する上でも、起こる必要があったとしか言いようがない進化だった…。

“ここで俺は溢れる想いを全て歌に注ぎ込んでいる”とマットは続ける。“その旅路の全てがここにあるんだ。あまり気が進まないままギターを手にしてみたら、止まらなくなったというか、逆らえなかったというか…。思い切り実験的なやつはその場のノリではできないから腰を落ち着かせる必要があったが、最終的にはそこまで持っていけた。このアルバムはアップダウンが激しくて、「ノット・デッド・イエット」はすごく前向きで、今を生きる刹那的な歌。かと思うと「アンダー・アゲイン」は俺が1年ぐらい前に病んだ鬱のことをひたすら歌っている。全体として描き出しているんだよ、その…俺という人物像を。(プロデューサーの)カール・ボウンにも一部、協力してもらった。今回の音楽は、入り組んでこそいないが重さがハンパない。正にそこなんだよ、このアルバムの本質は、全然複雑じゃないというところにある”

マルチに楽器をこなすジェイソンが全面的に参加したことも、彼らの歴史の最新章となる今作で大きな役割を果たしている。ドラマーの彼は以前にも、BFMVとキャンサー・バッツから派生したアックスウーンドでマットと仕事を共にしている。ピッチシフター、キリング・ジョーク、ポップ・ウィル・イート・イットセルフでの活動で名を成したミュージシャンの洞察力は無視できない。タックとパジェットのギターで長く培ってきたパートナーシップに、クラシックなヘヴィメタルとは大きく異なる何かを彼はもたらした。このバンドがここまで未踏の地を踏破する覚悟を決めたことはかつてなかった、とカリスマチックなフロントマンは確信している…。

“ずっと俺がメインのソングライターではあったけど、必要なところでパッジが支えてくれるのはいつもありがたかった”マットは続ける。“あいつがアイデアを提示してくれて、今回はそこにジェイソンも加わった。最高だよ。彼は曲が書けて、歌えて、ギターが弾けて。ドラムが叩けて、エレクトロニクス系のプログラミングもできる。それも当たり前のように。前サイクルの成功を経て、それなりのところまで自力で這い上がってきた俺たちだが、今回は世間が俺たちには無理だと思っていることを敢えてやる必要があった。目にモノを言わせなければならなかったんだ。ブレットの再生に今ほど適したタイミングは無い。前進するなら過去の影響に頼っていてもしょうがない。想像力も創造力も無い、つまらないものになるだけだ。歴史はずっと残る。記録として、ね。それもブレットだ。が、しかし俺たちはもう先に進んでいるんだよ”

新たな歴史を刻むという意味では、今が正にBFMVの新しい夜明けである。オリジナル・メンバーであるシンガーの視線は、かつてなく高いところに据えられている。既に“宝クジに当たったようなもの”と本人が認めるように、若きティーンエイジャーの頃からの夢を実現させて、技能を磨き、舞台を隅々まで意のままにするに至ったのは“スゴイことだし、恵まれていると思う。でも、過去のことばかり大声でまくしたててはいられない。勢いを失えば何もかも奪われかねないから”と彼は説明する。その宝クジに当たり続けなければならないのだ、と話す彼はあくまで謙虚だ。ヨーロッパ他、世界各地のフェスティヴァルでヘッドライナーを務めた今、地元に目を向ける時が来た…。

“満を持してのUKだ。バンドは今までで一番良い状態にある”ダウンロード・フェスティヴァルの今後のヘッドライナー争いで最有力候補と目されていることについて尋ねると、そう答が返ってきた。現実問題、彼らの出世ぶりに当惑する英国のバンドがどれだけいることか。ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインの努力は報われつつあるのだ。もっとも、バンドのこれまでの実績…チャートのトップ、プラチナム・レコード、様々な受賞など…とは関係無く、そのフロントに立つ男の目には常に最前線で変わり続けるバンドの姿が映っている。そして恐らくは、そこに彼らの成功の秘訣が潜んでいるのだろう…。

“もらったチャンスはモノにする”と、マットは冷静だ。“どんなバンドが相手でも受けて立つ。それに、俺たちがダウンロードのトリを取るとしたら『グラヴィティ』が一番可能性を感じる。望むところだ。もっとヘヴィなバンドは他にいるだろうが、俺たちには曲がある。その点は誰にも負けない。無難にまとめる退屈なバンドにはしたくないんだ。然るべきフェスのトリを取るまで俺は満足しないからな。それだけだ”

新しいアルバム、新しいラインアップ、そして天を衝くような新しいサウンドが、彼のこれまでのキャリアで最大の1年を構築しようとしている。この男を信じた方がいい。