BIOGRAPHY

ブルース・リウ / Bruce Liu

ピアニストのブルース・リウは、2021年10月、第18回ショパン国際ピアノ・コンクールで優勝し、この最も権威あるコンクールの長い歴史の中で、カナダ人として初めて第1位を獲得し、世界の舞台へと躍り出た。彼の新鮮で自発的なダイナミズムと完璧なテクニックは審査員を納得させただけでなく、世界中のコンサート・ホールで評論家や聴衆を魅了し続けている。

1997年5月8日、パリで中国人の両親のもとに生まれたリウは、6歳で父親とモントリオールへ移住した。中国文化に囲まれて育つと同時に、定期的に中国を訪れ、流暢な中国語を話す。カナダで育ち、ヨーロッパとも密接な関係にあるため、人間的にも芸術的にも文化の多様性に触れてきた。2011年から2018年にかけてモントリオール音楽院でリチャード・レイモンドに師事し、その間、わずか15歳でモントリオール交響楽団コンクールで大賞を獲得した。これまでに仙台、テルアヴィヴ、ヴィセウなどの国際ピアノ・コンクールでも入賞している。現在は、ダン・タイ・ソンに師事している。

最近のリウの公演のハイライトは、ショパン・ソロ・プログラムで絶賛されたパリ・デビュー、サントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮フィルハーモニア管弦楽団とのチャイコフスキーピアノ協奏曲第2番、リオネル・ブランギエ指揮ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団へのデビュー、アンドレイ・ボレイコ指揮ワルシャワ・フィルハーモニックとのフロリダへのコンサート・ツアーなどがあり、この夏にはルール・ピアノ・フェスティヴァル、ラインガウ音楽祭、ラ・ロック・ダンテロン音楽祭、グスタード・メニューイン音楽祭、ドゥシュニキ国際ショパン音楽祭、エディンバラ音楽祭などに出演する予定。 

すでにクリーヴランド管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、モントリオール交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団など世界有数のオーケストラと、ロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホール、パリのシャンゼリゼ劇場、ウィーン・コンツェルトハウスなどの一流の会場で共演している。

リウは、ツアーや演奏に追われることなく、練習時間と水泳、チェス、カート、映画、ジャズ、歴史など、その他多くの趣味や興味とのバランスをとっている。また、練習や演奏に集中することで、多くの利点があることも認識している。「演奏しているときは、世の中の他のことはすべて忘れてしまいます。音楽は私の魂を浄化してくれる力があるのです。」