BIOGRAPHY

2001年12月18日生まれの18歳、米国ロサンゼルスのシンガー・ソングライター。

2019年3月29日に発売したデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は英米を含め全世界18ヵ国で1位を獲得。同アルバムは、現在まで世界中で250億回以上ストリームされており、2019年に最も売れたデビュー・アルバム、北米では過去10年間で最大のデビュー作品(男性、女性、またはグループ)となり、12月に発表された米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)の年間アルバム・チャートでは史上最年少で1位に輝いた。彼女の代表曲「bad guy」は、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)1位を獲得し、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の偉業を達成。

2020年の1月に行われた「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門に加えて合計5部門を受賞。主要4部門の獲得は39年ぶりの史上2人目、最年少、初の女性という偉業となった。

現在、読売テレビ・日本テレビ系で現在放送中の2020年1月期新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の主題歌にもなっている。実力、話題ともに、今世界で一番注目されている若手アーティスト。

<ビリー・アイリッシュが注目を集める5大要素>
1.超個性的なビジュアルと天使の歌声のギャップ
2.誰にも媚びない、ティーンの代弁者と言うべき発言の強さ
3.絶えないメディアからの絶賛の声
4.変幻自在のライブパフォーマンス
5.個性的な生い立ち

1.超個性的なビジュアルと天使の歌声のギャップ
ELLEやNYLON、teen VOGUEの紙面を飾り、米VOGUE誌は“次世代のイット・ガール”と称するなどそのファッション性も注目される一方、口に蜘蛛(実物)を入れたり黒い涙を流すなどといった強烈なビジュアルのミュージック・ビデオで大きなインパクトを生み続けている。それに反するようにその歌声は“天使の歌声”とも称され、Appleが毎年恒例としているホリデーシーズンのキャンペーンCMの2018年版では「come out and play」が起用された。

2.誰にも媚びない、ティーンの代弁者と言うべき発言の強さ
「集団に混ざるっていうのが、全然わからない。」
「自分とそっくり同じように見える人間でいっぱいの部屋に、なんで入りたいと思うわけ? わからないな、そういうの。人と同じ格好をして、どんな意味があるの?もうそういう格好をしてる人がいるんなら、自分なりの格好をすればいいのよ。」ビリー・アイリッシュ

3.耐えないメディアからの絶賛の声
世界の各メディアがこぞって各特集に取り上げるなど、称賛の声が止まらない。
◯英BBC が選ぶ 2018 年期待の新人”BBC ミュージック・サウンド・オヴ・2018”
◯米ビルボ ードが選ぶ”次にブレイクする、21 歳以下のアーティスト”
◯Forbesの次代を牽引する 30 歳未満の若者たち 30 人を表彰する”30 Under 30”の 2019 年度版

4.変幻自在のライブパフォーマンス
バンドメンバーを従えたライブでは、豊富なダンスの経験を活かして髪を振り乱しステージ上を所狭しと動き回るなど、その自由奔放な姿は年相応の若い少女そのもの。その情熱的なダンスは、ミステリアスな彼女の雰囲気と楽曲との鮮やかな対比を演出し、見る者を魅了する。
一方でアコースティック編成のライブでは、大胆な動きはない代わりに、かえってその歌声が引き立つようなパフォーマンスを繰り広げる。音数が少ないからこそ際立つ彼女の歌声は、時にバンド編成よりも大きな力で観客に訴えかける。
you should see me in a crown(LIVE映像):https://www.youtube.com/watch?v=LIdBaYubK8I
when the party’s over(LIVE映像):https://www.youtube.com/watch?v=CPmAjkREqSw

5.個性的な生い立ち
一度も学校に通わず、ホームスクールで育つ。同世代の子とは異なった環境で育ったことによって、いまのビリー・アイリッシュの独特の感性、世界観が形成されていった。「私、学校には全然行ったことがないから、みんなに好かれるなんて考えたことがない。仲間内のプレッシャーなんて、まるでわからないわ」と語るように、その環境が今のビリーを形作る大きな要因になっている。