BIOGRAPHY

ノルウェーのスタヴァンゲル出身、1996年6月15日生まれのオーロラは、世界から注目を集める次世代ポップ・シンガー・ソングライター。2016年にデビュー・アルバム『オール・マイ・ディーモンズ・グリーティング・ミー・アズ・ア・フレンド』をリリース。ポップアートとエレクトロ・ポップから大きな影響を受けた同アルバムのサウンドは、ポップサウンドの革命だと多くの音楽メディアに評価され、一躍注目を浴びる。2019年にリリースしたセカンド・アルバム『ア・ディファレント・カインド・オブ・ヒューマン』は、近年の社会問題として取り上げられる「生物学的危機」と世に蔓延していく「個人至上主義」を問題視したテーマとなっており、その話題性が更なる注目を浴びる。 オーロラのアーティストとしてのコンセプトと音楽性は、多くの次世代スターから一目を置かれている。 「イントロを聴いた瞬間に『こういう音楽を作りたい』と感じたの」- ビリー・アイリッシュ 「大大大大好き」- トロイ・シヴァン 「オーロラのライヴは本当に素晴らしい創造の一つ。まさに魔法」- ショーン・メンデス 「本当にオーロラが好きなの」- ロード