BIOGRAPHY

L 388d 099802591c 36fd 62dc 394b 1ff 768

1997年、ドイツ・ベルリンでゲアノット・ブロンザートとセバスチャン・シャーリーの2人が結成。テクノ/ダブステップ/エレクトロ/ヒップホップ/ダンスホールなど、あらゆるジャンルを網羅したミクスチャー・サウンドで注目を集める。「ジャンルの垣根を壊す」といったキャッチ・フレーズは、今や多くのアーティストが主張していることだが、彼らモードセレクターにとっては大切な個性であり、自由を獲得することを意味するのだ。
モードセレクターはテクノ・レーベル"BPitch Control"から2005年『HELLO MOM!』、2007年『HAPPY BIRTHDAY』と2枚のアルバムをリリース。セカンド・アルバム『HAPPY BIRTHDAY』はレディオヘッドのトム・ヨークが参加したことで大きな話題となった。
モードセレクターのファンであることを公言していたトム・ヨークは、2008年、彼らをレディオヘッドのジャパンツアーのフロントアクトに抜擢。
同年、モードセレクターは音楽ダウンロードサイト「Beatport」が選ぶ「ベスト・ダブステップ&グライムアーティスト」に輝く。貪欲なまでに雑食なサウンド、荒々しく削り出されたビートの粒が、人々を高揚させ、心拍数を高め、世界中のダンスフロアを狂喜乱舞させている。
2009年に自身のレーベル"MONKEYTOWN RECORDS"を設立。2010年にはテクノ/ダブステップ/エレクトロのシーンから厳選したアーティストの未発表音源18曲を集めたコンピCD『MODESELEKTION VOL.1』をリリース。同タイトルのパーティをヨーロッパで開催し、いまやダンスシーンを牽引するリーダ的存在として注目を集めている。そして今年2011年秋に約4年振りとなる待望の3rdアルバム『MONKEYTOWN』をリリースする。前作に続きトム・ヨークが2曲に参加の他、Anti Pop ConsortiumやBusdriver他豪華ゲスト陣参加。
いよいよ初となる国内盤リリースが決定した。