NEWS

TOPICS

2011年のニュース

■WOWOWの音楽番組「MUSIC JOY★FULL」でプロモーション・ビデオが流れます!

【詳細】10/28(金)21:00-

2011.10.20更新


■10/13(木)、J-WAVE「MUSIC WONDERLAND」にて最新アルバム『バイオフィリア』の特集をO.A.!

10月13日(木)J-WAVE「MUSIC WONDERLAND」(深夜2時~3時)にて、先日、日本先行で発売されたニュー・アルバム『バイオフィリア』についての特集がO.A.されます!ここ だけの話もたくさん聴けるかも!?是非、お聴き逃しなく!                 
ナビゲーター: Sally#Cinnamon(Heavenstamp)
http://www.j-wave.co.jp/blog/musicwonderland_thu/

2011.10.11更新


■『バイオフィリア』本日発売!!

ビョーク流に自然科学を解釈した大作『バイオフィリア』がいよいよ本日発売!

UICP1128
『バイオフィリア』
2011.10.5 日本先行発売
(海外発売日:10月10日)
初回生産限定盤 Softpack仕様/SHM-CD UICP-9043 ¥2800(税込)
日本盤のみボーナス・トラック収録
  UMストア特典:ポスターを折らずにお届けいたします。(先着)

マルチメディア・プロジェクト『バイオフィリア』はまだまだ続きます。
今回のプロジェクトは"パンクDIYの理想"への回帰であり、前作『ヴォルタ・ツアー』の間にタッチスクリーンから興奮感を得たことがきっかけと語るビョーク。
そんな技術の進歩により、科学と自然の要素、そして音楽学が独自に解釈され表現された芸術作品となっています。

また、ビョークのオフィシャル・サイト+Twitter+Facebookでは、、ビョークに質問を受け付ける企画が始まりました。
ビョークはすべての質問に目を通し、その質問のうちのいくつかの答えはオフィシャル・サイト、Facebook等にアップされていくようです。
オフィシャル:http://bjork.com/#/ask
Facebook:http://bjork.com/#/ask
Twitter:http://twitter.com/#!/bjork

みなさん、ぜひとも質問してみてくださいね!

2011.10.05更新


■「クリスタライン」他3曲の着うたフル(R)本日発売!

[販売サイト] ユニバーサル ミュージック公式携帯サイト / レコチョク / Music.jp / dwango.jp / JOYSOUND / オリコンスタイル / TSUTAYA プレミア / YAMAHA My Sound / ミュージコ♪ / HAPPY!うた♪/ 着信★うた♪フル / mu-mo

2011.10.05更新


■オンライン・アウォーズ『O Music Awards』にノミネート

オンライン・アウォーズ『第2回 O Music Awards』のノミネーションが発表され、ビョークが"Digital Genius Award"部門にノミネートされました。投票や発表などは、オフィシャル・サイトのOMUsicAwards.comを通じて行なわれます。

2011.10.05更新


■スペースシャワーTVで、ビョークのMUSIC VIDEO特集が放映

いよいよビョーク ニュー・アルバム『バイオフィリア』が今週発売。
スペースシャワーTVでは、下記日程で、BJORK MUSIC VIDEO SPECIALを放送
BJORK MUSIC VIDEO SPECIAL

10/07(金) 23:00~24:00
10/19(水) 25:00~26:00

2011.10.04更新


■WOWOWの音楽番組「MUSIC JOY★FULL」でプロモーション・ビデオが流れます!

【詳細】10/13(木)21:00-

2011.10.03更新


■新作『バイオフィリア』、iTunesで予約注文スタート!

iTunesデラックス・ヴァージョンには、ボーナス・トラックとして「クリスタライン」のビデオが追加収録されます。「クリスタライン」のビデオは、iTunesデラックス・ヴァージョンのみの特典となります。
予約はこちらから

2011.09.27更新


■ビョークSTOREにてオリジナル特典が決定!

直販サイトでご購入していただくと告知ポスターを先着で折らずにお届けいたします。
http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/bjork_all/uicp9043

2011.09.26更新


■「Moon」をシングルとアプリでリリース

 ビョークが、『バイオフィリア』からのニュー・シングル「Moon」をシングルとアプリで9月 7日にリリースしました。このアプリは、音楽の周期と月の周期、潮流の類似性からインスピレーションを受けて制作しているそうです。アプリは、iPad、 iPhone、iPod Touchで使用可能で、Apple App Storeを通じて発売されています。

2011.09.13更新


■『バイオフィリア』の収録曲目が決定

 ビョークのニュー・アルバム『バイオフィリア』の収録曲目が下記の通り発表されました。通常盤は10曲を収録。デジパック盤には、これに3曲が追加されます。
Moon
Thunderbolt
Crystalline/クリスタライン
Cosmogony
Dark Matter
Hollow
Virus
Sacrifice
Mutual Core
Solstice
Hollow (Original 7 Minute Version)※
Dark Matter (With Choir & Organ)※
Nattura※
※はデジパック盤のみに収録

2011.08.26更新


■WOWOW 洋楽ライブ伝説「 ビョーク ライブ・イン・ケンブリッジ 1998 」9/27(火)O.A

詳細:WOWOW 9/27(火)深夜0:30~

2011.08.23更新


■『バイオフィリア』の超豪華コレクターズ・ボックス・セットをリリース

ビョークが、ニュー・アルバム『バイオフィリア』のコレクターズ・ボックス・セットをリリースす ると発表しました。このボックス・セットの価格はなんと500ポンド(約6万4000円)という超豪華版! ナラの木にシルクスクリーンやラッカーで装飾 を施した、蝶番付きのボックス入りで、『バイオフィリア』マニュアルも同梱。48ページのマニュアルは布&糸綴じという装丁になっているそうで す。他に、クロームの音叉も同梱。この音叉は色柄が違う10本セットで、収録曲に合わせた音階にセットされているということです。CDは2枚入りで、通常 のアルバムCDと、エクスクルーシヴ・レコーディングの作品を収録したCDになるようです。このボックス・セットは限定受注生産で、締め切りは8月12 日。英リリース日は9月26日の予定になっています。

2011.08.10更新


■英NME誌のアカウントでツイッター・インタビューを開催

 7月27日にビョークが、英NME誌とのツイッター・インタビューを行なうことを明らかにしま した。質問はNMEのアカウントにファンが投稿する形式で、ビョークがその質問にリツイートするそうです。ビョークによると、ニュー・アルバムの『バイオ フィリア』は、iPadにより制作した部分もあるとのこと。複数のアプリとしてリリースする計画もあるそうです。この作品での音楽をビョークは"現代版 フォーク・ミュージック(私達の時代のフォーク・ミュージック)"と表現しています。なお、マンチェスターでの長期公演を終えたビョークは今後、ワイト島 で開催される『Bestival』の最終日(9月11日)にヘッドライナーとして出演する予定になっています。

2011.07.28更新


■1st シングル「クリスタライン」Video You Tubeにて解禁

ビョークのニュー・アルバム『バイオフィリア』からの1st Single「クリスタライン」のMusic Videoが
You Tubeで解禁されました。
監督は、ビョークの長年のコラボレーター:ミシェル・ゴンドリーです。

こちらから。

2011.07.22更新


■MTV JAPANでMUSIC VIDEO特集!

番組名:MTV A Class BJORK
ON AIR日:
9月17日[土] 21:00 - 22:00 (初回)
9月18日[日] 27:00 - 28:00
9月21日[水] 08:00 - 09:00
9月24日[土] 07:00 - 08:00
http://www.mtvjapan.com/

2011.07.22更新


■BIOPHILIA プレス・リリース

BJORK BIOPHILIA
リード・シングル"クリスタライン 原題:CRYSTALLINE"
iTUNES限定で配信開始

『バイオフィリア』アプリ、ワン・リトル・インディアンより、
iPAD,iPHONE,iPOD TOUCH用に7月に配信開始予定

6月30日より、『バイオフィリア』のワールド・プレミアとなるライヴが、
マンチェスター・インターナショナル・フェスティバルにて開催

ビョークが、最も大掛かりで、各種学問分野にまたがった最新プロジェクト『バイオフィリア』から のリードシングルを全世界で、iTunes Store限定で配信を開始した (www.itunes.com)。『バイオフィリア』はマルチ・メディア・プロジェクトであり、スタジオ・アルバム、アプリ、新しいウェブサイト、そし てカスタム・メイドされた楽器、ライヴ、教育的なワークショップから構成される。

ビョークは、アプリ開発者、科学者、作家、発明家、ミュージシャン、楽器製作者との共同作業を通 じて、宇宙―その物理的な力、特に、音楽、自然、そしてテクノロジーが出会う場所―のマルチ・メディア的な探検を創作した。このプロジェクトは原子から宇 宙まで、音楽的構造と自然現象の間にある関係性の探求よりインスパイアされたものである。

アルバムからのリード・シングル"クリスタラインCrystalline"はiTunesよりリリースされ、ワン・リトル・インディアンを通じて、『バイオフィリア』のアプリもリリースされる。
『バイオフィリア』のライヴは、マンチェスター・インターナショナル・フェスティバルにおいて、6月30日より公開される。ビョークは、このフェスティバ ルに3週間の間滞在し、6回のショウをCampfield Market Hallにおいて、新曲を披露する。このライヴは、3年ぶりのイギリスでのライヴとなる。-このレジデンシーにおいては、アプリの紹介、説明のほかに、発 明された楽器の紹介なども実施される。より詳しい情報は、こちらから:

『バイオフィリア』を構成する5つの要素:

I.ALBUM:
『バイオフィリア』は10曲を収録したスタジオ・アルバムの形で、今年後半に、デジタル、そしてフィジカルでのリリースが予定されている。この楽曲は、 『バイオフィリア』アプリにも収録されてはいるが、教育的、そしてゲームを目的としたものとなっているため、アプリ版は必要最低限のものだけを装備した形 の収録となっており、ミックスは、ダミアン・テイラーとビョークによって行われている。アルバムからのファースト・シングル"クリスタライン  Crystalline,"は現在発売中。ビョークの長年のコラボレーターであり、革新的な映像製作者であるミシェル・ゴンドリーによって、ミュージッ ク・ビデオが制作されている。

II. APPS:
『バイオフィリア』のアプリは、10のアプリの集まりとなっており、1つ1つがアルバム収録のそれぞれの楽曲のために作成されている。これらのアプリは、 宇宙進化の中心となる'mother アプリ'を通して、利用できるようになっており、ワン・リトル・インディアンを通じて、リリースが予定されている。このプラットフォームは3Dの銀河系の 役目を果たし、最初のアプリは星座が出現し、その後次々と加わってゆく。
各アプリはそれぞれ(楽曲と関連性のある)テーマを持ち、音楽的な要素を兼ね備える。各アプリのコンテンツは次のようなものを含む:楽曲の科学的かつ音楽 的な題材に基づいたインタアクティブなゲーム、楽曲のミュージカル・アニメーション、アニメーション化されたスコア、歌詞、そして学術論文:ゲームはその 楽曲の音楽的な要素を操ることによって自分のバージョンを創りながら様々な音楽的機能を学ぶことが出来る。ミュージカル・アニメーションとアニメーション 化されたスコアは、伝統的な方法と革新的な方法で視覚的に音楽を描くことが出来る。学術論文は各楽曲、各アプリのテーマが音楽的にどの様に実現したかを解 説する。

『バイオフィリア』のアプリはビョークが自身により、今日業界において大活躍している革新的な 10人のチームが選定され、彼等によって開発された。このチームはScott Snibbe StudioというGraviluxやBubble Harpの様なベストセラーのアプリのクリエーター、 Sim Cityや TouchPress(ElementsやSolar Systemの様な大ヒットアプリの開拓デザイナー)のクリエーター、数々のアウォード受賞歴のあるデザイナー達、アニメーター、プログラミングや暗号化 のエキスパート達によって構成されている。

III. LIVE SHOWS:
『バイオフィリア』のライヴは、6月30日にマンチェスター・インターナショナル・フェスティバルで初めて公開され、その後、3年にわたり8つの都市で6 週間におよぶレジデンシー・スタイルのライヴとして実施が予定されている。それぞれの都市で、ビョークは1週間に2回『バイオフィリア』のパフォーマンス を実施する際にアプリを使用しながらカスタムメードの楽器を演奏し、アプリの中にいる様な気分にさせる環境を創る予定だ。1週間の残りの日においては、会 場で、現地の学校とコラボレーションをして様々な音楽授業が実施される。

ビョークはこのライヴにとてもユニークな楽器を発注した。これらの楽器を創ったチーム中にはイギ リスの発明家や、アイスランドのオルガン職人、MIT Media Lab卒業者等がいる。楽器の中には4つの3mの振り子ハープが含まれており、振り子の揺れでストリングを引っ張るという動作により、楽曲の重力という題 材を描写する。その他Sharpsichordという3mの巨大手押しオルゴール、midiによってコントロールされているパイプオルガン、セレスト(ブ ロンズで出来たガムラン・バーで出来たもの)、ツイン・ミュージカル・テスラコイル、ハング演奏者、アウォード受賞歴のあるアイスランド人女性の24ピー ス合唱団が含まれる。『バイオフィリア』のライヴは伝統的なライヴ会場でなく、特別に選ばれた場所やミュージーアム等において執り行われる。また、ビョー クは観客に親密感を体験してもらう為に、ステージから観客席の距離を6m以下、キャパシティは2,000人以下の会場のみでパフォーマンスを行う予定であ る。

IV. DOCUMENTARY:
90分に及ぶ『バイオフィリア』プロジェクトのドキュメンタリーがPulse Filmsによって撮影されている。このドキュメンタリーによってビョークのこのプロジェクトに向けて様々な要素を積み重ねてゆく創造性に溢れたプロセス が観ることが出来る。ビョークのライヴ・リハーサル時の様子、スタジオでアルバム制作している様子、観察的な視点で撮られた映像、インタビューやこのプロ ジェクトが如何にして思い付かれ、実現に至ったかのデモンストレーションが収録されている。また、音楽と自然界の魅惑的なリレーションシップを発見するこ とも出来る。そして、このドキュメンタリーのクライマックスはビョークのプロジェクトが明らかになる時―『バイオフィリア』のプレミア・ライヴ・パフォー マンスだ。ドキュメンタリーは『バイオフィリア』キャンペーンの後半に放映される予定。

V. WEBSITE
ビョークのオフィシャル・サイトwww.bjork.comは、 『バイオフィリア』のために、最新のHTML5の技術を利用して、リニューアルされた。このサイトは、他のアーティスト・サイトとはまったく違うアーティ ストサイトを味わえるように動画やインタラクティブなアプローチが実施されている。すべての要素を楽しめるように、また『バイオフィリア』のすべての情報 の中心地として機能するよう、まるで実体験のように感じられる3Dの宇宙をイメージして制作されている。

2011.07.01更新


■4年ぶりのニュー・アルバム『バイオフィリア』からのニュー・シングル「CRYSTALLINE」が緊急発売!!

『ヴォルタ』から4年2011年秋にリリースが予定されているビョークのニュー・アルバム『バイオフィリア』からのニュー・シングル、「CRYSTALLINE」が本日iTunesで緊急発売!
購入は こちらから

2011.06.29更新


■Bjork遂に始動

ニュー・アルバム『バイオフィリア』のリリースを控えたビョークのサイトで1st Singleのティーザーと思われる映像がアップされました。
詳しくは、オフィシャル・サイトをチェック。
http://bjork.com/#/news/bj%C3%B6rk-roadtocrystalline

2011.06.06更新

NEWS一覧に戻る