「Yellow Lounge Tokyo 2019」開催決定!公演チケット2/13(水)正午より限定販売開始!

2019.02.07 LIVE

昨年9月に日本に本格上陸し、チケット販売開始からわずか9分で完売するなど話題沸騰となったイベント「Yellow Lounge Tokyo 2018」の第2弾となる「Yellow Lounge Tokyo 2019」が、3月12日(火)に【森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス】にて開催されることが決定しました。

会場となるのは、前回と同様【森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス】内にあるアート「人々のための岩に憑依する滝」。
岩の上に、滝が流れ落ち、花が散っていく作品空間の中で、ドイツ・グラモフォンが誇る一流のクラシック演奏家によるパフォーマンスを、アーティストの近くでフロアに座り楽しむことができます。

今回「Yellow Lounge Tokyo 2019」に出演するのは、アップライト・ピアノから発するシンプルな音楽がストリーミングで圧倒的な支持を受けているオランダのコンポーザー・ピアニストのユップ・ベヴィン、そして今年の1月にドイツ・グラモフォンと専属契約した現代で最も独創的かつ訴求力のあるヴァイオリン奏者のマリ・サムエルセン、さらにスペシャル・ゲストとしてデビュー25周年を迎え音楽家として新たな境地へ踏みだした人気ギタリストの村治佳織。

「Yellow Lounge」は、世界最古のクラシック・レーベル=ドイツ・グラモフォンが、“一流の音楽を気軽に楽しむ”というテーマのもと、コンサート・ホールを抜け出してクラブをはじめとした様々な会場で実施している新コンセプトのイベント。そんな「Yellow Lounge」が、昨年、世界中で賞賛を浴びるウルトラテクノロジスト集団“teamLab”とコラボレーションし、“世界最高峰のクラシック・ミュージックと究極のデジタルアートの邂逅”がテーマとして開催されたのが「Yellow Lounge Tokyo」。今回は、日本での2回目の開催となります。

 
Deutsche Grammophon in EPSON teamLab Borderless
ドイツ・グラモフォン120周年記念
Yellow Lounge Tokyo 2019

【日時】
2019年3月12日(火) 18:00開場/19:00開演(予定) 

【会場】 
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン https://borderless.teamlab.art/jp/

【出演予定アーティスト】
ユップ・ベヴィン(ピアノ)、マリ・サムエルセン(ヴァイオリン)、村治佳織(ギター)

【チケット代】5,000円
【主催】ユニバーサル ミュージック合同会社 クラシックス&ジャズ
【協力】ドイツ・グラモフォン/フォルクスワーゲン
※ 当日はユニバーサル ミュージックによるオフィシャルの映像及び写真の撮影がございます。
※ 指定席となります。フロアに設置したクッションの上にお座りいただきイベントをお楽しみいただきます。あらかじめご了承ください。

☆公演チケット2月13日(水)正午より、UNIVERSAL MUSIC STOREで限定販売開始!
https://store.universal-music.co.jp/product/pdzc1002/

イベントに関するお問い合わせ:
ユニバーサル ミュ-ジック カスタマー・サービスセンター(お客様相談窓口)
TEL 045 – 330 – 7213 (代表) 月~金 10:00~18:00 (祝祭日を除く)

 
▼ ユップ・ベヴィン レーベル公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/joep-beving/
▼ マリ・サムエルセン レーベル公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/mari-samuelsen/
▼ 村治佳織 レーベル公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/kaori-muraji/