アナログ

UnEasy [直輸入盤][180g重量盤2LP]

ヴィジェイ・アイヤー Vijay Iyer

フォーマットアナログ
組み枚数2
レーベルECM Records
発売元ユニバーサル ミュージック合同会社
発売国日本
録音年2019年12月
録音場所Octaven Audio Studio, New Jersey
演奏者Vijay Iyer(p), Linda May Han Oh(double bass), Tyshawn Sorey(ds)

商品紹介

★ヴィジェイ・アイヤーのECMトリオ作品2作目、リーダー作としては通算7作目の作品が180g重量盤2LPで登場。

■ひとつのアイデアが別のアイデアを生み出し、形を変えながら、次のアルバムから次のアルバムへと境界線を押し広げ続けているヴィジェイのユニークな音楽的アプローチは多くの賞賛を得ており、ニューヨーク・タイムズ紙は彼の人格を「社会的良心、マルチメディア・コラボレーター、システム・ビルダー、ラプソディスト、歴史的思想家、そして多文化への入り口」とまとめている。■本作は2019年を1年を通して一緒に演奏してきたトリオの初のスタジオ録音作品。 TyshawnとVijayは2003年のVijayのカルテット・アルバム『Blood Sutra』で初共演しており、その後、ヴィジャイの2017年のECMリリース『Far From Over』を含め、頻繁に共演している。Linda May Han Ohは、数年前から共演している新しいコラボレーターでカナダのアルバータ州にあるバンフ国際ジャズ・クリエイティブ・ミュージック・ワークショップの一貫したゲスト・ファカルティ・メンバーであるベーシストは、同ワークショップの共同アーティスティック・ディレクターであるVijayやTyshawnと親交を深めてきたとのこと。リンダとティショーンは以前にもECMで録音したことがあり、ソレイはロスコー・ミッチェルの「Bells For The South Side」で演奏し、オーはドイツのピアニスト、フローリアン・ウェーバーのECMデビュー作「Lucent Waters」にベースとして彼女のユニークな声を加えている。彼女の軽快な言葉遣いとTyshawnの強靭でありながらも深い音楽性を持つスイングは、Vijayの過去の作品とは一線を画し、前作のトリオ作品『Break Stuff』とは対照的な作品となっている。「私たちは非常に独特なエネルギーを持っています。それは別の種類の推進力、別の衝動、別の色のスペクトルを持っている」とVijayはトリオのパートナーを絶賛。
■アルバムのタイトルにもなっている「UnEasy」は、2011年にVijayと振付師Karole Armitageのダンスカンパニーとの間で企画されたダンスプロジェクトの名前。『Uneasy』は、そのタイトルが暗示するパラドックスの上に構築されており、10年後、10年後の世界と不安の時代へと深く入り込んだ脅威の雰囲気を暗示している。
■本作では、20年の歳月をかけて作曲された8曲のVijayのオリジナル曲に、Cole Porterの “Night And Day”とGeri Allenの “Drummer Song”を加えている。後者はクレイグ・テイボーンとの共演作「The Transitory Poems」(アレンの「When Kabuya Dances」で終わる)に続く2枚目のジェリ・アレンの曲。
■本作では、彼は音楽の歴史を引きずりながら、音楽を前進させ続けてる。この試みの過程で、今日のアメリカの風景を支配している政治的、社会的な動揺が、音楽的な熟考と緊張感のある空間に反映されている。ライナーノートの中で、Vijayは「今日、“不安”という言葉は、激動の時代にしてはあまりにも穏やかで、残忍な控えめな表現のように感じられる。しかし、この言葉にはそれとは正反対のものが含まれているので、最も落ち着きのある癒しの音楽は、しばしば深い不安から生まれ、その中に位置していることを思い出させてくれるのかもしれません」と書いている。

曲目

[LP 1]

● Side-A

1

Children Of Flint

2

Combat Breathing

3

Night And Day

● Side-B

1

Touba

2

Drummer’s Song

[LP 2]

● Side-A

1

Augury

2

Configurations

3

Uneasy

● Side-B

1

Retrofit

2

Entrustment

発売予定日
2021-05-28

価 格
オープン・プライス
品 番
353-6241

BUY NOW

BUY NOW

BUY NOW

在庫情報は購入先にてご確認ください。