ニュース

超実写版『ライオン・キング』は音楽も“キング・オブ・エンターテイメント”!エルトン、ファレル、ビヨンセ、ハンス・ジマー他参加のオリジナル・サウンドトラック発売決定!

2019.07.10 TOPICS

 
『ライオン・キング』のオリジナル・サウンドトラックが8月7日(水)に3形態にて発売されることが分かった。本国オリジナル・キャストによる英語歌を収録した「英語版」、吹替版キャストによる日本語歌を収録した「日本語版」、そして両方を収録した「デラックス版」の3種がリリース。(「英語版」はデジタルアルバムのみ7月12日(金)に配信開始)

8月9日(金)に日本でも公開される『ライオン・キング』は、アニメーションやミュージカルなど様々な形で人々に愛されてきた名作だが、この度25年の時を超え、ジョン・ファヴロー監督により“超実写版”として蘇る。1994年のアニメーション版同様、音楽は本作の最大の魅力のひとつであり、今回もアカデミー賞やグラミー賞の受賞経験もある多彩なスタッフが再結集。スーパースターのエルトン・ジョンと作詞家ティム・ライスがかつて手掛けた名曲の数々が、ドナルド・グローヴァーやビヨンセ・ノウルズ=カーターをはじめとする豪華キャストの歌唱により新録。さらにこの最強タッグによる新曲「ネヴァー・トゥー・レイト」もエンドクレジットで使用される。また、シンバの幼なじみであるナラ役のビヨンセによる壮大なテーマの新曲「スピリット」も収録される。他にも超豪華アーティストの参加が決定しており、作曲家のハンス・ジマーと南アフリカ出身の作曲家/歌手のレボ・Mはアニメーション版に次いで本作でも続投。また、グラミー賞の受賞者でもある人気プロデューサー/歌手のファレル・ウィリアムスが5曲でプロデューサーを務めるなど、音楽の面でも他に類を見ない、まさに“キング・オブ・エンターテイメント”を体現する布陣となっている。

「誰もが曲を聴いただけで深く心を打たれると思う」とファヴロー監督は語る。「たとえアニメーション版やミュージカル版を知らなかったとしても、人の心を揺さぶる力が『ライオン・キング』の楽曲にはある。一方でもし元々アニメーション版を知っていたり、それで育ってきていた人が聴くと、映画公開当時に夢中になっていたことや子供時代のこと、関連する人生の出来事などの過去の“ライオン・キング体験”が蘇って、当時の思い出や感情が脳内をめぐるんだ」。

1994年のアニメーション版『ライオン・キング』は、アカデミー主題歌賞(『愛を感じて』/歌唱・作曲エルトン・ジョン、作詞ティム・ライス)と作曲賞(ハンス・ジマー)の2部門、グラミー賞4部門、ゴールデン・グローブ賞2部門を受賞。さらにオリジナル・サウンドトラックがビルボードのアルバム・チャートで10週にわたりNo.1を獲得、世界でもアニメーションのサウンドトラックの売上記録No.1を誇るなど、大ヒットを記録している。

 
<商品情報>
◎CD/3形態全て8月7日(水)発売
『ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック 英語版』(UWCD-1043) 税抜2,500円 詳細はこちら>>
『ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック 日本語版』(UWCD-1044) 税抜2,500円 詳細はこちら>>
『ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック デラックス版』(UWCD-1045/46) 税抜3,426円 詳細はこちら>>

◎デジタル配信
『ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック 英語版』 7月12日(金)配信
『ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック 日本語版』 8月7日(水)配信
『ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック デラックス版』 8月7日(水)配信

 
<映画公開情報>
『ライオン・キング』
ディズニーが贈る“超実写版”キング・オブ・エンターテイメント“
8月9日(金)全国公開!
https://www.disney.co.jp/movie/lionking2019

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


  • http://www.riaj.or.jp/
  • http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?vs=2437167&vp=884334991&va=2669415&vc_url=http%3A%2F%2Frecochoku.jp%2F%3Faffiliate%3D4299010636
  • http://www.universal-music.co.jp/faq/legal/
  • http://www.stopillegaldownload.jp/
  • http://promic.tv/
  • http://www.riaj.or.jp/lmark/