フィリップ・べイリーの12枚目17年ぶりのソロ・アルバム、VERVEよりリリース決定!!

2019.05.15 TOPICS

アルバム・タイトル曲は、ファラオ・サンダースの楽曲「ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ」。ケイシー・べンジャミンがヴォコーダーで参加。
そのほか、カーティス・メイフィールドの「ビリー・ジャック」、「ウィアー・ア・ウィナー」、リターン・トゥ・フォーエヴァーの「ユーアー・エヴリシング」、トーキング・ヘッズの「ワンス・イン・ア・ライフタイム」、アビー・リンカーンの歌唱で有名な「ロング・アズ・ユーアー・リヴィング」、マーヴィン・ゲイの「ジャスト・トゥ・キープ・ユー・サティスファイド」などのカヴァー曲と、フィリップ・ベイリーと、ゲストアーティストたちの共作オリジナルで構成したアルバムです。

ベーシストのクリスチャン・マクブライド、ジャズ・ピアニストのチック・コリア、伝説的ドラマーのステーヴ・ガッドなど、彼が信頼を置く友人達が参加。
また、キーボードのロバート・グラスパー、サックスのカマシ・ワシントン、ラッパー兼ミュージシャンでプロデュースも手掛けるウィル・アイ・アム、トランペットのクリスチャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー、シンガーでサックスも演奏するケイシー・ベンジャミン、ギターのリオーネル・ルエケ、ドラムのケンドリック・スコット、ベースのデリック・ホッジなど、コンテンポラリー・ジャズ、R&B、ポップス界で活躍するアーティスト達にも、スポットを当てています。

フィリップは今作に関して、「アース・ウィンド・アンド・ファイアーでレコーディングをしていた時を思い出すような流れが今回のプロジェクトにはあって、私がAチームだと思う最高のメンバーが揃ったんだ。このアルバムで、私が、これから進みたい道がハッキリと開けた気がするね。このヴィジョンを実現していくランウェイが見えているんだ。」熱く語っています。

<商品情報>

『ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ』
UCCV-1177【SHM-CD】
2019年7月3日発売

▼予約はこちら
https://jazz.lnk.to/pb_lwfwPR

☆先行シングル「ビリー・ジャック」配信中

▼超豪華フィーチャリング・アーティスト一覧
ロバート・グラスパー
カマシ・ワシントン
チック・コリア
クリスチャン・スコット
ビラル
クリスチャン・マクブライド
スティーヴ・ガッド
デリック・ホッジ
ケンドリック・スコット
リオーネル・ルエケテディ・キャンベル
ケニー・バロン
ケイシー・べンジャミン
ウィル・アイ・アム

などジャズ界からヒップホップ界までの重鎮らが集結。