CD

ホームレス・ブラザー [SHM-CD]

ドン・マクリーン Don McLean

  • 限 定
  • 解 説
  • 歌 詞
  • 対 訳
フォーマットCD
組み枚数1
レーベルCapitol
発売元ユニバーサル ミュージック合同会社
発売国日本
オリジナル発売日1974.01.01

商品紹介

ドン・マクリーン活動50周年記念 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ

【限定盤】【紙ジャケット】【SHM-CD】【日本初CD化】
アトランティックで数々の名盤を手がけたジョエル・ドーンをプロデューサーに招き、デヴィッド・スピノザ、ヒュー・マクラッケン、、リチャード・ティー、ウィリー・ウィークスなどの腕利き達を起用した5作目は、かつて貨物列車に潜り込んでアメリカ各地を渡り歩いた労働者、ホーボーを主題にしたコンセプト・アルバム。
(1974年発表)

★日本初CD化/初紙ジャケ化
★米国初回盤LPをミニチュア再現した見開き紙ジャケット+インナースリーヴ+ステッカー
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2019年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

内容

1969年にアーティスト活動をスタートさせた米ニューヨーク出身の孤高のシンガー・ソングライター、ドン・マクリーンの活動50周年を記念して、代表作『アメリカン・パイ』をはじめとするUniteed Artists時代のスタジオ&ライヴ盤全6タイトルを一挙初紙ジャケ化!

【ドン・マクリーン】
1945年米ニューヨーク州ニューロッシェル出身。1970年に当時United Artists傘下のMediartsからデビュー・アルバム『タペストリィー』を発表。続く1971年の2ndアルバム『アメリカン・パイ』のタイトル曲が全米4週連続1位/全英3週連続2位、2ndシングル「ヴィンセント」も全米12位/全英1位の大ヒットを記録。アルバムも全米1位/全英3位に昇りつめ、ワールドワイドな人気を確立した。1972年以降もUnited Artistsからスタジオ・アルバム『ドレイデル/ドン・マクリーンの世界』('72)、『プレーイン・フェイヴォリッツ』('73)、『ホームレス・ブラザー』('74)とライヴ・アルバム『ソロ』('76)を発表。

曲目

CD

1

冬を逃れて

2

恋のラ・ラ・ラ・ラ

3

ホームレス・ブラザー

4

サンシャイン・ライフ

5

マックルーの伝説

6

ワンダフル・ベイビー

7

やさしい人生

8

グレート・ビッグ・マン

9

君に首ったけ

10

涙のチャペル

11

そこに人が居れば

別バージョン

CD

タペストリィー [SHM-CD]

  • 発売日

    2019.04.24

  • 価 格

    ¥2,934 (税込)

  • 品 番

    UICY-78927

CD

アメリカン・パイ [SHM-CD]

  • 発売日

    2019.04.24

  • 価 格

    ¥2,934 (税込)

  • 品 番

    UICY-78928

CD

ドレイデル/ドン・マクリーンの世界 [SHM-CD]

  • 発売日

    2019.04.24

  • 価 格

    ¥2,934 (税込)

  • 品 番

    UICY-78929

CD

プレーイン・フェイヴォリッツ [SHM-CD]

  • 発売日

    2019.04.24

  • 価 格

    ¥2,934 (税込)

  • 品 番

    UICY-78930

CD

ソロ [SHM-CD]

  • 発売日

    2019.04.24

  • 価 格

    ¥3,981 (税込)

  • 品 番

    UICY-78932/3

発売日
2019-04-24
価 格
¥2,934 (税込)
品 番
UICY-78931

BUY NOW

BUY NOW

BUY NOW

在庫情報は購入先にてご確認ください。

  • http://www.riaj.or.jp/
  • http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?vs=2437167&vp=884334991&va=2669415&vc_url=http%3A%2F%2Frecochoku.jp%2F%3Faffiliate%3D4299010636
  • http://www.universal-music.co.jp/faq/legal/
  • http://www.stopillegaldownload.jp/
  • http://promic.tv/
  • http://www.riaj.or.jp/lmark/