CD

Classic for Mindfulness 〜人生を変える心のエクササイズ〜

ヴァリアス・アーティスト Various Artists

フォーマットCD
組み枚数1
レーベルUniversal Music
発売元ユニバーサル ミュージック合同会社
発売国日本

商品紹介

ストレス・フリーな生活へと導く究極の音楽

ストレス社会に立ち向かう現代で、マインドフルネスは今の時代に必要なスキル。

今作は、フジテレビアナウンサーとして約32年間、ニュース・情報番組のキャスター・リポーターを務め、その後10年余り瞑想を実践、現在は「生活の中で使える瞑想」など様々なプログラムを展開、瞑想指導を行うNORIKO(松尾紀子)が‟人生を変える心のエクササイズ“をテーマに監修したコンピレーションCD。

‟今“ に集中する感覚を研ぎ澄ませ、悩みや厄介事を手放し、ストレス・フリーな生活へとあなたを導く究極のクラシック音楽を収録しました。

また、胸の奥に意識を向け、より深い安らぎ空間を感じていただけるように、アルバムの冒頭とエンディングにはピアノの音色にのせたNORIKOの瞑想誘導も収録。
心も体もリラックスな状態に導かれ、いきいきとした活力がみなぎる感覚を感じることができるでしょう。



【アルバム監修】

NORIKO (松尾紀子) プロフィール
声の瞑想指導者

フジテレビアナウンサーとして32年あまり、主にニュースや情報番組のキャスター・レポーターとして活動する。80年代後半の危険だった頃のニューヨークに赴任し、現地の日本語放送のキャスターや特派員業務を行う。性別、年齢、人種に関わらず、自分の道を精力的に歩むニューヨーカーの姿から「人はそれぞれ自らの心が感じる道を生きて良いこと」を心底感じとる。帰国後、結婚・出産しアナウンサーとして現場復帰するも、ハードな放送現場と子育てとのやりくりで心身共に疲弊してしまう。その時出会ったのが瞑想であった。日々の瞑想実践により心と体の調和を取り戻すことができた経験から、指導者の下で10年間瞑想を学んだ後、自らも周囲の人々に教え始める。また、ラッセルマインドフルネス社が手がけるメディテーションポッドや瞑想アプリの誘導の声を担当。声の瞑想指導者・NORIKOとしての活動も展開している。「世界で何が起こっても自分の本質に立ち戻り、日常をきっちりと生きていくこと。それを可能にしてくれるのが瞑想である」という考えから、生活の中で実践できるマインドフルネス瞑想を一人でも多くの人に伝えることをライフワークとしている。

曲目

CD

1. アイ・ロート・ユー・ア・ソング(チャド・ローソン)/NORIKO(瞑想誘導)、チャド・ローソン(ピアノ)

2. 夢 L.68(ドビュッシー)/ メナヘム・プレスラー(ピアノ)

3. 3つの間奏曲 作品117 第1番 変ホ長調(ブラームス)/ラドゥ・ルプー(ピアノ)

4. 組曲《鏡》 M.43 第5曲:鐘の谷(ラヴェル)/ジャン=イヴ・ティボーデ(ピアノ)

5. クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581 第2楽章(モーツァルト)/デイヴィッド・シフリン(クラリネット)、エマーソン弦楽四重奏団

6. 6つのアンコール 第3曲:水のピアノ(ベリオ)/エレーヌ・グリモー(ピアノ)

7. 組曲《惑星》作品32 第2曲:金星-平和をもたらすもの(ホルスト)/フィルハーモニア管弦楽団、指揮:ジョン・エリオット・ガーディナー

8. 私に残された幸せは[マリエッタの歌]~歌劇《死の都》(コルンゴルト)/ジャン=イヴ・ティボーデ(ピアノ)

9. 劇音楽《真夏の夜の夢》作品61 第7番:夜想曲(メンデルスゾーン)/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、アンドレ・プレヴィン指揮

10. 子供の情景 作品15 第13曲:詩人は語る(シューマン)/ラン・ラン(ピアノ)

11. イン・ザ・ウェイティング(チャド・ローソン)/NORIKO(瞑想誘導)、チャド・ローソン(ピアノ)

発売日
2020-09-30

価 格
¥2,750 (税込)
品 番
UCCS-1290

BUY NOW

BUY NOW

BUY NOW

在庫情報は購入先にてご確認ください。

  • http://www.riaj.or.jp/
  • http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?vs=2437167&vp=884334991&va=2669415&vc_url=http%3A%2F%2Frecochoku.jp%2F%3Faffiliate%3D4299010636
  • http://www.universal-music.co.jp/faq/legal/
  • http://www.stopillegaldownload.jp/
  • http://promic.tv/
  • http://www.riaj.or.jp/lmark/