CD

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番~第3番 [SHM-CD]

ヘンリク・シェリング Henryk Szeryng

フォーマットCD
組み枚数1
レーベルドイツ・グラモフォン
発売元ユニバーサルミュージック合同会社
発売国日本
録音年1967年7月
録音場所スイス、ヴヴェイ
演奏者ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)

商品紹介

【ドイツ・グラモフォン ベスト100 premium】

様々な舞曲を自由に配列した組曲のスタイルによって、伴奏を持たない1挺のヴァイオリンだけを用いながら多声的で雄大なスケールで綴られたバッハのパルティータ。シェリングの厳しい造型と高潔な表現によって、バッハの音楽の豊かで深遠な内容をあますところなく再現したこのアルバムは、名盤として広く知られています。
■第6回(1968年度)レコード・アカデミー大賞 受賞盤

内容

ドイツ・グラモフォン ベスト100 premium
[全100タイトル/高音質SHM-CD仕様/HRカッティング/ルビジウム・クロック・カッティング/2016年9月7日発売]

2018年に創設120年を迎える世界最古のクラシック・レーベル、名門ドイツ・グラモフォンの至宝がこの100枚に凝縮
― 輝かしい名盤を結集させた史上最高のベスト100が誕生。すべての音楽ファンに聴いてほしいプレミアムな100枚。

●クラシックならドイツ・グラモフォン!クラシックの数ある名曲を100タイトルセレクトした「ベスト100」が全面リニューアル。最強のベスト100、最高のベスト100に極まる ― プレミアムな“ベスト100”、誕生。
●至宝中の至宝をセレクト:カラヤン、アバド、小澤征爾、アルゲリッチ、ポリーニ、ツィメルマン、ムター、ドゥダメル、ネトレプコ、往年の巨匠から現代を代表するスターが勢ぞろい
●バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、ブラームス、マーラー……クラシックのマスターピースを網羅
●こだわりの音質1:現在最良のマスターを使用。(アナログ音源はオリジナル・マスターからDSD変換、さらにPCM176.4kHz/24bitマスターからHRカッティング(*)、デジタル音源はルビジウム・クロック・カッティング)
●こだわりの音質2:更に高音質SHM-CD。レーベル面カラーは、散乱光を吸収し音質向上に効果のあるグリーン・カラーを採用。
【* HRカッティング】 ハイビット・ハイサンプリング(176.4lHz/24bit) でダイレクトにカッティングするのが、HR(High Resolution) カッティングです。(株式会社JVCケンウッド・クリエイティブメディアが開発)
 →「ドイツ・グラモフォン ベスト100 premium」ストア

曲目

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第1番 ロ短調 BWV1002

1

第1楽章: Allemanda

2

第1楽章: Double

3

第2楽章: Corrente

4

第2楽章: Double

5

第3楽章: Sarabande

6

第3楽章: Double

7

第4楽章: Bouree

8

第4楽章: Double

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004

9

第1楽章: Allemanda

10

第2楽章: Corrente

11

第3楽章: Sarabande

12

第4楽章: Giga

13

第5楽章: Ciaccona

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006

14

第1楽章: Preludio

15

第2楽章: Loure

16

第3楽章: Gavotte en rondeau

17

第4楽章: Menuet Ⅰ-Ⅱ

18

第5楽章: Bouree

19

第6楽章: Gigue

発売日
2016-09-07
価 格
¥1,870 (税込)
品 番
UCCG-51082

BUY NOW

BUY NOW

BUY NOW

在庫情報は購入先にてご確認ください。

  • http://www.riaj.or.jp/
  • http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?vs=2437167&vp=884334991&va=2669415&vc_url=http%3A%2F%2Frecochoku.jp%2F%3Faffiliate%3D4299010636
  • http://www.universal-music.co.jp/faq/legal/
  • http://www.stopillegaldownload.jp/
  • http://promic.tv/
  • http://www.riaj.or.jp/lmark/