CD

木川博史デビュー

木川博史 Hiroshi Kigawa

フォーマットCD
組み枚数1
レーベルMolt fine
発売元ユニバーサル ミュージック合同会社
発売国日本
録音年2018年5月16-18日
録音場所三鷹市芸術文化センター 風のホール
演奏者木川博史(ホルン)、松岡美絵(ピアノ)

商品紹介

響きの広がりが胸を打つ!

ホルンのオリジナル作品をひたむきに探究

 木川博史(Hiroshi Kigawa)は、東京音楽大学卒業後、ベルリン芸術大学に学び、第20回日本管打楽器コンクールホルン部門1位及び大賞受賞、第39回マルクノイキルヒェン国際コンクールにおいてディプロマを受賞。日本センチュリー交響楽団を経て、2015年9月よりNHK交響楽団の団員として活躍する、新進気鋭のホルン奏者である。
 このCDには、ホルンのオリジナル作品をひたむきに探究してきた成果が集約されている。
 1曲目の「3つの小品」を作曲したクロル(Bernhard Krol)は、シュターツカペレ・ベルリンやシュトゥットガルト放送交響楽団のホルン奏者として活躍し、作曲家としては教会音楽から霊感を受けた室内楽曲や協奏曲などを書いている。中でもグレゴリオ聖歌の調べに基づく無伴奏曲「ラウダーツィオ」(1960年代半ばの作品)がホルン奏者の間では知られているが、この作品はおそらく初CD化となる秘曲でり、木川の音楽に正面から真摯に向きあう姿勢にまさにピッタリの曲である。

シューマン(Robert Schumann)のアダージョとアレグロはチェリストや、ヴァイオリニストも取り上げるが、オリジナルはホルンとピアノだ。シューマンのこの作品はホルンにとって技術的にも難しいが、とりわけ音楽的な静寂をピアノと一緒に表現している点が特筆される。
 ウィーンに生れ、フランツ・シュミットらに学んだピルス(Karl Pilss)は、長らくウィーン国立歌劇場の合唱副監督やコレペティトア(ヴォーカル・コーチ)として活躍。作曲家のほか画家としての顔ももっていた。1969年にウィーンのドブリンガーから楽譜が刊行された「ソナタの形式による3つの小品」は、師シュミット譲りに構えの大きな交響的ソナタとも言うべき作品で、近年、木川のほか、オーストリア、オランダのトップアーティストが好んで演奏している。
 ピアニストの松岡美絵とは日本管打楽器コンクール以来共演を重ねている。

曲目

[C D]

クロル:3つの小品 作品72

1

1. 即興曲

2

2. 哀しい歌

3

3. 速い行進曲

シューマン:

4

アダージョとアレグロ 作品70

ピルス:ソナタの形式による3つの小品

5

1. シンフォニア

6

2. 間奏曲

7

3. 狩りのロンド

発売日
2019-02-16
価 格
オープン・プライス
品 番
MF-29401

BUY NOW

BUY NOW

BUY NOW

在庫情報は購入先にてご確認ください。

  • http://www.riaj.or.jp/
  • http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?vs=2437167&vp=884334991&va=2669415&vc_url=http%3A%2F%2Frecochoku.jp%2F%3Faffiliate%3D4299010636
  • http://www.universal-music.co.jp/faq/legal/
  • http://www.stopillegaldownload.jp/
  • http://promic.tv/
  • http://www.riaj.or.jp/lmark/