CD

未来派と初期イタリア前衛音楽 [直輸入盤]

シュテッフェン・シュライエルマッハー Steffen Schleiermacher

フォーマットCD
組み枚数1
レーベルMD+G
発売元ユニバーサル ミュージック合同会社
発売国ドイツ
演奏者シュテッフェン・シュライエルマッハー(ピアノ)

商品紹介

20世紀初めイタリアで起こった前衛芸術運動。その音楽を辿る旅

未来派の芸術家たちは第一次世界大戦前、イタリアで自らのメッセージを大々的に宣言しました。それは戦争賛美、アナーキズム、女性蔑視、伝統批判など過激な内容の「宣言」でした。けれどもシュテッフェン・シュライエルマッハーは、そうした作曲家たちの作品の中にも比類無い作品があることを発見します。このアルバムはフランチェスコ・バリッラ・プラテッラの“戦争”で始まります。この曲は未来派に属しますが、次のジャン・フランチェスコ・マリピエロの《秋のプレリュード》では、戦争や破壊というよりもドビュッシーやラヴェルを聴くような秋のメランコリーが感じられます。アルベルト・サヴィニオは今日では詩人あるいは画家として有名ですが、《半死の歌》は風刺と娯楽のコラージュ作品となっています。アルフレード・カゼッラの《La note alta》はこのCDで最も大きな作品です。そしてシルヴィオ・ミックスの3つの短い曲で、シュテッフェン・シュライエルマッハーのイタリア前衛音楽の旅が終わります。

曲目

[C D]

フランチェスコ・バリッラ・プラテッラ:《戦争》作品32(1913)

1

戦い

ジャン・フランチェスコ・マリピエロ:秋のプレリュード(1914)

2

1. Lento, ma carezzevole

3

2. Ritenuto, ma spigliato

4

3. Lento, triste

5

4. Veloce

アルベルト・サヴィニオ:半死の歌(1914)

6

1. Scène: I'homme chauve et l'homme jaune

7

2. L'exécution du général

8

3. Daisyssina

9

4. Les anges tués

10

5. Le roi affolé - Le Phare

11

6. Danses

アルフレード・カゼッラ:

12

La notte alta (Musikalische Poeme für Klavier)(1917)

シルヴィオ・ミックス:Stati d'animo

13

Prélude I: Assai calmo(1923)

14

Prélude II: Molto largo e drammatico(1923)

シルヴィオ・ミックス:

15

Profilo sintetico musicale di F.T. Marinetti(1924)

発売日
2019-02-26
価 格
オープン・プライス
品 番
613-21122

BUY NOW

BUY NOW

BUY NOW

在庫情報は購入先にてご確認ください。

  • http://www.riaj.or.jp/
  • http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?vs=2437167&vp=884334991&va=2669415&vc_url=http%3A%2F%2Frecochoku.jp%2F%3Faffiliate%3D4299010636
  • http://www.universal-music.co.jp/faq/legal/
  • http://www.stopillegaldownload.jp/
  • http://promic.tv/
  • http://www.riaj.or.jp/lmark/