CD

ニュー・フォー・シーズンズ ヴィヴァルディ・リコンポーズド [直輸入盤]

マックス・リヒター Max Richter

フォーマットCD
組み枚数1
レーベルDeutsche Grammophon
発売元ユニバーサル ミュージック合同会社
発売国ドイツ
録音年2021年11月29、30日
演奏者エレナ・ウリオステ(ヴァイオリン独奏)、マックス・リヒター(モーグ・シンセサイザー)
楽団チネケ!オーケストラ

商品紹介

革新的ベスト・セラー作品の新録音!

ポスト・クラシカルの旗手、マックス・リヒターのドイツ・グラモフォン・デビュー・アルバム《リコンポーズド・バイ・マックス・リヒター~ヴィヴァルディ:四季》(邦題《25%のヴィヴァルディ Recomposed By マックス・リヒター》)10周年記念再録音。オリジナル・アルバムはリヒターの作品中で最も成功したフィジカル作品で、トップ3作品(スリープ、ブルーノートブック、リコンポーズド~)となっているジャンルの定義を変えた作品。
《リコンポーズド・バイ・マックス・リヒター~ヴィヴァルディ:四季》は、この10年間で世界中で190回以上も実演され、日本でも2016年のラ・フォルジュルネ音楽祭で庄司紗矢香が初演し、大きな反響を呼んだ。録音もフェネラ・ハンフリーズやフランシスコ・フラナによる全曲録音や、アンジェル・デュボーによる部分録音など、レパートリーとして定着してきている。
今回の新録音は、ピリオド楽器(ガット弦とバロック弓)と70年代初期モーグ・シンセサイザー(第一世代のヴィンテージ・シンセサイザー)を使用したこだわりのサウンド。リヒターはこの違いについて「なめらかなピーナッツバターと、粒々の入ったピーナッツバターの違い」と語っている。エッジの効いた質感の違いが魅力となっている。
ヨーロッパ初の黒人と少数民族によるオーケストラとして、クラシック音楽の変革と多様性を体現している「チネケ!オーケストラ」とアメリカの若手ヴァイオリニスト、エレナ・ウリオステによるフレッシュな演奏。

曲目

[C D]

Recomposed By Max Richter: Vivaldi, The Four Seasons

1

Spring 0 (2022)

2

Spring 1 (2022)

3

Spring 2 (2022)

4

Spring 3 (2022)

5

Summer 1 (2022)

6

Summer 2 (2022)

7

Summer 3 (2022)

8

Autumn 1 (2022)

9

Autumn 2 (2022)

10

Autumn 3 (2022)

11

Winter 1 (2022)

12

Winter 2 (2022)

13

Winter 3 (2022)

発売日
2022-06-10
価 格
オープン・プライス
品 番
486-2769

BUY NOW

BUY NOW

BUY NOW

在庫情報は購入先にてご確認ください。