アルバム『アメンズ』4月10日発売!新曲「シックネス」MVも公開!

2020.02.07 TOPICS

リンキン・パークのヴォーカル、チェスター・ベニントンが90年代に地元フェニックスで組んでいたバンド、グレイ・デイズが、4月10日に待望のアルバム『アメンズ』を世界同時リリースすることを発表。
収録曲の「シックネス」を先行配信し、そのミュージック・ビデオも公開された。

Grey Daze – Sickness (Official Music Video)


 

楽曲「シックネス」はもともと1997年に書かれたもので、当時のチェスターがどうにか理解しようとしていた喪失感や失望が描かれている。チェスターは当時助けを求めていた。自暴自棄になっている彼の叫び。この楽曲にはどこまでも伸び続けるクライマックスがあり、バンドが最初から最後までサポート、詞はチェスターと親友でありドラムスを担当するショーン・ダウデルによる共作。

ショーンは、このミュージック・ビデオに関して以下のように語っている。
「このビデオは、チェスターが15歳の頃の実話に大まかには基づいているんだ。彼は学校でいじめられていて、ある日実際に暴行も受けてしまった。僕は2歳年上だったので、友だちを集めて翌日公園に行き、その子を懲らしめてやった。その日から僕はチェスターを守る役目を担い、それ以来彼が亡くなった現在も兄のようになったんだと思う。」

4月10日に世界同時リリースとなるアルバム『アメンズ』は、2017年にチェスターがグレイ・デイズ再結成し、当時バンドに足りていなかったリソースなどをメンバーと共に再構築、再録音すると発表したところから始まった。すでにリハーサルをメンバーは始めており、チェスターもリンキン・パークのツアーが終わったらスタジオに入る予定だったが、同年7月20日にチェスターが急逝。
一旦は皆途方に暮れたものの、残ったメンバーのショーン・ダウデル(ds)、メイス・ベイヤーズ(b)、クリスティン・デイヴィス(g)、そしてチェスターの両親と未亡人のタリンダが、ロマ・ヴィスタ・レコーディングスの創設者でありリンキン・パークが在籍するワーナー・ブラザーズ・レコードの元会長トム・ワーリーの支援を受けてプロジェクトを実現することを使命とした。ショーン、メイス、クリスティンの3人で90年代半ばのバンドのトラックからまず選曲、90年代のオリジナルのチェスターのヴォーカルにリマスターを施し、2019年にそのヴォーカルをメインにしつつ新たにサウンドをレコーディング。ジェイ・バウムガードナーがプロデュースをし、KORNのブライアン”ヘッド“ウェルチ、ジェームス”マンキー”シャファー、ペイジ・ハミルトン(ヘルメット)、クリス・トレイナー(ブッシュ、ヘルメット、オレンジ9MM)、シンガー・ソングライターのLPなどもレコーディングに参加している。

今週、ショーンとタリンダ・ベニントンはローリング・ストーンに本プロジェクトがどのように実現に至り、世界中のファンと本作品を共有できる感動について話している。
「彼がグレイ・デイズをもう一度やりたかったのは音楽が素晴らしかったから。彼は昔からこのバンドの音楽が好きだったし、この音楽を自分で作ることができたことに興奮していたの。彼が多くの経験と成功を得た後に、このバンドをまたできることにとてもワクワクしていた。いま彼の声が聞こえる。「イェー、最高だ!」って」

本作品は、チェスターと親密だった周りの人たちの輪だけでなく、チェスターの声をもう一度聴くのを待っている何百万人のファンにとっても10代の頃からのチェスターのメッセージが現代のサウンドで蘇る重要な作品だ。

<商品情報>

『アメンズ』

2020/4/10リリース

UCCO-8035 [初回限定盤SHM-CD+DVD]  ※DVD内容未定
UCCO-1220 [通常盤CD]