生誕100年記念リリースの大本命!未発表音源が詰まった『バード・イン・LA』が2枚組でリリース決定!

2021.04.23 TOPICS

昨年、生誕100年を迎えたモダン・ジャズ創生者の一人/伝説のサックス奏者 チャーリー・パーカー。

主に活動した生誕の地カンザスシティ、逝去したニューヨーク、そして短い人生の中で4度訪れたロサンゼルスでの3度のツアーの間に録音された未発表音源、レア音源をまとめた“生誕100周年イヤー”最注目作品『バード・イン・LA』が7月21日にリリースされることが決定!
 
1945年に伝説のクラブ、ビリー・バーグズ・サパー・クラブでディジー・ガレスピーと共演した「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」や「52丁目のテーマ」などが収録。また、1948年にシュライン・オーディトリアムで開催された〈ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック※〉での、これまで知られていなかった3トラックも収録。さらに、最も注目すべきは、1952年7月にアルタデナの牧場でアーティスト、ジレイヤ・ゾーシアンが開いた悪名高い「裸のパーティー」(Naked Party)の全録音が収録されていること。録音エンジニアのダグ・ベンソンがこれらの録音を可能な限り忠実に復元したという。
 
プロデューサーのジョン・バートンによるこの録音が行われた状況についての広範なエッセイと、バードのロサンゼルスでのレアな写真が掲載されたブックレットも読みごたえ十分。2CDと2LPは、世界的にはレコード・ストア・デイ商品としてRSDショップ限定リリースとなるが、日本ではUHQCD2枚組で全国のCDショップで販売される。

 

チャーリー・パーカー『バード・イン・LA』
Charlie Parker / Bird in LA

2021年7月21日(金)日本盤リリース
(輸入盤:7月17日 RSDリリース)
UCCV-45001/2 2UHQCD ¥3,960(TAX IN)

UNIVERSAL MUSIC STORE>>

【収録曲】
CD1
01.イントロ~アイ・ウェイテッド・フォー・ユー~ハウ・ハイ・ザ・ムーン
Intro over I Waited for You into How High the Moon (incomplete)
02.イントロ・ダイアログ~ハンサム・ハリー・ザ・ヒップスター
Intro dialogue with Gibson into Handsome Harry the Hipster (incomplete) (no Parker)
03.セメント・ミキサー~イントロ~ブルース
Cement Mixer (fragment) into intro into Blues (fragment)
04.ディジー・アトモスフィア
Dizzy Atmosphere (fragment) (no Parker improvisation)
05.52丁目のテーマ~終演アナウンス
Fifty-Second Street Theme into closing announcement
06.グルーヴィン・ハイ~アナウンス
Groovin’ High into announcement
07.イントロ・ダイアログ~ショウ・ナフ~アナウンス
Intro dialogue with Gillespie into Shaw ‘Nuff into announcement
08.イントロ・ダイアログ~ディジー・アトモスフィア~アナウンス
Intro dialogue with Gillespie into Dizzy Atmosphere into announcement
09.イントロ・ダイアログ~ソルト・ピーナッツ
Intro dialogue between Vallee and Gibson into Salt Peanuts
10.ビリーズ・バウンス
Billie’s Bounce
11.オーニソロジー
Ornithology
12.オール・ザ・シング・ユー・アー
All the Things You Are
13.ブルーン・ブギー
Blue ‘n’ Boogie
14.アンスロポロジー~アナウンス
Anthropology into announcement
15.イントロ・ディスカッション~チェロキー~アナウンス
Intro discussion into Cherokee into announcement
16.オーニソロジー
Ornithology
17.ディジー・アトモスフィア
Dizzy Atmosphere
18.アウト・オブ・ノーホエア
Out of Nowhere

CD2
01.スクラップル・フロム・ジ・アップル
Scrapple from the Apple (incomplete)
02.オー・プリヴァーヴ~ダンス・オブ・ジ・インフィデルズ
Au Privave / Dance of the Infidels
03.チュニジアの夜
Night in Tunisia
04.ハウ・ハイ・ザ・ムーン~オーニソロジー
How High the Moon / Ornithology
05.パーティー・チャット~エンブレイサブル・ユー
Party Chatter into Embraceable You
06.ホット・ハウス
Hot House
07.クール・ブルース
Cool Blues
08.マーチ・ヌードリング
March Noodling/Dixie
09.スクラップル・フロム・ジ・アップル
Scrapple from the Apple
10.オー・プリヴァーヴ
Au Privave

 
※Jazz at the Philharmonicは1944年、のちにVerveレコードの創設者となったノーマン・グランツがスタートさせたジャズの一大興行