ザ・タイガース

ザ・タイガース

復活公演に先がけ、オリジナル・アルバムなど7作品が最新デジタルリマスタリングSHM-CD仕様で新登場!

2013.05.30 TOPICS

Taigers

結成当時のオリジナル・メンバー5人が44年ぶりに再集結、今年12月に東京ドーム、京セラドーム大阪、日本武道館ほか全8公演となる復活公演を行うことを発表した伝説のバンド、ザ・タイガース。
復活公演に先がけ、今週29日に当時のオリジナル・アルバム、ライヴ・アルバムなど全7作品が、2013年最新リマスタリングを施され高音質SHM-CDにて新装発売されました。
今回登場したのは以下の7作品。

UPCY-6698 『THE TIGERS ON STAGE』(オリジナル発売:1967年11月5日)
サンケイ・ホールでの初のワンマン・コンサートの模様を収録したライヴ盤

UPCY-6699 『世界はボクらを待っている』(オリジナル発売:1968年4月20日)
タイトル同名映画のサウンドトラックとして発売された2ndアルバム。シングル5枚のAB面を中心に構成。

UPCY-6700 『ヒューマン・ルネッサンス』(オリジナル発売:1968年11月25日) 
1曲目の「光ある世界」をはじめ名曲が並ぶ3rdアルバム。

UPCY-6701 『THE TIGERS AGAIN』(オリジナル発売:1970年9月15日)
4枚目のアルバム。ジャケットも内容も秀逸な1枚。

UPCY-6702 『自由と憧れと友情』(オリジナル発売:1970年12月15日) 
5枚目のアルバム。最後となったスタジオ・オリジナル・アルバム。フォーク・ロック・テイストも感じられるサウンド。

UPCY-6703/4 『ザ・タイガース・サウンズ・イン・コロシアム』(オリジナル発売:1971年2月20日)
GSからニューロックへのバンドの姿がわかるライヴ・アルバム!ストーンズやビージーズ、CCRといったカヴァーも独特のグルーヴで聴かせています。

UPCY-6705 『ザ・タイガース・フィナーレ』(オリジナル発売:1971年7月10日)
1971年1月24日に日本武道館で行われたタイガース・ビューティフル・コンサート(解散コンサート)の模様を収録したライヴ盤。彼らの代表曲が楽しめます。

今でも色あせないタイガースの珠玉の名曲が、そしてライヴ・アルバムに収められた当時の熱狂が、高音質でよみがえります。