NEWS

TOPICS

キース・リチャーズ、実に23年ぶりのソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』 9月18日に全世界同時発売!!

キース・リチャーズ待望のソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』の発売が決定いたしました!

海外プレス・リリース訳を掲載いたします。
http://www.keithrichards.com/news/keith-richards-releases-crosseyed-heart-117291


キース・リチャーズは、実に23年ぶりの通算3作目にあたる待望のソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』をヴァージンEMIから918日に全世界で発売する(日本発売も9/18予定)。

『クロスアイド・ハート』には全15曲収録され、20世紀で最も称賛されているアーティストの1人であるキース・リチャーズの全てを網羅している。そしてレゲエ、ロック、カントリー、ブルースなど、五つ星の音楽の旅へと連れていってくれる。

『クロスアイド・ハート』からのファースト・シングル「トラブル」は、717日に解禁となり、張りつめたギター・ベースの楽曲で、キース・リチャーズがエレクトリックとアコースティック・ギター、ベース、リードとバック・ヴォーカルを担当している。旧友のスティーヴ・ジョーダンがドラムス、ワディ・ワクテルがギター、そしてバーナード・ファウラーがバック・ヴォーカルとして参加している。「トラブル」は、キースとスティーヴ・ジョーダンによる共作曲で、ふたりが共同プロデュースしている。

「このアルバムの制作、そしてまたスティーヴ・ジョーダンとワディ・ワクテルと一緒に仕事が出来て、とても楽しかった。何が出来上がるか、全く見当もなくスタジオに入るのは、本当に興奮するよ。もしトラブルを探しているのであれば、まさにここが最適な場所だよ」

キースは『クロスアイド・ハート』の楽曲のほとんどを1人、もしくはスティーヴ・ジョーダンと共作している。カントリー風の「ロブド・ブラインド」、レゲエ調の「ラヴ・オーヴァードゥー」、曲名通りの「ブルース・イン・ザ・モーニング」などがアルバムのハイライトである。また、多数のアーティストとコラボレーションしており、ソウルフルなバラードの「イリュージョン」ではノラ・ジョーンズと共作、デュエットしている。

キース・リチャーズは、アルバムでエレクトリックとアコースティック・ギター、ベース、ピアノ、ヴォーカルを担当している。さらに前作のソロ・アルバムにも参加したエクスペンシヴ・ワイノーズ(X-Pensive Winos)のギタリストであるワディ・ワクテル、キーボードのアイヴァン・ネヴィル、バック・ヴォーカルのサラ・ダッシュが今回のアルバムにも参加している。

スティーヴ・ジョーダンは、ドラムスとヴォーカルで参加している。他にスタックスのソングライターで、キーボード担当のスプーナー・オールダムが「ラヴァース・プリィ」、ペダル・スチール演奏者のラリー・キャンベルが「ロブド・ブラインド」、アーロン・ネヴィルがバック・ヴォーカルとして「ナッシング・オン・ミー」、そして親友のボビー・キーズが「アムネシア」と「ブルース・イン・ザ・モーニング」にサックスで参加している。

キースは、1988年に『トーク・イズ・チープ』、1992年に『メイン・オフェンダー』といったソロ・スタジオ・アルバムを2作、19881215日にライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・パラディアム』をリリースしている。

キース・リチャーズの実に23年ぶりとなる通算3枚目のソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』は、日本でも918日にリリースされる予定。

http://www.keithrichards.com/
Twitter & Instagram: @officialKeef
https://www.facebook.com/officialkeef 

 

NEWS一覧に戻る

 
 
 

DOWNLOAD