ポール・マッカートニー

<レポート>アウト・ゼアー ジャパン・ツアー、京セラドーム大阪でスタート!

2013.11.12 TOPICS

<ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー>
2013年11月11日 京セラドーム大阪 

ポール・マッカートニーの11 年ぶり4回目となる単独来日公演が、昨夜11月11日に京セラドーム大阪でスタート!

11月9日夕方に関西国際空港から日本入りしたポールは、翌10日には公演最終調整のために大阪近郊のコンサートホールでリハーサル。世界ツアーでは初演となる新作『NEW』の収録曲を中心にリハーサルを行い、万全の体勢で公演初日に臨んだ。

追加公演となった初日の京セラドーム大阪には、3万6千人のファンが詰めかけた。
ポールは開演予定時刻より10分ほど遅れた午後7時10分にステージに登場。ザ・ビートルズの「エイト・デイズ・ア・ウィーク」で幕開け。最初のMCでは、「マイド、オーサカ! タダイマ!」「オーキニ! 」「コンバン、ニホンゴ、ガンバリマス。デモ、エイゴノホウガ、トクイデス」など、ユーモアあふれる日本語MCを披露し、観客から喝采を浴びた。10月に発売され日本国内でも10万枚の大ヒットとなっている新作『NEW』からも、「セイヴ・アス」「NEW」「クイーニー・アイ」「エヴリバディ・アウト・ゼアー」の4曲を演奏。
全37曲中23曲がザ・ビートルズ楽曲という夢のようなセットリスト。「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」「ブラックバード」「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」「イエスタデイ」など、録音当時のオリジナルのキーのまま歌われる名曲の数々に、観客の中には感激のあまり涙ぐむ姿も多数見られた。

2時間を超えるコンサートながら、全編にわたって年齢を感じさせないエネルギッシュでパワフルなパフォーマンスを繰り広げたポール。世界最高峰 “生きた音楽遺産”の歴史的公演に、満員の観客は鳴り止まない拍手と声援を送った。

なお、今回のジャパン・ツアーは今年5月にブラジルでキックオフとなったワールド・ツアー「OUT THERE! TOUR」の一環で、「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」と題されたもの。これまでに6カ国26公演が行われ、100万人以上の動員を記録。今回のジャパン・ツアーでは全国3ヶ所計6公演が行われ、約25万人の動員を予定している。

セットリスト
1. エイト・デイズ・ア・ウィーク(*ビートルズ)
2. セイヴ・アス(*新作『NEW』)
3. オール・マイ・ラヴィング(*ビートルズ)
4. あの娘におせっかい(*ウイングス)
5. レット・ミー・ロール・イット(*ウイングス)
6. ペイパーバック・ライター(*ビートルズ)
7. マイ・ヴァレンタイン(*ソロ)
8. 1985年(*ウイングス)
9. ロング・アンド・ワインディング・ロード(*ビートルズ)
10. 恋することのもどかしさ(*ソロ)
11. 夢の人(*ビートルズ)
12. 恋を抱きしめよう(*ビートルズ)
13. アナザー・デイ(*ソロ)
14. アンド・アイ・ラヴ・ハー(*ビートルズ)
15. ブラックバード(*ビートルズ)
16. ヒア・トゥデイ(*ソロ)
17. NEW(*新作『NEW』)
18. クイーニー・アイ(*新作『NEW』 )
19. レディ・マドンナ(*ビートルズ)
20. オール・トゥゲザー・ナウ(*ビートルズ)
21. ラヴリー・リタ(*ビートルズ)
22. エヴリバディ・アウト・ゼアー(*新作『NEW』)
23. エリナー・リグビー(*ビートルズ)
24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(*ビートルズ)
25. サムシング(*ビートルズ)
26. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(*ビートルズ)
27. バンド・オン・ザ・ラン(*ウイングス)
28. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(*ビートルズ)
29. レット・イット・ビー(*ビートルズ)
30. 007死ぬのは奴らだ(*ウイングス)
31. ヘイ・ジュード(*ビートルズ)

32.デイ・トリッパー(*ビートルズ)
33.ハイ・ハイ・ハイ(*ウイングス)
34.ゲット・バック(*ビートルズ)

35.イエスタデイ(*ビートルズ)
36.ヘルター・スケルター(*ビートルズ)
37.ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(*ビートルズ)