NEWS

TOPICS

カニエ・ウェスト feat. ポール・マッカートニー「オンリー・ワン」 iTunesで配信中!

カニエ・ウェスト feat. ポール・マッカートニー「オンリー・ワン」 iTunesで配信中!

Tribute

涙なくしては聴けない 
“オンリー・ワン”に隠された想い 
亡き母からカニエ、そしてカニエの愛娘に向けられたメッセージ

―誰も予期しなかった歴史に残るビッグコラボが実現―

カニエ待望の7thアルバムからのファースト・シングル、および今後リリースが予定されているカニエ×ポールによるコラボレーションのファースト・トラックとして公開された。

2014年初頭、ポールとカニエはロサンゼルスの小さなバンガローで制作を始める。
「オンリー・ワン」の制作は、ポールのキーボード即興演奏とカニエの即興ヴォーカルによる、簡単なセッションから始まった。

後に彼らがそのセッションを聴き返したとき、カニエは愛娘ノースを膝に抱えて、自身の声が歌い始めるのを聴く――“Hello, my only one…”
その瞬間、カニエは自分がその言葉を発したことを覚えておらず、その言葉が自らが発したものでない事に気付いた。

アーティスティックな制作過程はしばしば思考とは裏腹に起こる心のチューニングのようなものである。
カニエは次の瞬間、この言葉が、彼の良き師であり、親友、エネルギーの源であった亡き母ドンダ・ウェストの言葉であると理解した。
カニエは「母が私に、また私を通して娘に歌っていた」と驚きながら話す。そしてその歌を聴き続けた。
“Hello my Only One…just like the morning sun…you’ll keep on rising till the sky knows your name.”
その後カニエは、母親から付けられた“カニエ”という名前は“オンリー・ワン”*を意味すると説明した。

周囲の人達は、音楽の力を通して未知なる力強い何かが起こったこと、メッセージが世代にわたって受け継がれたことに気付いた。
この理由から、ポジティブで希望と喜びに満ちた、新年の幕開けに相応しいシングル「オンリー・ワン」が、この革新的コラボの第一弾としてリリースされた。

あなたという存在、人生、2015年も「オンリー・ワン」。


カニエ待望の7thアルバムからのファースト・シングル、および今後リリースが予定されているカニエ×ポールによるコラボレーションのファースト・トラックとして公開された。

 

2014年初頭、ポールとカニエはロサンゼルスの小さなバンガローで制作を始める。

「オンリー・ワン」の制作は、ポールのキーボード即興演奏とカニエの即興ヴォーカルによる、簡単なセッションから始まった。

 

後に彼らがそのセッションを聴き返したとき、カニエは愛娘ノースを膝に抱えて、自身の声が歌い始めるのを聴く――“Hello, my only one…”

その瞬間、カニエは自分がその言葉を発したことを覚えておらず、その言葉が自らが発したものでない事に気付いた。

 

アーティスティックな制作過程はしばしば思考とは裏腹に起こる心のチューニングのようなものである。

カニエは次の瞬間、この言葉が、彼の良き師であり、親友、エネルギーの源であった亡き母ドンダ・ウェストの言葉であると理解した。

カニエは「母が私に、また私を通して娘に歌っていた」と驚きながら話す。そしてその歌を聴き続けた。

Hello my Only One…just like the morning sun…you’ll keep on rising till the sky knows your name.”

その後カニエは、母親から付けられた“カニエ”という名前は“オンリー・ワン”*を意味すると説明した。

 

周囲の人達は、音楽の力を通して未知なる力強い何かが起こったこと、メッセージが世代にわたって受け継がれたことに気付いた。

この理由から、ポジティブで希望と喜びに満ちた、新年の幕開けに相応しいシングル「オンリー・ワン」が、この革新的コラボの第一弾としてリリースされた。

 

あなたという存在、人生、2015年も「オンリー・ワン」。

NEWS一覧に戻る