NEWS

TOPICS

2007年のニュース

■米iTunesが発表した'07年の年間ダウンロード・アルバム・チャートで3位を獲得

 米iTunesが発表した'07年の年間ダウンロード・アルバム・チャートで、マルーン5の『イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング』が1位を達成しました。彼らは、同時発表された'07年の年間ダウンロード・トラック・チャートでも、「メイクス・ミー・ワンダー」で7位を獲得しています。マルーン5に続き、年間ダウンロード・アルバム・チャートの2位にはエイミー・ワインハウスの『バック・トゥ・ブラック』が、3位にはカニエ・ウェストの『グラデュエーション』がランクインしました。カニエは、年間ダウンロード・トラック・チャートでも、「ストロンガー」で6位を獲得しています。また、年間ダウンロード・トラック・チャートで1位に輝いたのは、ファーギーの「ビッグ・ガールズ・ドント・クライ(パーソナル)」。ファーギーは、「グラマラス」でも同チャートの5位を獲得しています。そして、ファーギーに続き、同チャートの2位にはグウェン・ステファニーの「スウィート・エスケイプ」がランクインしました。

2007.12.14更新


■米『第50回 2008 グラミー賞』のノミネーション発表

 アメリカで最も権威ある音楽賞『第50回 2008 グラミー賞』のノミネーションが発表され、カニエ・ウェストが最多8部門でノミネートされました。続いて、エイミー・ワインハウスが主要4部門すべてを含む6部門でノミネート。ジェイ・Zとティンバランドが各5部門、リアーナ、ファイスト、Ne-Yo、エイコンが各4部門にノミネートされています。他に、コモン、メアリー・J.ブライジ、ボン・ジョヴィ、マルーン5、キーシャ・コール、U2、50セント、NAS、ネリー・ファータド、ファーギー、MIKA、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、BECK、ビョーク、クリセット・ミッシェル、イーグルス、スティーブン・マーリー、インディア.アリー、グウェン・ステファニー、ソウルジャ・ボーイ、クリス・コーネル、スヌープ・ドッグ、ジョニー・キャッシュ、ザ・ドリーム、メタリカが各賞にノミネートされました。今回の対象となったのは、アメリカで'06年10月1日~'07年9月30日の間にリリースされた作品で、受賞者は、全米レコード芸術科学アカデミーに所属する音楽業界人の会員1万2000人の投票により選ばれます。授賞式は、'08年2月10日にロサンゼルスのStaples Centerで開催され、この模様は、CBSテレビを通じて全米に生中継される予定です。また、12月6日にロサンゼルスのMusic Box @Fonda Theaterで開催されたノミネーション発表セレモニーには、エイコンとファーギーが出席し、プレゼンターを務めました。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<カニエ・ウェスト>
Album Of The Year:『グラデュエーション』
Best Rap Solo Performance:「ストロンガー」
Best Rap Album:『グラデュエーション』
Best Rap/Sung Collaboration:「グッド・ライフ」(Featuring T-Pain)
Best Rap Song:「キャント・テル・ミー・ナッシング」<Songwriters:A. Davis & Kanye West>
Best Rap Song:「グッド・ライフ」<Songwriters:A. Davis, F. Najm & K. West (J. Ingram & Q. Jones)>
Best Rap Performance By A Duo Or Group:「Better Than I've Ever Been」(Kanye West, Nas & KRS-One)
Best Rap Performance By A Duo Or Group:「サウスサイド」(Common Featuring Kanye West)

2007.12.11更新


■英マンチェスター公演にジェイ・Zが飛び入り

 12月2日に開催されたカニエ・ウェストの英マンチェスター公演に、ジェイ・Zが飛び入りしました。Evening News Arenaで行なわれたコンサートの中盤、ジェイ・Zがステージに登場。2人は、ジェイ・Zのアルバム『ザ・ブラック・アルバム』に収録されていた「アンコール」を共演したそうです。この共演に、観客は大盛り上がりだったということです。ちなみにジェイ・Zは、この直後の4日、38歳のバースデイを、恋人のBeyonceと共にフランスのパリで過ごしたということです。

2007.12.07更新


■Michael Jacksonの『スリラー25周年記念盤』の制作に参加

 音楽史上最大セールスを誇るMichael Jacksonの名作アルバム『スリラー』の25周年を記念してリリースされるニュー・エディション『スリラー25周年記念盤』の制作に、カニエ・ウェスト、エイコン、ウィル・アイ・アムが参加したことが明らかになりました(全米リリースは来年2月12日予定)。このアルバムには、カニエ・ウェストがリミックスを手がけた「ビリー・ジーン」のほか、エイコンとウィル・アイ・アムのリミックスによる「スタート・サムシング」、そして、ウィル・アイ・アムのリミックスによる「ガール・イズ・マイン」と「P.Y.T.」が収録されるということです。

2007.12.05更新


■ヨーロッパから一時帰国し、母親の葬儀に参列

 11月10日に急逝したカニエ・ウェストの母、Dondaさんの葬儀が、彼女の故郷オクラホマ・シティで11月20日に行なわれました。True Vine Ministry Churchで行なわれた葬儀には、カニエがヨーロッパから一時帰国して駆けつけたほか、ジェイ・ZやBeyonceなどが参列。Anita BakerやJohn Legendなどが追悼パフォーマンスを行なったそうです。なお、葬儀を前にした18日、ベルギーのブリッセル公演の際にカニエは、母親について、「彼女(Donda)は何よりも、僕のショウを観に来るのが好きだったんだ。そして、どのファンよりも大きな声で叫んでいた。彼女は僕の最初のファンだったんだよ」とコメント。また、葬儀後の22日、ロンドン公演からヨーロッパ・ツアーを再開したカニエでしたが、この日もステージ上で泣き崩れてしまったということです。

2007.11.26更新


■涙のパリ公演でヨーロッパ・ツアーに復帰

 母親、Dondaさんの急逝から1週間後の11月17日にカニエ・ウェストが、パリのLe Zenithでコンサートを行ない、ヨーロッパ・ツアーに復帰しました。コンサートの終盤、母親に捧げた曲「ヘイ・ママ」を披露する際にカニエは、観客にこの曲を紹介しようとしましたが、「この曲は僕の母親に…」と言ったまま、その先を続けることができなかったそうです。バンドのメンバーなどが彼の側に駆けつけて慰めましたが、その後もカニエはバンドの演奏が続く中、スポットライトを浴びながら立ちつくして泣いていました。この様子に、会場内は静まりかえりましたが、しばらくすると観客は「カニエ! カニエ!」と叫び、全員が拍手を送って励ましたといいます。これを受けてカニエは再度「ヘイ・ママ」をスタートしましたが、結局歌いきることができずにステージを去り、10~15分後に再びステージに登場。「ストロンガー」でコンサートを終了しました。カニエは、この曲の中の一節、"I need you right now(今、お前達が必要なんだ)"を何度も繰り返し、観客もこれに応え、感動的なコンサートになったということです。

2007.11.21更新


■急逝した母親のDonda Westさんをジェイ・Zがステージ上で追悼

 11月11日にニューヨークのHammerstein Ballroomでコンサートを行なったジェイ・Zが、ステージ上で、急逝したカニエ・ウェストの母親、Donda Westさんを追悼しました。彼は、観客をうながして彼女に1分間の黙祷を捧げた後、「今日のショウは、家族を失ったカニエ・ウェストに捧げる。カニエには、気持ちを強く持ってほしいよ」とコメントしたそうです。

2007.11.14更新


■母親のDonda Westさんが11月10日にロサンゼルスの病院で急逝

 カニエ・ウェストの母親、Donda Westさんが、11月10日にロサンゼルスの病院で急逝しました(享年58歳)。彼女は、シカゴ州立大学に教員として勤めた後、カニエのマネージャーに就任。アメリカでは、息子について書いた書籍『Raising Kayne: Life Lessons From The Mother Of A Hip Hop Superstar』も出版していました。母親が他界した当日、カニエはロンドンに到着したばかりでしたが、知らせを受けてすぐに帰国。母親の死因については、手術の直後に死亡したと報道されていますが、現時点で詳細は正式に発表されていません。

2007.11.14更新


■米『J.A.M. Awards』のノミネーション発表

 '02年に射殺されたRUN D.M.C.の故Jam Master Jayの功績を称えるため新たに設立された賞『第1回 J.A.M. Awards』のノミネーションが発表され、カニエ・ウェストとネリーが音楽部門にノミネートされました。このアウォーズは、Jam Master Jayの名前の頭文字を取り、"Justice(正義)""Arts(芸術)""Music(音楽)"の3部門が設けられており、各分野の推進において、著しい功績を残したヒップホップ・アーティスト(及び関係者)が対象になっています。授賞式は11月29日にニューヨークのHammerstein Ballroomで開催されるそうで、当日はスヌープ・ドッグがパフォーマンスを披露する予定です。

2007.11.14更新


■米『People's Choice Awards』のノミネーション発表

 アメリカ国民の一般投票により選ばれる賞『第34回 People's Choice Awards』のノミネーションが発表され、ファーギー、マルーン5、グウェン・ステファニー、Ne-Yo、リアーナ、ティンバランド、カニエ・ウェスト、ザ・キラーズ、ポリスが音楽部門の各賞にノミネートされました。このアウォーズは、音楽以外に映画やテレビ界で活躍した人々を称えるためのもので、授賞式は来年1月8日にロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催される予定です。この模様は、米CBSテレビを通じて放映されるということです。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです(すべて音楽部門)。

<ファーギー>
Favorite Female Singer
Favorite Pop Song:「ビッグ・ガールズ・ドント・クライ(パーソナル)」
<マルーン5>
Favorite Group
Favorite Rock Song:「メイクス・ミー・ワンダー」
<グウェン・ステファニー>
Favorite Female Singer
<Ne-Yo>
Favorite R&B Song:「ビコーズ・オブ・ユー」
<リアーナ>
Favorite R&B Song:「シャット・アップ・アンド・ドライヴ」
<ティンバランド>
Favorite Hip-Hop Song:「ギヴ・イット・トゥ・ミー」(feat. ネリー・ファータド&ジャスティン・ティンバーレイク)
<カニエ・ウェスト>
Favorite Hip-Hop Song:「ストロンガー」
<ザ・キラーズ>
Favorite Song From A Soundtrack:「リード・マイ・マインド」(from『Friday Night Lights』)
<ポリス>
Favorite Reunion Tour

2007.11.14更新


■携帯電話の発表イベントでサプライズ・パフォーマンスを披露

 10月16日にカニエ・ウェストが、米T-MobileのSidekick LXの発表イベントでサプライズ・パフォーマンスを披露しました。ロサンゼルスのGriffith Parkで開催されたこのイベントには、Nick Cannon、Bow Wow、Shia LaBeouf、Carmen Electra、Jack Osbourne、Wilmer Valderrama、JC Chasezなど、多数のセレブが出席していたそうです。

2007.10.19更新


■マルーン5のニューヨーク公演に飛び入り

 10月10日にニューヨークのMadison Square Gardenで開催されたマルーン5のコンサートに、カニエ・ウェストが飛び入りしました。アダム・レヴィーンはカニエと共に、カニエの曲「ハード・エム・セイ」を共演したそうです。

2007.10.17更新


■Michael Jacksonのニュー・アルバムの制作に参加

 カニエ・ウェストが、Michael Jacksonのニュー・アルバムの制作に参加していることが明らかになりました。彼は英The Sun紙に対し、「確かに、Michael Jacksonと仕事をしているよ。(僕が仕事の相手を選ぶ基準は)まずは、その人物がどんな表現方法を持っているか、その人物がどんなアイディアを持っているかなんだ。その後、実際に打ち合わせしてみて決めるんだよ」とコメントしています。ちなみに、既報の通りMichaelのニュー・アルバムの制作には、他にブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムや、Ne-Yoなども参加しています。

2007.10.12更新


■『MTV Europe Music Awards 2007』のノミネーション発表

 ヨーロッパMTVが主催する『第14回 MTV Europe Music Awards 2007』のノミネーションが発表され、リアーナ、フォール・アウト・ボーイ、ネリー・ファータド、エイミー・ワインハウス、カニエ・ウェスト、MIKA、TOKIO HOTEL、ティンバランド、エイコンが各賞にノミネートされました。一般投票により選ばれる受賞者は、11月1日にドイツのミュンヘンにあるMunich OlympiaHalleで開催される授賞式で発表されます。既報の通り授賞式では、スヌープ・ドッグが司会者を務め、MIKAがパフォーマンスを披露する予定になっています。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。
<リアーナ>
Ultimate Urban Award
Most Addictive Track:「アンブレラ」(feat. ジェイ・Z)
Solo Artist Of 2007
<フォール・アウト・ボーイ>
Rock Out Award
Band Of 2007
Interact Award
<ネリー・ファータド>
Most Addictive Track:「オール・グッド・シングス(カム・トゥ・アン・エンド)」
Album Of The Year:『ルース』
Solo Artist Of 2007
<エイミー・ワインハウス>
Most Addictive Track:「リハブ」
Album Of The Year:『バック・トゥ・ブラック』
<カニエ・ウェスト>
Ultimate Urban Award
Video Star Award:「ストロンガー」
<MIKA>
Most Addictive Track:「グレース・ケリー」
Solo Artist Of 2007
<TOKIO HOTEL>
Band Of 2007
Interact Award
<ティンバランド>
Ultimate Urban Award
<エイコン>
Album Of The Year:『コンヴィクテッド』

2007.09.26更新


■全米アルバム&シングル・チャートで1位を達成

 9月29日付けの米ビルボード総合アルバム・チャート(The Billboard 200)で、カニエ・ウェストのニュー・アルバム『グラデュエーション』が初登場1位を達成しました。このアルバムは、リリース第1週に約95万7000枚ものセールスを記録。この数字は、同チャートに於いて、'05年3月の50セントの『ザ・マッサカー~殺戮の日。』(約110万枚)以来の第1週セールス記録となり(今年の最高セールス)、カニエ自身の最高記録となりました。そして、Nielsen SoundScanでの集計がスタートした'91年以降、15番目のセールス記録となっています。同様に『グラデュエーション』は、同誌"Top Digital Albums""Top R&B/Hip-Hop Albums""Top Rap Albums"の各チャートでも初登場1位を達成。このうち、"Top Digital Albums"に於いては、約13万3000枚のセールスで、マルーン5の『イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング』(約10万2000枚)を破り、同チャートの新記録を達成しています。
 一方、同誌総合シングル・チャート(The Billboard Hot 100)でも、カニエ・ウェストのニュー・シングル「ストロンガー」が1位を達成しました(先週の2位から上昇)。この曲は、先週20万5000件ものダウンロード・セールスを記録。これが、全米No.1達成につながったようです。同様に「ストロンガー」は、同誌"Pop 100"と"Hot Digital Songs"の両チャートでも、先週の2位から上昇して1位を達成しています。

2007.09.21更新


■NYで開催されたGQ誌の50周年記念パーティでパフォーマンスを披露

 カニエ・ウェストが、全米No.1達成が公式発表された9月18日、ニューヨークで開催されたGQ誌の50周年記念パーティに参加しました。このパーティで彼は、「ジーザス・ウォークス」「スルー・ザ・ワイヤー」「ストロンガー」「グッド・ライフ」「キャント・テル・ミー・ナッシング」「タッチ・ザ・スカイ」の全6曲のパフォーマンスを披露。客席は、ジェイ・Z、Beyonce、L.L.クールJ、P. Diddy、John Legend、Gene Simmons、James Blunt、Black CrowsのChris Robinsonと、超豪華な顔ぶれだったそうです。

2007.09.21更新


■英『MOBO Awards 2007』で受賞

 ブラック・ミュージックを対象としたUKの音楽賞『第12回 MOBO Awards 2007(Music of Black Origin Awards)』の授賞式が9月19日にロンドンのO2 Arenaで開催され、カニエ・ウェスト、Ne-Yo、エイミー・ワインハウス、リアーナが各賞を受賞しました。授賞式では、エイミー・ワインハウスとムーチャ・ブエナがパフォーマンスを披露しています。
 各アーティストの受賞部門は以下の通りです。
<カニエ・ウェスト>
Best Video:「ストロンガー」
Best Hip-hop Act
<Ne-Yo>
Best Song:「ビコーズ・オブ・ユー」
Best R&B Act
<エイミー・ワインハウス>
Best UK Female
<リアーナ>
Best International Act

2007.09.21更新


■『グラデュエーション』が全英アルバム・チャートで初登場1位を達成

 9月22日付け(9月16日発表)の全英アルバム・チャートで、カニエ・ウェストのニュー・アルバム『グラデュエーション』が初登場1位を達成しました。また、全英シングル・チャートでは、このアルバムからのニュー・シングル「ストロンガー」が先週同様3位をキープしています。

2007.09.19更新


■リリース週の週末までのセールス発表。カニエがリードの差を広げる

 アメリカで9月11日にニュー・アルバムを同時リリースしたカニエ・ウェストと50セントですが、リリース週の週末までの各セールスが発表されました。米ビルボード誌の集計によると、カニエの『グラデュエーション』は約78万1000枚、50セントの『カーティス』は約60万3000枚のセールスを記録したということで、カニエがリードの差を広げています。

2007.09.19更新


■米『2007 BET Hip-Hop Awards』のノミネーション発表

 米BET(Black Entertainment Television)が主催する『2007 BET Hip-Hop Awards』のノミネーションが発表され、カニエ・ウェスト、コモン、ジェイ・Z、50セント、スウィズ・ビーツ、ティンバランド、NAS、ファボラス、Ne-Yo、カミリオネア、リュダクリス、メアリー・J.ブライジが各賞にノミネートされました。10月13日にアトランタのCivic Centerで開催される授賞式では、カニエ・ウェスト、コモン、ネリーがパフォーマンスを行なう予定になっています。なお、この授賞式の模様は、10月17日にBET局を通じて全米に放映されるということです。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<カニエ・ウェスト>
Lyricist Of The Year
Producer Of The Year
Best Live Performance
Best Hip-Hop Video:「ストロンガー」
MVP Of The Year
Track Of The Year:「キャント・テル・ミー・ナッシング」
<コモン>
Lyricist Of The Year
Best Live Performance
Best Hip-Hop Video:「ザ・ピープル」
MVP Of The Year
CD Of The Year:『ファインディング・フォーエヴァー』
<ジェイ・Z>
Lyricist Of The Year
MVP Of The Year
Hustler Of The Year
CD Of The Year:『キングダム・カム』
<50セント>
Best Hip-Hop Video:「アイ・ゲット・マネー」
Track Of The Year:「アイ・ゲット・マネー」
Hustler Of The Year
<スウィズ・ビーツ>
Producer Of The Year
<ティンバランド>
Producer Of The Year
<NAS>
CD Of The Year:『ヒップ・ホップ・イズ・デッド』
<ファボラス>
Best Hip-Hop Collabo:「メイク・ミー・ベター」(feat. Ne-Yo)
<Ne-Yo>
Best Hip-Hop Collabo:「メイク・ミー・ベター」(ファボラス feat. Ne-Yo)
<カミリオネア>
Best Hip-Hop Video:「ヒップホップ・ポリス」(feat. Slick Rick)
<リュダクリス>
Best Hip-Hop Video:「ランナウェイ・ラヴ」(feat. メアリー・J.ブライジ)
<メアリー・J.ブライジ>
Best Hip-Hop Video:「ランナウェイ・ラヴ」(リュダクリス feat. メアリー・J.ブライジ)

2007.09.19更新


■ニュー・アルバム同時リリースの初日セールスの軍配はカニエに

 アメリカで9月11日にニュー・アルバムを同時リリースしたカニエ・ウェストと50セントですが、リリース初日のセールスは、カニエ側に軍配が上がったようです。米ビルボード誌の集計によると、カニエの『グラデュエーション』の初日セールスは約43万7000枚を記録。一方、50セントの『カーティス』は、約31万枚を記録しました。このままの状況をキープすれば、1週間後の19日までには、『グラデュエーション』が約75万枚、『カーティス』が約55万枚のセールスを記録すると予測されており、カニエが来週の全米アルバム・チャートでトップの座を獲得する気配が濃厚になってきました。また、リリース当日の11日に、米BETの番組『106 & Park』に生出演した2人は、お互いの功績や才能を称え合っていたということです。

2007.09.14更新


■米『2007 MTV Video Music Awards』授賞式でパフォーマンスを披露

 米MTVが主催する『第24回 2007 MTV Video Music Awards』の授賞式が、9月9日にラスベガスのPalms Casino Resortで開催され、リアーナ、ファーギー、フォール・アウト・ボーイが各賞を受賞しました。このうち、リアーナが受賞した最も価値ある賞"Video Of The Year"のプレゼンターは、サプライズ・ゲストのDr. Dreが担当。彼の登場に、客席にいたメアリー・J.ブライジもスタンディング・オヴェイションで迎えていました。この賞を含め、主要2部門で受賞したリアーナは、「全く予想していなかった」とコメントしています。
 なお、本年度の授賞式では、メイン会場以外に、ホテル内の各スイートルームからパーティ形式でのパフォーマンスも行なわれ、リアーナ、カニエ・ウェスト、フォール・アウト・ボーイ、50セント、エイコンなどがパフォーマンスを披露。また、貴重なコラボ・パフォーマンスも多数行なわれ、フォール・アウト・ボーイがリアーナやLil' Wayneと、カニエ・ウェストがコモンなどと共演したほか、マルーン5のアダム・レヴィーンがMark Ronson、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジがFoo Fightersのパフォーマンスに加わりました。そして、授賞式の最後は、ネリー・ファータド、ティンバランド、Justin Timberlakeの3人による熱狂の共演パフォーマンスで幕を閉じました。この授賞式の模様は、MTVを通じて全米に生中継されています。
 各アーティストの受賞部門は以下の通りです。

<リアーナ>
Monster Single Of The Year:「アンブレラ」(featuring ジェイ・Z)
Video Of The Year:「アンブレラ」(featuring ジェイ・Z)
<ファーギー>
Female Artist Of The Year
<フォール・アウト・ボーイ>
Best Group

2007.09.12更新


■英『GQ Men Of The Year Awards』を受賞

 英ファッション誌のGQが主催する『第10回 GQ Men Of The Year Awards』の授賞式で、カニエ・ウェスト、カイザー・チーフス、レイザーライトのジョニー・ボーレルが各賞を受賞しました。9月4日にロンドンのRoyal Opera Houseで開催された授賞式でカニエは、主要賞である"International Man Of The Year"を受賞。カイザー・チーフスは"Band Of The Year"を、レイザーライトのジョニーは"Most Stylish Man Of The Year"を受賞しています。このうちジョニーは、残念ながら授賞式を欠席。ビデオを通じての受賞となりました。

2007.09.7更新


■11月にUKで開催する『Glow In The Dark Tour』の日程を発表

 カニエ・ウェストが、『Glow In The Dark Tour』の一環として、11月に開催するUKツアーの日程を以下の通り発表しました。
11/21 - London Hammersmith Apollo
11/22 - London Hammersmith Apollo
11/24 - Brighton Centre
11/25 - Bournemouth BIC
11/26 - Nottingham Arena
11/21 - Cardiff CIA
11/26 - Plymouth Pavillions

2007.09.07更新


■米『2007 Bang! Music Festival』への出演が決定

 11月10~11日の2日間にかけて、マイアミのBayfront Park Amphitheatreで開催される『2007 Bang! Music Festival』に、カニエ・ウェストとザ・ブレイヴリーが出演すると発表されました。このフェスティバルには他に、Smashing Pumpkins、Riverboat Gamblers、Automatic Loveletterなど、約30組のアーティストが出演する予定です。

2007.09.01更新


■豪華ラッパーがニューヨークで共演

 8月22日にニューヨークのMadison Square Gardenで開催された、『Screamfest '07 Tour』でのT.I.のステージに、ジェイ・Z、スウィズ・ビーツ、カニエ・ウェスト、50セント、Diddy、Ciaraが飛び入りしました。彼らは、T.I.のショウの最後に登場。これだけの豪華ラインナップによる共演は2度とないだろうと話題騒然となっています。また、これを前に50セントは、サポート・アクトを務めたCiaraのステージにも飛び入り。ロイド・バンクス、トニー・イェイヨー、モブ・ディープなどの仲間を伴っての登場だったということです。

2007.08.28更新


■「ストロンガー」が全英シングル・チャートで2週連続1位を達成

 9月1日付け(8月26日発表)の全英シングル・チャートで、カニエ・ウェストのニュー・シングル「ストロンガー」(アルバム『グラデュエーション』収録/日本リリースは9月5日予定)が2週連続1位を達成しました。

2007.08.28更新


■アメリカ大統領選挙に向けてテレビの公共CMに出演

 来年のアメリカ大統領選挙に向けてカニエ・ウェストが、テレビの公共CMを撮影しました。このCMは若者達に対し、"正しい大統領を選ぶために、きちんと学ぼう"と呼びかけるもので、撮影は8月24日にシカゴで行なわれた模様です。CMの中でカニエは、生徒達を前に、「音楽界のスーパースターになるのは、とても大変だった。成功するためには、しっかりとした教養を身につけることも必要だった」と語っているということです。

2007.08.28更新


■8月20日にロンドンでシークレット・コンサートを開催

 8月20日にカニエ・ウェストが、ロンドンのWestminster Central Hallでシークレット・コンサートを開催しました。わずか約500人の観客の中には、リアーナ、Lemar、Kanoの姿もあったそうです。21人編成の女性ストリング・セクションなどをバックにカニエは、ヒット曲に新曲を加えた構成でパフォーマンスを披露。ニュー・アルバム『グラデュエーション』からの新曲「Big Brother」は、「彼がいたから音楽を作り、母親に家を買ってあげることができた」として、ジェイ・Zに捧げられたということです。

2007.08.24更新


■英『MOBO Awards 2007』のノミネーション発表

 ブラック・ミュージックを対象としたUKの音楽賞『第12回 MOBO Awards 2007(Music of Black Origin Awards)』のノミネーションが発表となり、エイミー・ワインハウスがDizzee Rascalと並び、最多4部門にノミネートされました。他に、カニエ・ウェスト、リアーナ、Ne-Yo、エイコン、ムーチャ・ブエナ、プッシーキャット・ドールズ、50セント、コモン、シャギー、スティーブン・マーリーが各賞にノミネートされています。授賞式は、9月19日にロンドンのO2 Arenaで開催される予定になっています。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<エイミー・ワインハウス>
Best UK Female
Best Song:「リハブ」
Best Video:「バック・トゥ・ブラック」
Best R&B
<カニエ・ウェスト>
Best International Act
Best Video:「ストロンガー」
Best Hip Hop
<リアーナ>
Best International Act
Best Video:「アンブレラ」
<Ne-Yo>
Best Song:「ビコーズ・オブ・ユー」
Best R&B
<エイコン>
Best International Act
Best R&B
<ムーチャ・ブエナ>
Best UK Newcomer
<プッシーキャット・ドールズ>
Best Video:「ウェイト・ア・ミニット」
<50セント>
Best Hip Hop
<コモン>
Best Hip Hop
<シャギー>
Best Reggae
<スティーブン・マーリー>
Best Reggae

2007.08.24更新


■「ストロンガー」が全英シングル・チャートで1位を達成

 8月25日付け(8月19日発表)の全英シングル・チャートで、カニエ・ウェストのニュー・シングル「ストロンガー」(アルバム『グラデュエーション』収録/日本リリースは9月5日予定)が1位を達成しました。先週の3位から上昇し、2週目でトップの座を獲得したこの曲は、カニエにとって初の全英No.1シングルになっています。

2007.08.22更新


■ロンドンのBBCスタジオで『グラデュエーション』の試聴会を開催

 8月14日にカニエ・ウェストが、ロンドンのBBCスタジオで、ニュー・アルバム『グラデュエーション』(日本リリースは9月5日予定)の試聴会を開催しました。この試聴会では、カニエが自ら各曲を解説しながら、アルバム収録順に新曲を紹介。先日iTunes Storeで発表された収録曲目からさらに変更された模様で、「The Way I Are」も新たにレコーディングし直した新ヴァージョンが披露されたということです。また、「Big Brother」については、「最も重要で、最高の曲。俺のキャリアを決定付けるだろう」とコメントしていたそうです。

2007.08.22更新


■カニエ・ウェスト『グラデュエーション』、遂にアルバム・ジャケット正式に公開!

 通算3作目、ファン待望の最新アルバムのジャケットが遂に完成。既出の2作のシングル・ジャケット・アートワーク同様、世界のトップアーティスト村上隆氏全面制作/プロデュースによるアートワーク。

Uicd 6142_big




















(C)2007 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd./
Kanye West/Mascotte Holdings, LLC. All rights reserved.


そして、カニエ・ウェストとの貴重なツーショット写真もここに公開します!
Photo _2
日本盤の発売日は9月5日、ボーナストラックは2曲収録予定です。

2007.08.15更新


■8月20日にロンドンでスペシャル・ライヴを行なうと発表

 8月20日にカニエ・ウェストが、英Vodafone主催によるコンサート・シリーズ『Vodafone TBA Series』の一環として、ロンドンでスペシャル・ライヴを行なうと発表しました。現時点で、会場は明らかにされていません。なお、日本で9月5日にリリース予定のニュー・アルバム『グラデュエーション』やニュー・シングルのアートワークに、日本人アーティストの村上隆氏を起用しているカニエですが、他にも村上氏は、曲に合わせて3分間のアニメを制作。マーチャンダイスも手掛けるそうで、全面的なタイアップとなっている模様です。

2007.08.15更新


■「ストロンガー」が全英シングル・チャートで初登場3位を獲得

 8月18日付け(8月12日発表)の全英シングル・チャートで、カニエ・ウェストのニュー・シングル「ストロンガー」が初登場3位を獲得しました。このシングルは、日本で9月5日にリリース予定のカニエのニュー・アルバム『グラデュエーション』からの先行ファースト・シングルです。

2007.08.15更新


■ニュー・アルバム『グラデュエーション』の収録曲目を発表

 ニュー・アルバム『グラデュエーション』を日本で9月5日(米9月11日)にリリースする予定のカニエ・ウェスト。このアルバムの先行予約が米iTunesでスタートしたことに伴い、アルバム収録曲が以下の通り発表されました。
「Good Morning」「Homecoming(feat. Chris Martin)」「Stronger」「Champion」「Good Life(feat. T-Pain)」「I Wonder」「Even More Broke Phi Broke(Skit)」「Can't Tell Me Nothing」「Drunk And Hot Girls(feat. Mos Def)」「Evrything I Am(scratches by DJ Premier)」「Good Night(feat. Mos Def & Al Be)」「Big Brother」「Graduation(Skit)」「The Glory」「CRS(feat. Lupe Fiasco & Pharrell)/先行予約のみ」

2007.08.10更新


■米『2007 MTV Video Music Awards』のノミネーション発表

 米MTVが主催する『第24回 2007 MTV Video Music Awards』のノミネーションが発表になり、カニエ・ウェスト、リアーナ、エイミー・ワインハウス、エイコン、フォール・アウト・ボーイ、U2、ティンバランド、ロビン・シック、ファーギー(ブラック・アイド・ピーズ)、ネリー・ファータド、マルーン5、グウェン・ステファニー、ジェイ・Z、イヴが各賞にノミネートされました。9月9日にラスベガスのPalms Casino & Resortで開催される授賞式の模様は、MTVを通じて全米に生中継される予定です。なお、この授賞式では、リアーナ、エイミー・ワインハウス、ティンバランド、フォール・アウト・ボーイがパフォーマンスを行なうことに決定しています。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<カニエ・ウェスト>
Video Of The Year:「ストロンガー」
Male Artist Of The Year:「ストロンガー」他
Quadruple Threat Of The Year
Best Director:「ストロンガー」(監督:Hype Williams)
Best Editing In A Video:「ストロンガー」(編集:Peter Johnson & Corey Weisz)
<リアーナ>
Video Of The Year:「アンブレラ」
Female Artist Of The Year:「アンブレラ」
Monster Single Of The Year:「アンブレラ」
Best Director:「アンブレラ」(監督:Chris Applebaum)
<エイミー・ワインハウス>
Video Of The Year:「リハブ」
Female Artist Of The Year:「リハブ」他
Best New Artist:「リハブ」他
<エイコン>
Male Artist Of The Year:「ドント・マター」他
Most Earthshattering Collaboration:「スマック・ザット」(featuring エミネム)
Most Earthshattering Collaboration:「スウィート・エスケイプ」グウェン・ステファニー(featuring エイコン)
<フォール・アウト・ボーイ>
Best Group:「アームズ・レース~フォール・アウト・ボーイの頂上作戦」他
Monster Single Of The Year:「サンクス・フォー・ザ・メモリーズ」
<U2>
Most Earthshattering Collaboration:「セインツ・アー・カミング」(featuring Green Day)
Quadruple Threat Of The Year:ボノ
<ティンバランド>
Monster Single Of The Year:「ザ・ウェイ・アイ・アー」(featuring Keri Hilson、D.O.E. & Sebastian)
Most Earthshattering Collaboration:「SexyBack」Justin Timberlake(featuring ティンバランド)
<ロビン・シック>
Male Artist Of The Year:「Can U Believe」他
<ファーギー/ブラック・アイド・ピーズ>
Female Artist Of The Year:「ビッグ・ガールズ・ドント・クライ(パーソナル)」他
<ネリー・ファータド>
Female Artist Of The Year:「マンイーター」他
<マルーン5>
Best Group:「メイクス・ミー・ワンダー」
<グウェン・ステファニー>
Most Earthshattering Collaboration:「スウィート・エスケイプ」(featuring エイコン)
<ジェイ・Z>
Quadruple Threat Of The Year
<イヴ>
Best Choreography In A Video:「Tambourine」(振付:Tahesha Scott)

2007.08.10更新


■スウェーデンのフェスティバルでPeter, Bjorn & Johnと共演か!?

 8月11日に、スウェーデンのイエテボリで開催されるフェスティバル『Way Out West』に出演予定のカニエ・ウェスト。この際にカニエは、Peter, Bjorn & Johnにバックバンドを務めてほしいと望んでいることが明らかになりました。このステージでは、UKで9月17日に再リリース予定のPeter, Bjorn & Johnのシングル「Young Folks」もプレイされる見込みで、カニエは、同曲での彼らとの共演を希望しているのだそうです。

2007.08.03更新


■低予算で製作された「Can't Tell Me Nothing」のPVを公開

 カニエ・ウェストが、ニュー・アルバム『グラデュエーション』(日本リリースは9月5日予定)からのニュー・シングル「Can't Tell Me Nothing」のPVを、オフィシャル・サイト上で公開しました。Hype Williams監督により低予算で製作されたこのPVには、インディ・ミュージシャンのWill Oldhamと、コメディアンのZack Galifianakisがゲスト出演。撮影は、ノースカロライナにあるZackの農場で行なわれ、トラクターに乗るなどのシーンがフィーチャーされています。過去にZackがFiona AppleやAnita BakerなどのPVにも出演していたことから、カニエがZackとロサンゼルスで会った際に、「僕達も何か一緒にできないか?」と話を持ちかけ、実現したのだそうです。

2007.07.27更新


■世紀の対決!? 全米でニュー・アルバムを同日リリース

 50セントのニュー・アルバム『カーティス』と、カニエ・ウェストのニュー・アルバム『グラデュエーション』の全米リリース日が、同じ9月11日になることが明らかになりました(日本リリースは、50セントが9月3日、カニエが9月5日予定)。これは、50セントの『カーティス』のリリース日が当初の予定より1週間遅れ、カニエの『グラデュエーション』のリリース日が1週間繰り上げられたことにより起きたもので、早くも"世紀の対決"と注目が集まっています。ちなみに、50セントは、すでに『カーティス』から「I Get Money」などを公表。一方カニエも、すでに『グラデュエーション』から、「Cant Tell Me Nothing」「Stronger」「The Good Life」などを公表しています。

2007.07.25更新


■自身のチャリティ組織が主催する初コンサートを地元シカゴで開催

 カニエ・ウェストのチャリティ組織『Kanye West Foundation』の主催による初のチャリティ・コンサートが、8月24日に、カニエの地元シカゴのHouse Of Bluesで開催されることに決定しました。このコンサートは、ヒップホップ・カリキュラムの公立学校への導入を推進している組織を支援するために開催されるもので、サウンドチェック時にカニエは、200人の学生と会い、学校へ通うことの大切さについて話をする予定になっています。

2007.07.20更新


■天才カニエが仕掛ける全世界注目の無敵のサウンド!新曲着うた(R)配信開始!

 約2年ぶり、通算3作目のオリジナル・アルバム『グラデュエーション』(8月15日発売予定)からのシングル「キャント・テル・ミー・ナッシング」の着うた(R)、着うたフル(R)が配信開始されました!

Qr _kanye _west アーティストの最新情報はもちろん、「着うたR」などのダウンロードは
ユニバーサルミュージック公式携帯サイトで! 
※バーコード非対応機種の方は以下のURLへ携帯端末より接続下さい。
 http://www.universal-music.co.jp/redirect/kanye_west/
※「着うたR」は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標です。


2007.07.11更新


■地球温暖化防止を訴える世界規模のコンサート『Live Earth』開催

 地球温暖化防止を訴える世界規模のコンサート『Live Earth』が、7月7日、世界8ヵ国、10都市で開催されました。アル・ゴア元米副大統領らが提唱したこのコンサートは、東京とシドニーからスタート。その後、ヨハネスブルグ、上海、ロンドン、ハンブルグ、ニュージャージー(ニューヨーク)、ワシントンD.C.、リオ・デ・ジャネイロと続き、約150組のアーティストが22時間以上に渡りプレイしました。東京公演にはリアーナが、シドニー公演にはウルフマザーとジャック・ジョンソンが出演。ロンドン公演には、レイザーライト、スノウ・パトロール、ブラック・アイド・ピーズ、キーン、メタリカ、プッシーキャット・ドールズが出演。ハンブルグ公演には、スヌープ・ドッグ、エンリケ・イグレシアス、クリス・コーネルが、リオ・デ・ジャネイロ公演にはメイシー・グレイが出演。ニュージャージー(ニューヨーク)公演には、AFI、リュダクリス、フォール・アウト・ボーイ、エイコン、カニエ・ウェスト、ボン・ジョヴィが出演し、最後はニュージャージーの会場に出演したポリスのライヴで幕を閉じました。
<カニエ・ウェスト>
演奏曲目:「タッチ・ザ・スカイ」「ジーザス・ウォークス」「ゴールド・ディガー」「Stronger」「Can't Tell Me Nothing」(順不同)
その他、ポリスが最後にプレイした「孤独のメッセージ」に、John Mayerと共にゲスト参加しました。

2007.07.11更新


■ロンドンの書店で母親が開催した出版記念イベントに参加

 6月30日にカニエ・ウェストが、ロンドンのピカデリーにある書店『Waterstones』で行なわれたインストア・イベントに登場しました。当日、同書店では、彼の母親のドンダが執筆した書籍『Raising Kanye』の出版記念イベントが開催されており、カニエは母親の応援に駆け付けたのだそうです。

2007.07.04更新


■英ダイアナ元妃の没後10周年追悼コンサート『Concert For Diana』に出演

 英ウィリアム王子とヘンリー(ハリー)王子の主催による、母親ダイアナ元妃の没後10周年トリビュート・コンサート『Concert For Diana』が、ダイアナ元妃の誕生日である7月1日(生きていれば46歳)に、ロンドンの新Wembley Stadiumで開催されました。コンサートは、エルトン・ジョンの「僕の歌は君の歌/Your Song」でスタート。そして、2人の王子のスピーチの後、ジェイムス・モリソン、ブラック・アイド・ピーズのファーギー、ザ・フィーリング、ネリー・ファータド、オルソン、アンドレア・ボチェッリ、カニエ・ウェスト、テイク・ザットが次々とライヴ・パフォーマンスを披露しました。特に、イギリスで国民的人気を誇るテイク・ザットは、サッカー界のスーパースター、David Beckhamの紹介を受けてステージに登場。最後に披露された「バック・フォー・グッド」では、客席のウィリアム王子が一緒に歌うという場面もありました。そして、最後は、ダイアナ元妃と親しい友人であったエルトン・ジョンが再び登場。元妃が大好きだった「可愛いダンサー/Tiny Dancer」などを約6万5000人の観客の前でプレイし、コンサートを締めくくりました。なお、6時間以上に及んだこのコンサートの模様は、英BBCテレビで生中継されたほか、全世界140ヵ国で放映されたということです。

2007.07.04更新


■ニュー・シングルをYahoo!動画で独占先行配信!

ニュー・シングル「キャント・テル・ミー・ナッシング」PVがYahoo!動画で独占先行ストリーミング配信中!
Bn _kanye
(2007/06/20更新)


■Ne-Yoの「ビコーズ・オブ・ユー」のカニエ・ウェスト・リミックスが本日から配信限定で発売!

  Ne-Yoの大ヒット・シングル「ビコーズ・オブ・ユー」のカニエ・ウェストによるリミックス・バージョンが「着うた(R)」、「着うたフル(R)」で本日6月13日(水)に配信スタートしました!
 ちなみにカニエ・ウェストのサード・アルバム「グラデュエーション」が8月15日(予定)にリリースされます!

(2007/06/13更新)


■ニューヨークで、30歳の超豪華バースデイ・パーティを開催

 6月8日に30歳の誕生日を迎えたカニエ・ウェストのバースデイ・パーティが、7日から8日の早朝まで、ニューヨークで開催されました。超豪華パーティの会場になったのは、ニューヨークにあるLouis Vuittonのショップ。ショウウィンドウの中では、Vuittonの水着とサンダルを身に付けたダンサーがセクシーなパフォーマンスを披露し、会場の外には多数のファンやパパラッチが集まる騒ぎの中、ジェイ・Z、リアーナ、マライア・キャリー、コモン、アシャンティ、アシュリー・シンプソン、フォール・アウト・ボーイのピート・ウェンツ、+44のトラヴィス・バーカー、P. Diddy、Jermaine Dupriといったセレブが次々と到着しました。会場内では、Q-TipがDJを務め、カニエ本人以外に、Pharrell WilliamsやJohn Legendなどもライヴ・パフォーマンスを行なったそうです。当日のハイライトになったのは、カニエのために用意された特大バースデイ・ケーキ。このケーキは、彼のトレードマークであるクマが描かれていたそうですが、なんとカニエの名前のスペルが"Kanye"ではなく、"Kayne"に間違われていたという笑えるハプニングもあったということです。その後、ニューヨークのクラブ、Tenjuneで開催された二次会には、Usherなども加わっていました。

(2007/06/13更新)


■ニュー・アルバム『Graduation』に伴うツアーの構想を語る

 アメリカで9月18日に、ニュー・アルバム『Graduation(原題)』をリリースする予定のカニエ・ウェスト。このアルバムからの先行ファースト・シングル「Can't Tell Me Nothing」のPV(Hype Williams監督)は、すでに5月25日から彼のオフィシャル・サイト上で公開されています。また、カニエによると、このアルバムに伴うツアーは『Glow In The Dark Tour』というタイトルになるそうで、Madonnaの『Confessions On A Dancefloor Tour』で舞台監督と振り付けを担当したJamie Kingにショウの構成を依頼しているということです。カニエは、Madonnaのショウを観てJamie Kingに依頼しようと決めたそうで、彼と共に、「エンターテインメントをもう一段上のレベルに持って行きたいと考えている」と語っています。

(2007/05/30更新)


■ニュー・アルバム『Graduation』からすでに2曲のPVを撮影

 ニュー・アルバム『Graduation(原題)』を、全米で9月にリリース予定のカニエ・ウェスト。彼の母親であるDonda Westは、このアルバムについて、「『Graduation』は彼の最高傑作よ。音楽面でも、歌詞の面でもね」とコメントしています。なお、カニエは、すでにこのアルバムから2曲のPVを撮影。監督のHype Williamsと共に9日間かけて撮影したそうで、日本で撮影した映像も含まれるかもしれないということです。
 ColdplayのChris Martinをフィーチャーした「Graduation」や、元々コモンに提供する予定だった「The Glory」、DJ Toompが参加した「Can't Tell Me Nothing」などが収録される見込みのこのニュー・アルバムについてカニエは、「今回はビッグなサウンドになっているよ。よりビッグだけど、よりシンプルになってる。再び、世界を手中に収める準備はできているね」とコメントしました。

(2007/05/16更新)


■故ダイアナ元妃の没後10周年トリビュート・コンサートへの出演が正式に決定

 英ウィリアム王子とヘンリー(ハリー)王子の主催による、母親ダイアナ元妃の没後10周年チャリティ・トリビュート・コンサート『Concert For Diana』の出演ラインナップが正式に追加発表され、カニエ・ウェスト、ジェイムス・モリソン、オルソン、ザ・フィーリングの出演が決定しました。故ダイアナ元妃の誕生日である7月1日(生きていれば46歳)にロンドンの新Wembley Stadiumで開催されるこのコンサートには、すでにエルトン・ジョンの出演が決定しており、他に、Rod Stewart、Duran Duran、Joss Stone、Bryan Ferry、Andrew Lloyd Webber、English National Balletなどが出演する予定になっています。コンサートの収益金は、王子達が運営しているチャリティ団体、『Centrepoint』と『Sentabale』のほか、生前ダイアナ元妃が支援していた複数の団体に寄付されるということです。

(2007/05/02更新)


■コモンのニュー・アルバム『Finding Forever』の制作に参加

 コモンのニュー・アルバム『Finding Forever(原題)』の全米リリース日が7月10日に決定しました。このアルバムの制作には、カニエ・ウェスト、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アム、Devo Springsteen、故J Dillaが参加。また、コラボレーターとして、Lily AllenやD'Angeloなども参加しているということです。アルバムについてコモンは、「俺は、この地球上にマークを残したいんだ。音楽を作って、その音楽を通じて言うべき事を言うことでね。これが、俺が永遠に存在し続ける方法の1つなのさ」とコメントしました。なお、先行ファースト・シングルは、カニエ・ウェストのプロデュースによる「The People」に決定。アルバムには他に、「Black Maybe」「So Far To Go」「Misunderstood」「Driving Me Wild」といった曲が収録される模様です。

(2007/04/11更新)


■『Live Earth』のアメリカ公演とイギリス公演の参加ラインナップが決定

 元アメリカ副大統領のアル・ゴアが主催する、地球温暖化防止を訴えるための大規模コンサート『Live Earth』のアメリカ公演と、イギリス公演の参加ラインナップが発表されました。まず、ニュージャージー州イースト・ラザフォード(ニューヨーク近郊)のGiants Stadiumで行なわれるアメリカ公演には、ポリス、ボン・ジョヴィ、カニエ・ウェスト、フォール・アウト・ボーイ、AFI、エイコン、リュダクリスの出演が決定。他に、Smashing Pumpkins、Alicia Keys、Kelly Clarkson、Roger Waters、Dave Matthews Bandなども出演する予定です。また、ロンドンのWembley Stadiumで行なわれるイギリス公演には、レイザーライト、ブラック・アイド・ピーズ、スノウ・パトロール、キーンの出演が決定。他に、Foo Fighters、Madonna、Genesis、Beastie Boys、Red Hot Chili Peppers、Duran Duran、James Bluntなどが出演する予定になっています。なお、『Live Earth』は、7月7日に世界7ヵ国で同時開催される予定で、その他の5ヵ国の参加ラインナップについては近々発表されるということです。
2007/04/11更新


■英『Manchester International Festival』の一環としてのコンサートが決定

 UKのマンチェスターで、6月28日~7月15日に開催されるコンサート・シリーズ『Manchester International Festival』の一環として、カニエ・ウェストがコンサートを行なうと発表しました。カニエのコンサートは、7月2日にManchester Carling Apolloで開催されます。

2007/03/28更新


■スウィズ・ビーツのニュー・アルバム『One Man Band Man』に参加

 アメリカで5月15日に、ニュー・アルバム『One Man Band Man(原題)』をリリースする予定のスウィズ・ビーツ。このアルバムの制作には、カニエ・ウェスト、Snags、Neo da Matrix、Just Blazeなどが参加しているそうです。スウィズ・ビーツ自身、「初の本物のアルバム」というこのアルバムからのファースト・シングルは「It's Me Bitches」で、セカンド・シングルは「Big Munny」になる模様です。また、アルバムには、Coldplayをフィーチャーした「Part Of The Plan」という曲も収録されるということです。

2007/03/14更新


■カニエのリミックスによるFOBの「アームズ・レース」がネットのみで販売開始

 かねてより話題になっていた、カニエ・ウェストのリミックスによるフォール・アウト・ボーイの「アームズ・レース~フォール・アウト・ボーイの頂上作戦」が、ついにインターネット上で公開されました。このシングルは、ダウンロード限定で販売されています。このリミックスの中でカニエは、自身のラップを披露しているということです。

2007/03/07更新


■UKの南ウェールズからNYまでインド料理のデリヴァリーを注文

 カニエ・ウェストが、UKの南ウェールズにあるインド料理のレストランからニューヨークまで、シェフ付きで料理のデリヴァリーを注文したようです。注文を受けたのは、ニューポート近郊のロジャーストーンにあるレストラン『British Raj』で、カレーを中心とした料理の代金は2000ポンド(約44万円)に及ぶそうです(料理のみの金額)。3月6日には、ヘッド・シェフのKaysor Ahmed氏が料理と共にニューヨークへ飛ぶということで、用意された料理は1.5メートル大のインディアン・ショベルノーズという魚のカレーのほか、バーバル(ポッパダム)、バージ、ナンなど。これらの料理は、カニエと、彼のプロモーション会社のスタッフ8~10人が楽しむそうです。

2007/03/07更新


■母親がカニエに関する本『Raising Kanye』を全米で5月に出版

 カニエ・ウェストの母親でマネージャーのDr. Donda Westが、アメリカで5月15日に、カニエに関する本『Raising Kanye』を出版することになりました。この本には、シングル・マザーとしてカニエを育ててきたストーリーや、初公開の家族写真などが掲載されるということです。ちなみにDr. Donda Westは、シカゴ州立大学で英語の教師をしていたという経歴がありますが、カニエのマネージャーになるために教職から離れています。

2007/02/21更新


■米『第49回グラミー賞』授賞式報告

 2月11日にロサンゼルスのStaples Centerで開催された、アメリカ音楽界最大のイベント『第49回グラミー賞』授賞式で、メアリー・J.ブライジ、リュダクリス、ブラック・アイド・ピーズ、ウルフマザー、ボン・ジョヴィ、スティーヴィー・ワンダー、ジョニー・ラングが各賞を受賞しました。
 授賞式では、再結成したポリスがオープニング・パフォーマンスとして「Roxanne」を披露。メアリー・J.ブライジは「ビー・ウィザウト・ユー/Stay With Me」を歌いました。加えて、後にメアリーは、リュダクリスやEarth, Wind & Fireとのコラボにより、「Runaway Love」のパフォーマンスも行なっています。そして、ライオネル・リッチーは、R&Bをテーマにしたコーナーの中で、名曲「Hello」のパフォーマンスを披露しました。
 なお、授賞式では他に、プリンス、ブラック・アイド・ピーズ、スティーヴィー・ワンダー、カニエ・ウェスト、コモン、リアーナがプレゼンターを務めました。
 各アーティストの受賞部門は以下の通りです。

<メアリー・J.ブライジ>
Best Female R&B Vocal Performance:「ビー・ウィザウト・ユー」
Best R&B Song:「ビー・ウィザウト・ユー」
Best R&B Album:『ザ・ブレイクスルー』
<リュダクリス>
Best Rap Song:「マネー・メイカー」(Ludacris Featuring Pharrell)
Best Rap Album:『リリース・セラピー』
<ブラック・アイド・ピーズ>
Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal:「マイ・ハンプス」
<ウルフマザー>
Best Hard Rock Performance:「不貞な女」
<ボン・ジョヴィ>
Best Country Collaboration With Vocals:「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム」(Bon Jovi & Jennifer Nettles)
<スティーヴィー・ワンダー>
Best Pop Collaboration With Vocals:「For Once In My Life」(Tony Bennett & Stevie Wonder)
<ジョニー・ラング>
Best Rock Or Rap Gospel Album:『Turn Around』

2007/02/14更新


■新作用にColdplayのChris Martinとのコラボ曲をレコーディング

 カニエ・ウェストが、ColdplayのChris Martinとのコラボで、「Homecoming」という新曲をレコーディングしたと公表しました。この新曲は、今年末にリリース予定のカニエのニュー・アルバム『Graduation(仮)』からのファースト・シングルになる見込みです。また、ニュー・アルバムには、前作『レイト・レジストレーション』にも参加しているマルチ・インストゥルメンタリストのJon Brionも参加するそうで、彼とのコラボについてカニエは、次のようにコメントしています。「俺達は、ニュー・アルバムでもまた一緒に仕事をするつもりさ。Jonは単なるプロデューサーでなく、素晴らしい友人で、スタジオでアイディアを交換する人物として最高なんだよ。良い経験になったね」。

2007/01/24更新


■フォール・アウト・ボーイの曲のリミックスをカニエ・ウェストが担当

 フォール・アウト・ボーイのニュー・アルバム『インフィニティ・オン・ハイ - 星月夜』(日本リリースは2月7日予定)からの曲を、カニエ・ウェストがリミックスすることになりました。現時点でカニエがどの曲のリミックスを行なうかは不明です。なお、フォール・アウト・ボーイは、このお返しに、カニエの曲のリミックスを担当したいと申し出ているそうです。

2007/01/17更新


■米・中アーティストによるフェスティバル『Fusion』への出演が決定

 2月13~14日の2日間にわたり、ラスベガスのAladdin Hotel & Casino内Theatre Of The Artsで開催されるフェスティバル『Fusion』に、カニエ・ウェストが出演することに決定しました。このフェスティバルは、中国のアーティストをアメリカに紹介することが目的で、両国のアーティストを集め、中国の旧正月のお祝いを兼ねて開催されます。このフェスティバルには他に、Gnarls Barkley、Spank Rock、Lupe Fiasco、Tigra、Berko、Girl Talkなどの出演が決定しています。

2007/01/17更新


■NFLスーパーボウルの事前関連ライヴ・イベントに出演

 NFLの優勝決定戦、スーパーボウルに先駆けて開催される関連ライヴ・イベント『Pepsi Smash Super Bowl Bash』に、ブラック・アイド・ピーズのファーギーとカニエ・ウェストが出演することに決定しました。このイベントは、スーパーボウルが開催されるDolphin Stadiumと同じ敷地内にあるPepsi Smash Arenaで開催されるもので、ファーギーとカニエはJohn Legendと共に、2月1日にパフォーマンスを行なう予定になっています。なお、この模様は、2月3日に米VH-1で放映されます。

2007/01/17更新


■米HBO局がリアリティ・テレビ番組の制作を計画中

 カニエ・ウェストのリアリティ・テレビ番組を、アメリカのHBO局が計画中であることが明らかにされました。この番組は、Larry Charlesがプロデュースするシリーズの一環として制作されるもので、他にRick Rubinなどがエグゼクティヴ・プロデューサーとして制作に参加している模様です。なお、現時点でタイトル未定のこの番組の内容は、カニエの多忙な日々に密着したものだということです。

2007/01/12更新


NEWS一覧に戻る