NEWS

LIVE

2005年のライブイベント情報

■カニエがU2のオーストラリア&ニュージーランド公演のサポート・アクトに決定

 U2が行なっている全米ツアーの最後の4公演(12月14~19日)でサポート・アクトを務めているカニエ・ウェストが、'06年3~4月に開催されるU2のオーストラリア及びニュージーランド・ツアーでもサポート・アクトを担当することに決定しました。
 現時点で発表されている、このツアーの日程は以下の通りです。

3/17 - Auckland @Ericcson Stadium
3/18 - Auckland @Ericcson Stadium
3/21 - Brisbane @Queensland Sports & Athletics Centre
3/24 - Melbourne @Telstra Dome
3/25 - Melbourne @Telstra Dome
3/28 - Adelaide @AAMI Stadium
3/31 - Sydney @Telstra Stadium
4/1 - Sydney @Telstra Stadium

2005/12/16更新 


■'06年2月のUKアリーナ・ツアーの日程を発表

 カニエ・ウェストが、'06年2月に開催するUKアリーナ・ツアーの日程を以下の通り発表しました。
2/16 - Manchester MEN
2/17 - Glasgow SECC
2/19 - London Hammersmith Apollo
2/22 - Cardiff Arena
2/28 - Birmingham NEC
 なお、これ以外にもカニエは、2月26日にロンドンのTheatre Royal Drury Laneで1回限りのショウを行なう予定です。こちらのほうのチケットは2000枚限定となっています。

2005/12/02更新 


■ロンドンのAbbey Road studiosでシークレット・ライヴを開催

  9月21日にカニエ・ウェストが、ビートルズで知られるロンドンのAbbey Road studiosで、シークレット・ライヴを行ないました。DJ A-Trakやストリング・オーケストラと共に行なわれたこのライヴは、招待客のみが参加できた"超限定ライヴ"で、観客の中にはジェイ・Zとビヨンセのカップルの姿もあったそうです。途中、「Ordinary People」と「Heard 'Em Say」では、ゲストとしてJohn Legendがパフォーマンスに加わりました。この模様は、英BBC Radio 1で生中継されました。

<演奏曲目>
「Diamonds From Sierra Leone」「Touch The Sky」「We Don't Care」「Crack Music」「Drive Slow」「Through The Wire」「Workout Plan」「Gold Digger」「Ordinary People」「Heard 'Em Say」「All Falls Down」「Bring Me Down」「Jesus Walks」「Gone」「I'll Be Late For That」「Celebration」

2005/09/26更新 


■コモン等と共に行なう全米ツアーの日程を発表

  カニエ・ウェストが、コモン、Fantasia、Keyshia Coleと共に行なう全米ツアー『Touch The Sky Tour』の日程が、以下の通り発表されました。
10/11 - Miami, FL @University Of Miami Convocation Center
10/12 - Tampa, FL @USF Sundome
10/13 - Gainesville, FL @University Of Florida O'Connell Center
10/15 - Greenville, SC @Bi-Lo Center
10/16 - Knoxville, TN @Thompson-Boling Arena
10/18 - Columbia, MO @Mizzou Arena
10/19 - Champaign, IL @Assembly Hall
10/21 - Buffalo, NY @Alumni Arena
10/22 - Detroit, MI @Fox Theatre
10/23 - Columbus, OH @Schottenstein Center
10/26 - Kingston, RI @University Of Rhode Island Ryan Center
10/28 - University Park, PA @Penn State Bryce Jordan Center
10/29 - Cleveland, OH @CSU Convocation Center
10/30 - Fairfax, VA @Patriot Center
10/31 - Amherst, MA @Mullins Center
11/2 - New York, NY @Theatre At Madison Square Garden
11/3 - New York, NY @Theatre At Madison Square Garden
11/4 - Baltimore, MD @1st Mariner Arena
11/5 - Hampton, VA @Hampton Coliseum
11/6 - Philadelphia, PA @Liacouras Center
11/8 - Pittsburgh, PA @AJ Palumbo Center
11/9 - Toronto, Canada @Air Canada Centre
11/11 - East Lansing, MI @Michigan State University Breslin Center
11/12 - Chicago, IL @Rosemont Theater
11/13 - Dekalb, IL @NIU Convocation Center
11/14 - Evanston, IL @Northwestern University Welsh Ryan Arena
11/15 - Carbondale, IL @SIU Arena
11/17 - Atlanta, GA @Gwinnett Center
11/18 - Greensboro, NC @Coliseum
11/19 - Statesboro, GA @Georgia Southern University
11/20 - Birmingham, AL @Birmingham Jefferson Convention Center
11/22 - Oklahoma City, OK @Ford Center
11/23 - Memphis, TN @Mid-South Coliseum
11/25 - Houston, TX @Reliant Arena
11/26 - Dallas, TX @Nokia Live
11/27 - Kansas City, MO @Kemper Arena
11/29 - Denver, CO @Magness Arena or Colorado Convention Center Lecture Hall
12/1 - Phoenix, AZ @Dodge Theatre
12/2 - San Diego, CA @Cox Arena or UCSD RIMAC Arena
12/3 - Universal City, CA @Gibson Amphitheatre
12/4 - Universal City, CA @Gibson Amphitheatre
12/6 - San Francisco, CA @Bill Graham Civic Auditorium
12/7 - Las Vegas, NV @Mandalay Bay or Aladdin
12/9 - Portland, OR @Memorial Coliseum
12/10 - Seattle, WA @Everett Event Center
12/11 - Vancouver, Canada @GM Place

2005/09/16更新 


■『ライヴ8』に急遽出演

 アフリカの貧困救済を訴えるため、7月2日に世界10都市で同時開催された一大ライヴ・イベント『ライヴ8』。東京公演を皮切りにスタートしたこのフリー・イベントは、世界各都市で何百万人もの観客によって目撃され、さらに10億人以上が、テレビやインターネットなどの生中継を通じて視聴しました。今回の目的は、英スコットランドで7月6日から開催されるG8主要国首脳会議(グレンイーグルズ・サミット)に先立ち、アフリカの貧困問題に世界の注目を集める狙い。中心となった英ロンドンのハイドパークには、20万人以上の観客が集結しました。また、米フィラデルフィアのフィラデルフィア美術館前には60~80万人が集結し、1マイル(約1.6km)以上の人の波となりました。
 なんと、前日の7月2日にフィラデルフィアの出演ラインナップに加わったカニエ・ウェスト。以前からアフリカの貧困救済や内戦被害者救済に力を注いでいたカニエは、『ライヴ8』が発表された当初から出演を望んでいましたが、すでに他のスケジュールが入っていたうえ、その担当者から、「もしこちらをキャンセルして『ライヴ8』に出演したら告訴する」と言われていたため、なかなか出演を決定することができなかったのだそうです。当日、フィラデルフィアのステージに登場したカニエは、「ダイヤモンドは永遠に/Diamonds From Sierra Leone」「オール・フォールズ・ダウン」「ジーザス・ウォークス」の3曲を披露。彼のバックは、黒のドレスを着て、目の部分に黒のベルトを描いた女性ばかりのストリング・セクションが務めました。なおステージ横では、ダンスをするウィル・スミスとDJ Jazzy Jeffの姿がありました。

2005/07/06更新 


 

NEWS一覧に戻る