新作『ラヴ・イン・ア・タイム・オブ・マッドネス』に収録されたリード・トラックの「リヴ・ユア・ファンタジー」制作にあたって、ホセがインスパイアを受けた楽曲のプレイリストをお楽しみいただけます。

「ホセ・ジェイムズが影響を受けた曲」

Appstore
Kkbox -bs 
Linemusic -logo -s

[Live Your Fantasy Inspiration by José James]

1. Mark Ronson – Uptown Funk ft. Bruno Mars
2. Daft Punk – Get Lucky
3. Marvin Gaye – Got To Give It Up
4. Michael Jackson – Working Day And Night
5. Chic – Le Freak
6. Beyoncé – Blow
7. Stevie Wonder – I wish
8. Frank Zappa – Dance Floor
9. Donald Byrd – Change (Makes You Want To Hustle )
10. Janelle Monáe – Tightrope feat. Big Boi]
11. Tame Impala – Let It Happen
12. Sly & The Family Stone – Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)
13. Earth, Wind & Fire – Serpentine Fire
14. Anderson .Paak – Am I Wrong feat. ScHoolboy Q
15. ​The Time – Jerk Out #3
16. Jesse Johnson – 100 Watts of Funky
17. The Isley Brothers – That Lady, Pts. 1 & 2
18. Kendrick Lamar – i

=======
(プレイリストコメント日本語訳)
このプレイリストの曲は、僕が「リヴ・ユア・ファンタジー」を制作した際にインスパイアされた楽曲だ。この曲を書くにあたって僕はニューヨークのスコット・ジャコビーのもとを訪れた。スコットは以前「トラブル」を一緒に書いた音楽プロデューサーだ。当時僕は、ブルーノ・マーズやダフト・パンク、マーク・ロンソン、アース・ウインド&ファイアー、プリンスといった新旧の偉大なファンキー・チューンをたくさん聴いていた。僕は、自分の楽しい側面を表現して、ダンスフロアで女性たちが踊ってくれるようなナンバーにしたいと思った。そこで、ベースのソロモン・ドーシーとドラムのネイト・スミスを呼んで生のグルーヴを録り、それに編集や別のセクションを加えて作品を構築していった。「リヴ・ユア・ファンタジー」というフレーズが、作詞を手掛けたザック・ウィルソン、タリア・ビリグ、そして僕の3人にとって世界を開き、マジックが起きたんだ。ポジティヴで、女性にもピッタリで、セクシーでキャッチーなこの曲は、新作でもお気に入りの曲のひとつだ。そしてこの曲は僕のミネアポリス・ファンクのルーツを表現している。

(プレイリストコメント原文)
Songs on this playlist inspired me a lot when I created “Live Your Fantasy”. In order to write this song, I went to Scott Jacoby in NY, the producer and writer I wrote “Trouble” with. I was listening to to a lot of great funky stuff both old and new – like Bruno Mars, Daft Punk, Mark Ronson, Earth Wind & Fire and Prince. I wanted to show a more fun side of myself and to have a song on the album that was a dance floor banger for the ladies. I called in Solomon Dorsey on bass and Nate Smith on drums for that live groove and we built it from there, adding production and different sections. The real magic started with the phrase “Live Your Fantasy” which opened up a world for lyricists Zach Wilson, Talia Billig and myself to explore. Positive, female-friendly, sexy and playful this is definitely one of my favorite songs on the album and represents my Minneapolis funk roots!
============