BIOGRAPHY

JACK JOHNSON / ジャック・ジョンソン

ジャック・ジョンソンジャック・ジョンソンは1975年5月18日、ハワイ・オアフ島のノースショアに生まれた。"世界で最も危険で美しい波"がブレイクするビーチと庭 続きというロケーションの中、「1、2歳くらいから親父のボードに乗せられていたよ」と言うほど幼い頃からサーフィンに慣れ親しみ、高校生になる頃には世 界最高峰のサーフィン大会である"パイプライン・マスターズ"にも出場。ケリー・スレイターやロブ・マチャドらと並ぶ注目サーファーと評価され、 Quicksilver社とプロ契約も結んだ。しかし17歳の時、サーフしている最中に海底のリーフ(珊瑚礁)に身体を叩きつけられ、頭蓋骨にヒビ、頭部 を100針以上縫う大怪我をしてしまう。数ヶ月間は海に入ることすら許されなかった失意のジャックは、これを機に、以前から趣味としていたギターにのめり 込むようになったという。

高校卒業後は、カルフォルニア大学サンタ・バーバラ校に進学。「昔から、ボロいカメラで友達のライディングを撮影しては、好きな音楽をのせて VHSに編集するのが好きだったんだ」というジャックは、専攻を数学から映画へと変え、卒業後、(在学中に出会った現在の妻=キムとのヨーロッパ放浪の旅 の後に)ハワイに戻ると本格的な映像制作に着手。そして1999年、サーフ仲間のマロイズと組み、最初のサーフムーヴィー『シッカー・ザン・ウォーター』 を完成させる。スレイターやマチャドなど、世界を代表するトップ・サーファー達の姿を捉えたそのドキュメントは、世界中のサーファー間で評判となり、アメ リカを代表するサーフ誌=『Surfer』では最優秀ビデオ賞も獲得する。

ゆったりと流れる時間、自然が創り出す波の美しさ、そしてそれを追い求めるサーファー達のスピリットや友情をも表現した『シッカー・ザン・ ウォーター』は、テクニックやコンペティティヴな要素最優先であった既存のサーフムーヴィーの価値観を大きく変えてしまったと言われる。そんなオーガニッ クな作品を彩り、映像同様に強烈な印象を残したのが音楽だった。「波を待っている時は、頭の中をゆったりとしたリズムが流れているんだよ」と語るジャック は、それまでのサーフムーヴィーの中で定石のように鳴っていたハードなロックではなく、シンプルでアコースティックな優しいサウンドを中心に乗せた。そし てそのハイライトは、ジャック自らが奏でたものだったのだ。

そんなジャックの音楽の才に、いち早く注目したのがGラヴだった。1999年リリースの4作目『フィラデルフォニック』にジャックの「ロデオ・ クラウンズ」を採用、それはアルバムからの1stシングルにもなった。同じ頃、ベン・ハーパーの右腕として知られるJPプルニエとサーフィン仲間となり、 手渡したデモテープが彼の心を掴んだ。そして遂に、ハーパーが新たに設立するインディ・レーベル=エンジョイ・レコーズの第1弾アーティストとして、レ コード契約を結ぶこととなる。

2作目のサーフムーヴィー『セプテンバー・セッションズ』の撮影と並行して制作されたデビュー・アルバム『ブラッシュファイアー・フェアリーテ イルズ』は、2001年の2月にリリースされた。アコースティック中心のメロウでシンプルなサウンドを基本に、レゲエ、ラテン、ヒップホップなどの要素も 取り入れたミクスチャー・スタイルは、サーファーを発信源にファッション関係やクリエイターといった感性豊かな人々へと、徐々に徐々に口コミで広まって いった。そうして時間を掛けながら、インディーズで20万枚以上をセールス。そして2002年になって改めてユニバーサルからのメジャー流通に乗ると、遂 にはミリオンセラーを記録してしまう。

レーベルによる大掛かりなプロモーションの力を借りずに駆け上ってきたシンガー・ソングライターに世界が注目し始める頃、ジャックは映像製作の ために立ち上げた"The Moonshine Conspiracy"の音楽部門として、"ブラッシュファイアー・レコーズ(BFR)"を設立。2003年に同レーベルからの作品としてリリースされた 2ndアルバム『オン・アンド・オン』は、全米ビルボード初登場3位という予想以上の好スタートを切る。デビュー作を聴いたファンの大半が、新作を心待ち にしていたことの表れだった。そして、アメリカで辿ったのと同じ道程が、ここ日本でも繰り返された。

アルバム『オン・アンド・オン』発表後、ゆっくりとゆっくりと伝わっていったヴァイヴは、来日公演、そして自らのプロデュースによるドノヴァ ン・フランケンレイターの大ヒット等を経て、"フジ・ロック・フェスティバル"でのステージが大絶賛を浴びる頃には、もはや誰にも止められないほどに大き なものとなってしまう。カルチャー誌やストリート誌はこぞってジャックを大きく取り上げ、ショップは"ジャック・コーナー"を常設、邦人アーティスト達か らも信奉者が続出するなど、正に現象となった。

勢いは衰えることなく、2005年2月16日にリリースされた3枚目のオリジナル・アルバム『イン・ビトゥーン・ドリームズ』は、全米チャート 最高位2位を獲得した (オリコン総合アルバムランキング初登場13位)。2006年には、映画『キュリアス・ジョージ』のサウンドトラック発表、こちら も全米チャート1位を獲得した。更なる飛躍が期待される中、ジャックはしばしの活動休止を宣言した。極たまの音楽フェスティバル出演等、限られた活動のみ で、ほとんど表立った活動を休止させた。彼自身を取り巻く環境が大きく変化する中、家族との時間を最優先させたのはいかにもジャックらしいと言えるだろ う。家族との時間、サーフィンなど大切なものを再認識した彼が、2008年に届けてくれたアルバム『スリープ・スルー・ザ・スタティック』では、彼の子供 達を通して、子供達の世代が経験するであろう愛情、友情、出会い、別れ、平和、戦争、喜び、悲しみについて歌っている。アルバムは、全米アルバム・チャー ト1位(オリコン総合アルバム・チャート初登場6位)を獲得。同2008年4月には、伝説の横浜赤レンガ倉庫特設ステージでの来日公演を行なった。
さらに2010年5月にアルバム『トゥ・ザ・シー』を発売して、こちらも全米1位を獲得。2011年3月、このアルバムを引っさげて来日公演が行われたが、11日に起こった震災の影響により、残念ながら名古屋、大阪以外の公演は中止となってしまった。

 
 
 

FACEBOOK