フィンチ
 

VIDEO

Play Dead

 
 

MINI BIOGRAPHY

1999年、カリフォルニア州テメキュラで結成された5人編成のポスト・ハードコア・バンド。
2001年、Drive-Thru RecordsよりデビューEPをリリース。エモーショナルで大胆にスクリームを取り入れた革新的なサウンド(当時は“スクリーモ”と呼ばれた)で一気にシーンの注目を集める。2002年、名盤『ホワット・イット・イズ・トゥ・バーン』、2005年には音楽的な成長を追求した『セイ・ハロー・トゥ・サンシャイン』をDTR/MCAよりリリース。シーンに影響を与え、多くのフォローワーを生んだフィンチだったが、2006年、2010年と2度活動停止。2013年、1stアルバム10周年記念ツアーがきっかけとなり、バンドは奇跡とも言える3度目活動再開を果たす。2014年、バンドは9年振りのスタジオ・アルバムと共に完全復活を宣言!