BIOGRAPHY

Willie Nelson


1933年4月30日フォート・ワース、テキサスにて生まれる。

1957年、24歳でデビューを果たすも、60年代は、パッツィー・クラインの「クレイジー」やレイ・プライス「ナイト・ライフ」など数多くのヒット曲を提供したソングライターとしての活動が中心になっていたウィリー・ネルソン。

70年代中盤になるとウィリー自身が当時急成長していたプログレッシブ・カントリーの表舞台に登場するようになる。1975年、「ブルー・アイズ・クライング・イン・ザ・レイ」でウィリーは"ポップ"のカテゴリーで瞬く間にスターになる。

80年代には俳優というキャリアもスタートさせるが、ポップスにスウィング・ジャズ、カントリー、カウボーイ・ソング、ホンキー・トンク、ロックン・ロール、フォーク、そしてブルーズといったカテゴリーをミックスした新らしくユニークな音楽活動を続けていく。

80年代後半から90年代初期にはIRSレーベルとの不名誉な争いがもとで、いわゆるヒットとはかけ離れた時期を迎えるも、その間も勢力的なツアー活動やアメリカの農業を救済するイベント=「ファーム・エイド」への勢力的な取り組みでカントリー界のアイコンとしての地位を確固たるものとしていった。

そしてスタジオ・レコーディング作品でも1993年にプロデューサー=ドン・ウォズとともに作り上げた『アクロス・ザ・ボーダーライン』でボブ・ディラン、ボニー・レイット、ポール・サイモン、シニード・オコーナー、ディヴィッド・クロスビーらをゲストに迎え、久々のビッグ・ヒットを記録、その後も一年に一枚の順調なペースで作品をリリース、また93年には"カントリー・ミュージック・ホール・オブ・フェイム"にその名を刻む。

そして98年にはいまだ評論家、メディアから賛辞が止まないマスター・ピースとなるダニエル・ラノア制作による『テアトロ』をリリース。この作品でニュー・オルタナティヴ・カントリーの新たな境地を証明した。その頃からフィッシュなどの「ジャム・バンド」が数多く参加する大規模なフェスティヴァルにも顔を出すようになり、若い世代のミュージシャン、オーディエンスからの再評価が高まり、今回の作品へと繋がる。