Biography

Photo Vijay

ヴィジェイ・アイヤー 

ヴィジェイ・アイヤーは、ニューヨーク、オルバニーで生まれた。幼少よりヴァイオリンを学びながら独学でピアノを習得。イェール大学で数学と物理学を学び、カリフォルニア大学バークレー校で音楽認知科学を学びながらジャズ・クラブに出演し音楽の道へと進んだという異才。マンハッタン音楽学校、ニューヨーク大学、ニュー・スクールで教鞭をとり、カナダ、アルバータ、バンフ・センターのジャズ・クリエイティブ・ミュージック国際ワークショップのディレクターをつとめている。2014年1月には、ハーバード大学の芸術科学学部に初のフランクリン•D、フローレンス・ローゼンブラット教授に就任した。
彼はアジアン・インプロヴ、レッド・ジャイアント、サニーサイド、サヴォイ・ジャズ、アーティスト・ハウス、ACTなどのレーベルで作品をリリースし、2009年のACTデビュー作「Historicity」がグラミー賞にノミネートされ、ダウンビート誌、ニューヨーク・タイムズ紙などによりその年の「最優秀ジャズ・アルバム」に選定されるなど一躍ニューヨーク・ジャズ・シーンをリードするピアニストとして注目を集めた。最近では、イラクとアフガニスタンにおける戦争に行った兵士たちの詩がフィーチャーされた『ホールディング・イット・ダウン』においてマイク・ラッドとコラボレートした作品をパイ・レコーディングスよりリリース。ECMにおける初リリースは2007年、ロスコー•ミッチェルのノート•ファクトリーのメンバーとして参加したライヴ・アルバム『ファー・サイド』で、その後アルバム1枚ずつの契約が常であるECMにおいてマンフレート・アイヒャーによりアルバム3枚のという異例の契約を締結。2014年に室内楽との共演作品『ミューテイションズ』でECMリーダー・デビューを果たすと、続く第2弾は映画と音楽のプロジェクトである『Radhe radhe:ライツ・オブ・ホーリー』をリリース。そして2015年、活動歴10年以上で世界中から絶賛されている自身のトリオによる待望の新作『ブレイク・スタッフ』をリリース。