ウォールフラワーズ

ウォールフラワーズ

2002年のニュース

2002.12.26 TOPICS

■『American Music Awards』の授賞式にプレゼンターとして出演
 ’03年1月13日にロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで開催される『第30回 American Music Awards』の授賞式に、シェリル・クロウ、ネリー、3ドアーズ・ダウン、コモン、シャギー、ザ・ウォールフラワーズのジェイコブ・ディランがプレゼン ターとして出演することになりました。また、既報の通り、当日はシャナイア・トゥエインとエルトン・ジョン(Tim McGrawとの共演)が、パフォーマンスを披露する予定です。この授賞式の模様は、ABCテレビを通じて全米に生中継されます。
2002/12/26更新



■’03年の全米ツアーの日程を発表
 ザ・ウォールフラワーズが、最新アルバム『レッド・レター・デイズ』に伴う全米ツアーの’03年の日程を以下の通り発表しました。
1/15 – Boise, ID @Big Easy
1/16 – Missoula, MT @Wilma Theatre
1/17 – Vancouver, CANADA @Commodore Ballroom
1/18 – Seattle, WA @Moore Theatre
1/19 – Portland, OR @Roseland Theatre
1/21 – Santa Rosa, CA @Luther Burbank Center
1/22 – San Francisco, CA @Fillmore
1/24 – Las Vegas, NV @House Of Blues
1/25 – West Hollywood, CA @House Of Blues
1/28 – Anaheim, CA @House Of Blues
1/29 – San Diego, CA @4th & B
1/30 – Tucson, AZ @Rialto Theatre
2/1 – Dallas, TX @Granada Theater
2/2 – Austin, TX @La Zona Rosa
2/3 – Houston, TX @Numbers
2/4 – New Orleans, LA @House Of Blues

 また彼らは、12月7日のワシントンD.C.公演で年内の全米ツアーを終了しましたが、この ツアーの演奏曲目の中には、David Bowieの「Heroes」やElvis Costelloの「(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love, And Understanding」といったカヴァー曲も含まれていました。これについてジェイコブ・ディランは、「出来のいいカヴァーっていうのは、モノにな るんだよ。僕達は数え切れないほどの曲をプレイしてきたけど、バンドにとってカヴァーは重要だと思う。僕達はそれぞれがカヴァー・バンドとして何年もやっ てきて、その後に自分達の曲を書き始めた。そうやって学んできたし、バンドとして成長してきたんだ」と語っています。
2002/12/11更新



■バンドの現ラインナップをジェイコブが絶賛
 11月20日のコロラド州デンバー公演を皮切りに、最新アルバム『レッド・レター・デイズ』に伴う全米ツアーをスタートしたザ・ウォールフラワーズ。ア ルバム制作前に脱退したマーケル・ワード(g)の穴を埋めるため、このツアーには元バックチェリーのヨギ(g)と、バック・シンガーでパーカッショニスト のMoe Z.M.D.が参加しています。このラインナップについてジェイコブ・ディランは、次のように語りました。
 「このバンドでのサウンドは、過去最高のサウンドだよ。グレイトなフィーリングだ。まるで限界がないみたいで、常にスピリットとエネルギーがある。これ は、バンドとしては自然なことなんだと思うけど、すべてのバンドが常にそういう状況にあるとは限らないんだよ。今はメンバー全員が同じことに集中してるか ら、こういう状況が生まれるんだろうな。」
2002/11/22更新



■アルカトラズ島で初開催されたコンサートに出演
 10月10日、サンフランシスコ湾にある元刑務所アルカトラズ島で初開催されたコンサートに、ザ・ウォールフラワーズが出演しました。このコンサートは、テレビ番組用に開催されたものだということです。
2002/10/16更新



■11月上旬にニューヨークとフィラデルフィアでインストア・イベントを開催
 ニュー・アルバム『レッド・レター・デイズ』に伴う全米ツアーを11月20日からスタートするザ・ウォールフラワーズ。彼らはこのツアーの前に、ニュー ヨークとフィラデルフィアでインストア・イベントを行なう予定です。まず11月5日には、ニューヨークのユニオン・スクエアにある『ヴァージン・メガスト ア』でイベントを開催。この日は、アメリカの人気テレビ番組『The Late Show With David Letterman』にも出演する予定です。そして、8日にはフィラデルフィアの『タワー・レコーズ』でインストア・イベントを開催します。
2002/10/11更新



■ニュー・アルバムに伴う全米ツアーの日程を発表
 ザ・ウォールフラワーズが、ニュー・アルバム『レッド・レター・デイズ』に伴う全米ツアーの日程を下記の通り発表しました。今回発表された日程は2週間 ほどのショート・ツアーとなっていますが、この後、再び約6週間にわたる全米ツアーの日程を発表する予定になっているそうです。なおこのツアーには、元 バックチェリーのヨギがギタリストとして参加することが決まっています。
11/20 – Englewood, CO @Gothic Theatre
11/22 – Minneapolis, MN @Quest
11/23 – Chicago, IL @House Of Blues
11/24 – Milwaukee, WI @The Rave
11/26 – Indianapolis, IN @Egyptian Room
11/27 – Detroit, MI @St. Andrews Hall
11/29 – Toronto, CANADA @Phoenix Theatre
11/30 – Winooski, VT @Higher Ground
12/1 – Sea Bright, NJ @Tradewinds
12/2 – Boston, MA @Avalon Ballroom
12/3 – Hartford, CT @Webster Theatre
12/5 – New York, NY @Irving Plaza
12/6 – Philadelphia, PA @TLA
12/7 – Washington D.C. @9:30 Club
2002/10/09更新



■夏の全米ツアーの日程が正式決定
 ニュー・アルバム『マラドロワ』に伴うウィーザーの全米ツアー『The Enlightenment Tour Summer 2002』の8月上旬までの日程が決定しました。このツアーには、Dashboard ConfessionalとSpartaがサポート・アクトとして同行。他に、全5公演でザ・ストロークスがスペシャル・ゲストとして出演します(※印の 公演)。
7/6 – W. Valley City (Salt Lake City), UT @E Center
7/7 – Denver, CO @Red Rocks
7/9 – St. Paul (Minneapolis), MN @Xcel Energy Center
7/11 – Tinley Park (Chicago), IL @Tweeter Center
7/12 – Clarkston (Detroit), MI @DTE Energy Music Theatre
7/14 – Toronto, CANADA @Molson Ampitheater
7/15 – Cleveland, OH @Blossom Music Center※
7/17 – Noblesville (Indianapolis), IN @Verizon Wireless Music Center※
7/18 – Columbus, OH @Polaris Amphitheatre※
7/20 – Hartford, CT @CTnow.com Meadows Music Centre
7/21 – Mansfield (Boston), MA @Tweeter Center for the Performing Arts
7/23 – Holmdel, NJ @PNC Bank Arts Center
7/24 – Wantagh, NY @Jones Beach Amphitheatre
7/26 – Camden, NJ @Tweeter Center at the Waterfront
7/27 – Columbia, MD @Merriweather Post Pavilion
7/29 – Atlanta, GA @HiFi Buys Amphitheatre※
7/30 – Antioch (Nashville), TN @AmSouth Amphitheatre※
8/1 – Spring (Houston), TX @Cynthia Wood Mitchell Pavilion
8/4 – Selma (San Antonio), TX @Verizon Wireless Amphitheater
8/7 – Phoenix, AZ @Cricket Pavilion
2002/06/05更新



■『GAP』のテレビCMに出演
 世界的な服飾メーカー『GAP』のテレビCMに、ライアン・アダムス、ウィリー・ネルソン、ザ・ウォールフラワーズのジェイコブ・ディランが出演するこ とになりました。このCMは、同社の新製品のジーンズを宣伝するキャンペーン”For Every Generation”の一環として、全米で8月15日から放映されるもの。まず、ライアン・アダムスとウィリー・ネルソンのヴァージョンは、2人がハン ク・ウイリアムスの曲「Move It On Over」をプレイするというもので、ジェイコブのヴァージョンは、彼がアコースティックでエルヴィス・コステロの「What’s So Funny (‘Bout Peace, Love And Understanding)」をプレイするというものになっているそうです。なお、アメリカでの報道によると、このCMは今後日本でも放映される予定だ ということです。
2002/08/15更新



■ニュー・アルバム『Red Letter Days』の収録曲目を発表
 脱退したマイケル・ワードの代わりに、パール・ジャムのマイク・マックレディがギターで参加した、ザ・ウォールフラワーズのニュー・アルバム『Red Letter Days (原題)』が、アメリカで9月24日にリリースされることになりました。全12曲の収録曲は次の通りです。「When You’re On Top」「How Good It Can Get」「Closer To You」「Everybody Out Of The Water」「Three Ways」「Too Late To Quit」「If You Never Got Sick」「Health And Happiness」「See You When I Get There」「Feels Like Summer Again」「Everything I Need」「Here In Pleasantville」
2002/06/19更新



■ジェイコブが『ロックの殿堂』の授賞ディナー・パーティに出演
 3月18日、ニューヨークのウォルドルフ・アストリア・ホテルで開催される『ロックンロール・ホール・オブ・フェイム(ロックの殿堂)』の授賞ディ ナー・パーティで、ザ・ウォールフラワーズのジェイコブ・ディランがプレゼンターを務めることになりました。彼は、今年殿堂入りするトム・ペ ティ&ザ・ハートブレイカーズを称えるスピーチを行なう予定です。第17回目となる今年は他に、ラモーンズ、トーキング・ヘッズなどのアーティス トが殿堂入り。この模様は20日に音楽専門テレビ局VH1を通じて全米で放映されます。
2002/05/24更新



■制作中の新作についてメンバーが語る
 6月頃のリリースに向けて、現在ニュー・アルバムをレコーディング中のザ・ウォールフラワーズ。レコーディングは、カリフォルニアにあるラミ・ジャフェ の自宅スタジオで行なわれており、プロデューサーには、トビ・ミラー(すでに脱退したバンドのオリジナル・ギタリスト)とビル・アップルベリーが起用され ています。また、このアルバムは、リード・ギタリストのマイケル・ワード脱退後初のアルバムとなりますが、アルバムでのリード・ギターは、すべてジェイコ ブ・ディランがプレイしているそうです。このニュー・アルバムについてメンバーは、以下のようにコメントしています。
 「過去2枚のアルバムは、困難で居心地の悪い状況の中で制作されたものだった。だから今回が、理想的な状況の中で制作された初のアルバムだと言える。今 のバンドのスピリットは過去最高で、エネルギーのバランスが取れているよ。このアルバム用の新曲は、間違いなく過去最強のもの。僕達は、タイタニックのよ うに巨大なアルバムを作ることに集中しているよ。まるでチームのようなトビとビルは、アルバムをできる限りグレイトなものにしようと、慎重に取り組んでく れている。僕達は、今回のレコーディングの行程すべてを本当に楽しんでいるんだ。」
2002/02/15更新