NEWS

LIVE

2017年1月「JAZZ@HALL VOL.2」への出演が決定!

ジャズの名曲をホールで聴く、昼下がりのホリディ・コンサート第2弾
ジャズ・レコード史100年の幕開け2017年1月開催決定!

Flyer -JAH2

 

2017年は「ジャズ100年」!! 遡ること100年前の1917年、オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドが初めて商業用レコードを録音し、「ジャズ」という単語が初めて明記されました。

JAZZ@HALL(ジャズ・アット・ホール)は、この記念すべき100周年に向けて、その偉大な歴史に刻まれてきたスタンダード、そして未来に向けて伝えるべき新曲を、コンサート・ホールで楽しんでいただける、ジャズの“名曲コンサート”です。

100年という歴史は数々の名演が生んだ名曲に彩られ、もはやジャズ史のスタンダードというのみならず、音楽史のマスターピースと呼んでも過言ではありません。きっとJAZZ@HALLでは私たちが日常知らず知らずに耳なじんでいたJAZZの名曲を再発見するでしょう。本邦を代表するベテラン・ミュージシャンと若手の注目ミュージシャンの競演も聞き逃せません。今年5月1日に開催された第1回は当日券も完売となる満員札止めの大盛況に終了しました。

注目の第2回の開催は下記のとおりです。

「JAZZ@HALL VOL.2」 開催概要

◇日時 : 2017年1月15日(日)/15:00開場・15:45開演予定 (19:00終演予定)
◇会場 : 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(定員710名)
◇料金 : 全席指定前売り券¥6,300 各種プレイガイドにて好評発売中

http://jazz-at-hall.somethincool.net/

☆オーディエンスに参加していただき共にジャズ100年を祝うリクエスト・アンケートを実施中!
・サイト内に「JAZZ@HALL presents ジャズ100年のリクエスト帳」ページを開設中
・イベント当日の会場アンケートを実施
こちらを基に次回開催の選曲案を作成します。

◇主催 : 株式会社ディスクユニオン
◇制作 : SOMETHIN’COOL/株式会社NAMES/ホットスタッフ・プロモーション
◇後援 : ジャズジャパン/ジャズ批評/ジャズライフ/ミュージック・ペンクラブ・ジャパン
◇協力 : 株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル/ユニバーサルミュージック合同会社


◇進行予定(変更になる場合もございます)

Part.1 栗林すみれトリオ feat. 寺井尚子
Part.2 大林武司ニューヨーク・トリオ feat. ケイコ・リー

※Part.1と2の間には休憩がございます。リクエストにお応えし、ドリンク提供を開始! よりホール・コンサートの雰囲気を味わえるようになりました


◇演奏予定曲(演目は変更になる場合もございます)

スペイン SPAIN
ピアニスト、チック・コリアが自身のバンド「リターン・トゥ・フォーエヴァー」で発表した楽曲。ジャズのみならずあらゆる奏者にカヴァーされている

黒いオルフェ BLACK ORPHEUS
またの曲名は「カーニヴァルの朝」。映画『黒いオルフェ』の主題歌として、映画音楽のみならずボサノヴァの名曲としても永く愛されている

この素晴らしき世界 WHAT A WONDERFUL WORLD
ルイ・アームストロングの歌唱で大ヒット。日本国内でもTVCMなど幅広く使用され、その平和を願うメッセージは現在もたびたび引用される

レフト・アローン LEFT ALONE
最も日本で愛されたジャズ・ジャイアンツのひとりマル・ウォロドロンの大名曲。歌手ビリー・ホリデイに捧げた哀愁のナンバー

セント・トーマス ST. THOMAS
ソニー・ロリンズの名盤『サキソフォン・コロッサス』の冒頭を飾る、親しみに満ちた人気曲。ロリンズの名前を一躍有名にしたヒット曲でもある

明日に架ける橋 BRIDGE OVER TROUBLED WATER
言わずと知れたサイモン&ガーファンクルの名曲。ゴスペルに影響を受けており、ジャズやソウルのミュージシャンにも多数カヴァーされている

他、おなじみの名曲が多数!そしてとっておきの新曲も…

NEWS一覧に戻る

 
 
 

Download

☆iTunesストア
Itunesで購入


☆moraで購入
Moraで購入


☆レコチョクで購入
Recochokuで購入