BIOGRAPHY

TEAIRRA MARI / ティアラ・マリー


デトロイト生まれの17歳。祖母があの"クイーン・オブ・ソウル"アレサ・フランクリンのバック・ヴォーカルを務めていたこともあり、ティアラ本人もアレサをはじめ、マイケル・ジャクソン、プリンス、シャーデー、パティ・ラベル、ミニー・リパートンなどのシンガーに強く影響を受ける。12歳の頃から本格的にシンガーとしての活動を始め、すでにその頃からデモの制作を始めたという早熟ぶりを示していた逸材は、16歳で早くもライヴ・パフォーマンスを見たISLAND/DEFJAM現会長LA・リードに見初められて契約が成立。DEFJAMの新社長となったジェイ・Zにも認められ、あれよあれよという間に、名ヒップホップ・レーベル"ロッカ・フェラ"からのデビューが決定した。