スカーズ・オン・ブロードウェイ
 

PICKUP ITEM

「全てのシステム中毒に捧ぐ」

システム・オブ・ダウンのソング・ライター、ダロン・マラキアン(G&Vo)とジョンドルマヤン(D)が新バンドを結成

 

彼らの母体となるバンド、システム・オブ・ア・ダウン(SOAD)は1995年にハリウッドで結成された。LAのアルメニア・コミュニティーのアイデン ティティと唯一無二のオリジナリティ溢れるサウンド、そして激しいライウ゛・パフォーマンスでバンドは絶大な人気を誇っている。
 セカンド・アルバム「毒性(Toxicity)」(2001年)、そして2005年に2枚リリースされた「メズマライズ」と「ヒプノタイズ」が3作連続 となる全米初登場1位を獲得し、絶大な支持と揺ぎ無い不動のポジションを獲得した。翌年にはグラミー賞で「B.Y.O.B」がベスト・ハード・ロック・パ フォーマンス賞を獲得したがその後活動休止を表明している。
 スカーズ・オン・ブロードウェイはSOADの中心人物であり、メインのソングライターであるダロン・マラキアン(G&Vo)とそのダロンを SOADでも支えたジョン・ドルマヤン(Dr)によって結成された。よりロックである事を意識したそのサウンドはストレートでありながらも激しいグルーヴ に満ち溢れ、今年のロック・シーンにとってまさに重要な一枚となるであろう。